アムウェイを始めると本当に友達を失うの!?友達をなくす前に知りたいことを教えます! | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

アムウェイを始めると本当に友達を失うの!?友達をなくす前に知りたいことを教えます!

どうもtaiseiです。

今回は「アムウェイを始めると本当に友達を失うのか?」というテーマでお話していこうと思います。

 

よく、アムウェイを始めると

友達から悪い印象を持たれる

友達から嫌われて一切連絡が取れなくなってしまう

なんてことを聞くかと思います。

 

また、せっかく意気揚々とビジネス活動を始めたにも関わらず、

友達から嫌われてしまい・・・

ビジネス活動どころではなくなっていき・・・

精神的に追い詰められてしまう・・・、という人もいると聞きます。

 

 

ではなぜ、アムウェイを始めると、友達を失ってしまうのか?

疑問に思うところではあるかと思います。

 

そのため、ここからは、「アムウェイを始めて友達を失ってしまう原因」について、お話します。

 

なぜアムウェイを始めると友達を失うことになるのか?

アムウェイを始めると、よく「友達を失う」なんてことを耳にするわけですが、それは・・・

アムウェイが、「ネットワークビジネス」の仕組みを取り入れているからですね。

 

ネットワークビジネスというのは、「連鎖販売取引」という取引の仕方を取り入れて、利益を上げるビジネスのことであるわけですが、簡単にいうと、口コミで商品を紹介していき、紹介された側が商品を購入することで、自分に利益が入ってくるという仕組みになっているわけですね。そして、紹介された人はまた別の人に口コミで紹介していき、その後も連鎖的に商品の口コミが行われることによって、利益が拡大していくわけですね。

 

このように、ネットワークビジネスで利益を上げるためには、

自分から口コミで商品を紹介していく

自分が紹介した人に口コミで別の人に商品を紹介していく

ということが必要になります。

 

アムウェイも、この「ネットワークビジネス」の仕組みを取り入れているので、活動している人達は、たくさんの人に口コミで商品を紹介しようとするわけですね。

 

ここまでは、ビジネスモデル的な話なので、アムウェイ自体が悪いビジネスではないということがわかるかと思います。が・・・

 

問題なのはここからです。

 

 

アムウェイなどのネットワークビジネスは、基本的に初期費用が安いので、ビジネスの知識やスキルがなくても簡単に始めることができます。

つまり、ビジネス初心者の人達が一番手を出しやすいビジネスということになるわけですね。

 

アムウェイをビジネスとしてしっかり捉えている人は、日用品や健康食品に対して、興味を示す人、あるいは関心のある人に対して、紹介をしようとします。が・・・

ビジネス初心者の人達は、マーケティングや集客のことなどを全く理解していないわけなので、手始めに身近な友達に対して、商品を紹介しようと考えます。

 

 

また、このような考えに至ってしまうのは・・・

まず初めに、自分の利益を得たいと考えてしまうからですね。

 

このように、ビジネスを始めたばかりの人達は、自分の利益欲しさに、友達や知り合いを勧誘してしまうケースが多いわけです。

 

ただですね・・・

一方的にビジネス初心者の人達が悪いというわけではないです

 

なぜなら、アムウェイに友達を勧誘してしまうもう1つの原因が・・・・

アップラインの人にもあるからですね。

 

アムウェイに友達を紹介する流れ

アップラインの人にも原因があると言いましたが、その理由は・・・

アップラインの人も、ビジネスについて深く理解していない場合があるからです。

 

僕自身、アムウェイで活動していたことがあるのですが、僕のアップラインの人も、ビジネスについてしっかりと理解していたわけではなかったですね。

 

なぜかというと・・・

その人も結局、知り合いや友人をアムウェイに紹介していって、たまたまうまく成果が出せただけだったからですね。

 

ちなみに、僕がそのアップラインの人から受けたアドバイスは、「とにかく友達や知り合いに、アムウェイを紹介していこう!」というアドバイスでしたね。

 

このように、アムウェイを始めると、「まず初めに友達を紹介しよう」みたいなアドバイスを受けることになるでしょう…。

 

アップラインの人にアムウェイ紹介リストを作らされる

 

僕がアップラインの人に最初に指示されたことは、「アムウェイに紹介できる人のリストを作成しよう」ということでした。

 

僕の場合、アムウェイに紹介できる人を、まず50人くらい書き出していこうと言われましたね。

その指示を受けた僕は、人脈が広いわけでもなかったので、どうしたって、知り合いや友達の名前を書くしかありませんでした…。

 

