アムウェイは本当にネズミ講!?違法なビジネスなのか?アムウェイの正体に迫る! | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

アムウェイは本当にネズミ講!?違法なビジネスなのか?アムウェイの正体に迫る!

どうもtaiseiです。

今回は「アムウェイは本当にネズミ講!?違法なビジネスなのか?」というテーマでお話していこうと思います。

 

あなたはアムウェイを違法なビジネスだと思っているでしょうか?

 

僕自身、突然知り合いの男性からアムウェイの勧誘をされた経験があるのですが、当時の僕は、アムウェイのことをよく知らなかったので、必死になってネットから情報を集めたりしていました。

 

すると、調べていくうちに、ある疑惑が浮かんできたわけですが、その疑惑とは・・・

アムウェイはネズミ講なのではないか?ということです。

 

もしもネズミ講なのであれば、違法なビジネスに勧誘されていたということなので、当時はものすごく怖い思いをしました

 

しかし、よくよく調べていくと、「マルチ商法」という言葉も出てきて、「アムウェイは違法なビジネスではないですよ」といった情報もあったりしましたね。

 

そのため、ここからは、アムウェイが違法なビジネスをしているのか、それとも真っ当なビジネスなのかというところを解明していこうと思います。

 

マルチ商法とは何か?

ネズミ講とマルチ商法が一体どんなものなのか?」、よくわからない人もいると思うので、まずは、マルチ商法の説明をしていきたいと思います

 

マルチ商法」というのは、階層式に会員組織を拡大していき、組織の会員数を増やすことによって、会社の利益を拡大させていくビジネスのことを言います。

 

また、マルチ商法の他にも、「連鎖販売取引」とも言われていて、販売者(A)は紹介者(B)に対して、会社の製品を販売していくわけです。そして紹介者(B)が製品を購入する意思を見せると、紹介者(B)は販売者(A)の組織下の会員となります。また、その紹介者(B)がさらに、別の紹介者(C)に会社の製品を販売することができれば、紹介者(C)は(B)の組織下の会員となります。

 

 

つまり「連鎖販売取引」と言われているのは・・・・

連鎖的に商品を販売し、組織を拡大させているからなんですね。

 

「連鎖販売取引」のポイントは、とにかくたくさんの人に製品を販売することができた人に対して、多額の報酬金が行き渡るというところです

 

通常であれば、誰かに商品を販売した場合、その時の取引でしか報酬は発生しません。が・・・

「連鎖販売取引」を行なっている会社の製品であれば、自分が何もせずとも、自分の組織下にいる会員の人達が商品を購入するたびに、報酬を得ることができるわけです。

 

このように、マルチ商法で稼ぐことができている人達は、組織の会員数がたくさんいるわけですね。

 

ネズミ講とは何か?

それでは次に「ネズミ講」について説明したいと思います。

実は「ネズミ講」の収益モデルというのは、マルチ商法と同じようなものになっています。つまり、階層式に会員組織を増やしていき、そこから利益を拡大していくモデルは同じというわけですね。

 

 

また、世間では「ネズミ講」のことを「無限連鎖講」とも呼ばれているわけですが、なぜ「無限連鎖講」と呼ばれるのかというと・・・

組織を拡大させたとしても、最終的には一番上の親元が一番儲かる仕組みになっているからですね。

 

 

さて、ここでマルチ商法とネズミ講の違いについて話していきますが、この2つの大きな違いというのは・・・

商品自体の取引が行われるかどうかという点ですね。

 

マルチ商法の場合であれば、商品を購入する代わりに、組織の会員になって、会員になった人はまた別の人に商品を勧めていくことによって、利益を拡大していくという収益モデルになっています。

 

一方、ネズミ講の場合、金銭的な取引のみで組織の会員に勧誘し、会員になった人はまた別の人に対して、組織の会員に勧誘するということによって、利益を拡大させていくわけですね。

 

