好きな位置に広告を貼り付けられるAddQuicktagの導入と使い方 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

好きな位置に広告を貼り付けられるAddQuicktagの導入と使い方

どうもtaiseiです。

今回は、好きな位置に広告を貼り付けることができるAddQuicktagの導入と使い方について説明していきます。このプラグインは、記事に広告を載せたいと行った場合に、好きな位置に広告を載せることができるプラグインとなっております。

それでは、こちらの動画をご覧になって頂き、AddQuicktagの導入を行なっていきましょう。

 

好きな位置に広告を貼り付けられるAddQuicktagの導入と使い方 動画

 

 

※検索する際には、AddQuicktagと検索してください。

 

AddQuicktagの導入に関する補足

 

今回ご紹介したプラグイン「AddQuicktag」は好きな位置に広告を貼り付けることができますが、ただ闇雲に広告を貼り付ければいいというわけではありません。ここでは、僕が推奨している広告の掲載位置について紹介します。

僕が運営しているカラオケ情報サイトもそうですが、まず、一番クリックされる広告場所が、記事の終わりです。恐らくですが、記事を読み終わったユーザーは、コンテンツに満足した状態ですので、自然と次のコンテンツを探し始めます。その際、「ユーザーが興味のある広告が掲載されていれば、ユーザーは次のコンテンツに移るためにその広告をクリックする」ということが要因であると言えるでしょう。

 

その次にクリックされるのが記事の真ん中、そして記事タイトルの下です。

ですので、広告を配置する際には、

1.記事の終わり

2.記事の真ん中

3.記事タイトルの下

の優先順位で広告を掲載するのがいいかと思います。

 

また、広告の多く掲載すればいいというわけではありませんので、注意して貼り付けましょう。もしAddQuicktagを使用して複数の広告を簡単に設置できるようにしたい場合は、青線で囲っているところのように、新たに項目が追加されていますので、そこに設定を行なっていきましょう。

 

まとめ

 

このAddQuicktagを使用すれば、広告コードを毎回記事を書く時に貼り付ける必要がなくなりますので、是非、使ってみてください。