そして、名前を書き出したあと、以下のように区分して欲しいと言われました。

今はそこまでアムウェイを伝えたいと思わない人

できればアムウェイを伝えたいと思う人

今すぐにでもアムウェイを伝えたいと思う人

 

僕はその指示に従って、リストを区分けしていったわけですが、アップラインの人から・・・

「その中で【今すぐにでもアムウェイを伝えたいと思う人】からアムウェイを紹介していこう」と言われましたね。

 

そこそこ仲がいい友達を勧誘してしまう

 

アムウェイ紹介リストを作成してから、僕は「今すぐにでもアムウェイを伝えたいと思う人」に対して、商品を紹介していくことになりました。

 

紹介していく方法ですが・・・

アムウェイで開催されるホームパーティーやBBQなどのイベント、飲み会などに誘ってから、アムウェイを伝えていくといった流れでしたね。

 

 

友達を失う流れ

アムウェイの勧誘行為を始めた時点で、嫌われることもあります。が・・・

あなたのことを、そこまで嫌いになったりはしないかと思います

僕自身、友達をアムウェイに勧誘したことがあるわけですが、自分の活動を引き止めようとしてくれてました。(その友人には、本当に感謝しています)

 

 

しかしですね・・・

仮にアムウェイに参入してくれる友達がいたとしても、下手をすれば、そこから一気に友達を失う可能性があるわけです。

 

では一体、「どのような流れで友達を失っていくのか?」をみていきたいと思います。

 

自分の利益を気にしてしまう

 

友達をアムウェイに紹介することができた場合、友達にアムウェイ製品を紹介して、製品を購入してもらうことだと思います

 

なぜなら、アムウェイで活動して利益を得るには、自分が紹介した人が製品を購入してくれなければ、利益が入らないからですよね。

 

なので、もしそうなった場合、自分の利益を気にするようになり、アムウェイ製品をどんどん友達に紹介していくようになるかと思います。

 

または、アップラインの人からも、「友達に製品を購入させて、利益を上げるように頑張ってくれ」みたいな指示をされることがあり、その指示に従って、友達に製品を紹介する人もいるでしょう。

 

このように、自分だったり、グループの利益に繋げるために、必死で友達に製品の購入を勧めるようになっていくわけですが・・・

やたらと、製品の購入を勧めていけば、その友達はあなたに対して、嫌悪感を抱くことになるでしょう…。

 

友達がアムウェイに対して怪しさを感じる

 

友達をアムウェイに紹介することができ、友達に製品の購入を勧めていくと、少しずつアムウェイでの活動に慣れてくるかと思います。が・・・

 

問題はここからです

 

 

何が問題かというと、ある段階から、アップラインの人に、このような指示を受けることになることですね。

 

アップラインの人
そろそろ、友達にアムウェイの高額製品を購入させようか

 

これまで、比較的安い金額の商品を、友達に紹介することができていると、ある段階から高額製品の購入を勧めていこうという動きを見せるわけですね

 

 

しかし、高額製品の購入になると、様々なトラブルが発生する可能性があります

 

友達自身がカモにされていると感じ、購入を避ける

友達の両親にバレて、友達の両親とトラブルになる

自分が稼げてないのに、製品の購入だけを勧められ、苛立ちを覚える

などと、この辺りから違和感を覚える人は多いです。

 

そして、もし友達がそういった違和感を感じ始めると、そこからさらに問題が発生する可能性が高いですね。

 

友達がアムウェイに騙されたと思い込む

 

アムウェイの高額製品を勧められ、製品を購入する前や、購入した後に、万が一友達が違和感を覚えれば・・・

その友達は間違いなく、騙されたと思うでしょう。

 

もし友達が、アムウェイに対して騙されたと思い始めれば、まずアムウェイを退会したいと連絡するかと思います。

 

他にも購入した製品があって、返品可能な商品があれば、全て返品していくことになるかと思います

 

そして、アムウェイを退会した友達は、アムウェイで活動している人達や、勧誘してきたあなたを恨み始めるようになるわけですね。

 

友達
どうしてこんなビジネスに誘ってきたんだよ!
友達
全然稼げないじゃないか!
友達
製品だけ購入して、お金が減っていく一方じゃないか!

 

などと、アムウェイに対しての信用は失っていきます。

 

そして、その恨みが強ければ強いほど、友達はあなたのことを無視、あるいは拒絶していくことでしょう。

 

悪い噂が広まっていく

一番最悪なのは、その友達が他の友達や知り合いに対して、自分が騙されたのだと公言していくことかと思います。

 

もしそうなってしまえば・・・

アムウェイを伝えていないにも関わらず、あなたのことを嫌いになる人がいたり、連絡を拒否する人も現れるでしょう

 

友達
あいつはアムウェイをやっている奴だから、連絡取らない方がいいぞ!

 

こうしたレッテルを貼られることになれば、あなたの周りに誰も近寄らなくなってしまうでしょう…。それに、一度信用を失ってしまうと、その信用を元に戻すのは、かなり難しいでしょう。

 

アムウェイを始める前に気をつけたいポイントとは?

安易にアムウェイを始めてしまって、自分の利益を目的として友達を勧誘したりすると、その友達から恨まれたり、周りの友達に噂が広まってしまい、嫌われてしまうことがあります。

 

しかしですね・・・

アムウェイでどうしても権利収入を得たいだとか、成功したいという気持ちがあるのであれば、以下のポイントに注意して取り組む必要があると言えます。

 

友達に嫌われる覚悟があるのか?

 

アムウェイを始めるにあたって、覚悟してほしいことは、「アムウェイを始めた時点で、周りから嫌われる可能性がある」ということですね。

 

アムウェイが日本に設立されたのは、ちょうど30年以上前のことになるわけですが・・・

その間、様々なトラブルが目立ったので、アムウェイに対して悪いイメージを持っている人は多いです。

 

なので、もしアムウェイを始めたことが、風の噂で周りの人達に伝わっていけば、あなたを拒絶する人が必ず現れます。また、アムウェイではいろんな人達に口コミして、アムウェイ製品を紹介していくことになるので、知り合いや友達に紹介して、嫌われることもあるでしょう。

 

しかしですね・・・

アムウェイの活動から、本気で権利収入を得たいと思うのであれば、周りの評価や意見を鵜呑みにしている暇はないでしょう。

 

なので、アムウェイで権利収入を得て、自由な生活を目指したいのであれば・・・

周りの人や友達から嫌われてもいいと思えるかどうか?」を、しっかりと確認してから始めた方がいいと言えます。

 

心からアムウェイのことを好きかどうか?

 

ビジネス初心者のほとんどは、心の底からアムウェイのことを好きではないかと思うんですよね。特に、アムウェイをきっかけにビジネスを始めた人は、アムウェイに対して違和感や疑念を感じながら活動しているように見える人が多いです。

 

僕自身もアムウェイがきっかけで、ビジネスの世界を知ったわけですが、違和感や疑念を感じながら活動することになってしまい、最終的にアムウェイを退会しました。

 

なので、もしあなたがアムウェイを始めようと考えているのであれば、

アムウェイの製品を愛用していけるのか

アムウェイのビジネスモデル・理念に共感できるか

アムウェイで活動している人達との価値観は合っているのか

などを考慮して、「本当に始めてもいいのか?」を、自分の中で検討してみた方がいいでしょう。

 

アムウェイを始めると本当に友達を失うの? まとめ

 

今回は「アムウェイを始めると本当に友達を失うのか?」というテーマでお話したわけですが、安易に始めてしまうと、友達を失う可能性が高いです。

 

実際に、アムウェイで活動している人の中には、友達から拒絶されたり嫌われたりしながら、活動を続けている人がいるわけですが・・・

 

その様子を見て、

taisei
もう辞めた方がいいんじゃないか?・・・

と思いました。

 

アムウェイで権利収入を得ることを夢見るのはいいですが、現実はそんなに甘くはないということを理解しておく必要があると思います。

そうすれば、もう少し上手に生きることができると思います

 

また、権利収入を得たいと考えているのであれば、「インターネットビジネス」に参入した方がいいと言えます。インターネットビジネスであれば、パソコン1台と通信環境が整っていれば、簡単にビジネスをスタートできますからね。

 

そして、個人的にお勧めしたいインターネットビジネスは「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトであれば、初期費用も安く、在庫を抱える必要もなく、広告収入ですので利益率も高いです。また、一度構築してしまえば、あとは継続的に収入を得ることができるわけです。

 

僕自身も、アフィリエイトに挑戦してみたわけですが、今では権利収入を得ながら、自由気ままな生活を送ることができています。

 

もし、アフィリエイトに興味を持ったのであれば当サイトで配布しています、アフィリエイト教材が無料でダウンロードできますので、是非手にとってチャレンジしてみてください。