例えばAさんがBさんを組織に勧誘したとすると、AさんはBさんから登録料として1万円受け取るとします。すると、次にBさんはCさんという人を組織に勧誘し、Cさんは登録料として1万円支払います。そして、その登録料の半分(5千円)はBさんが受け取り、もう半分はAさんが受け取るということになるわけですね。

 

このように、マルチ商法の場合であれば、商品の売買が行われる中で、組織が拡大していくモデルになっているわけですが、ネズミ講の場合は、金銭的なやりとりのみで、組織が拡大していくモデルになっています

 

このように、「無限連鎖講」が「ネズミ講」と言われるのは、金銭的なやりとりのみで、無限に組織が拡大していっても、最初に入った人達の方が絶対に儲かる仕組みになっているからですね。(マルチ商法では、自分の組織下の会員の人達が、商品を購入した額によって、利益が確定しますので、最初に入った人達の方が儲かるという仕組みにはなっていません)

 

 

ただですね、ここで強く言っておきたいことがあるのですが・・・

今までの説明からも想像できるように、「ネズミ講」は法律に違反しているビジネスだということです

 

もしも、あなたが金銭的なやりとりのみで組織を拡大させて、利益を得るといったことを行えば、「3年以下の懲役」か「300万円以下の罰金」になります。正式には「無限連鎖防止法」という法律があり、創設者だけでなく、組織に加入して勧誘活動を行なった場合でも罰則されます。

 

確かに「マルチ商法」と「ネズミ講」というのは似ているビジネスモデルかもしれません。が・・・

一歩間違えば犯罪行為になります。

 

なのでもし、「ネズミ講」の勧誘を受けた時は、慎重に対応すべきであると言えるでしょう。

 

アムウェイは違法なビジネスではない?

さて、ここでアムウェイについて話を戻そうと思います。

先ほどまで、マルチ商法とネズミ講の説明をしていきましたが、あなたはアムウェイがどちらのビジネスモデルに当てはまるかわかりますでしょうか?・・・

 

答えとしては、アムウェイは「マルチ商法」にあたります。

 

なぜならアムウェイの場合、日用品や健康食品など、様々な製品を扱っているからですね

 

確かにアムウェイは、製品を紹介していき、組織を拡大化させ、自分の組織下の商品購入額を大きくすることで、利益が大きくなるビジネスモデルですからね。

 

このことから、アムウェイはネズミ講ではなく、「マルチ商法」の仕組みを扱っているビジネスなので、違法ではないことがわかります。

 

よく、「アムウェイはネズミ講だ!」とか、「違法なビジネスだ!」という人もいますが、それは間違っています。また、「マルチ商法」と「ネットワークビジネス」の違いがわからないという人もいるのですが、実際のところ「マルチ商法」と「ネットワークビジネス」は同じ意味合いになります。

 

このように、アムウェイなどのネットワークビジネスを違法なビジネスと言われることがよくありますが、実際のところは、商品の取引を目的としているビジネスなので、合法になるわけですね。

 

この辺りは間違えないように、覚えておきましょう。

 

アムウェイはマルチ商法だが危険?

ここまでのお話で、アムウェイは合法なビジネスであるということがわかったかと思います。

ですので、「アムウェイは合法なビジネスだから始めてみようかな〜?」と思う人もいるでしょう。

 

しかしですね・・・

だからと言って、安易にアムウェイを始めることは危険であると僕は考えています。

 

なぜなら、アムウェイのようなネットワークビジネスを始めることは、宗教に入るようなものだからです。

 

アムウェイなどのネットワークビジネスでは、組織会員を増やすことによって、利益を増やしていくわけですが・・・

そのためには、組織の管理を徹底的に行う必要があります

 

確かに、組織会員の管理をおろそかにしてしまえば、離脱していく人が増えていき、利益が下がってしまいますからね。

 

 

そして、アムウェイで活動している人達は、組織の管理を徹底的に行うために・・・

宗教的な要素を取り入れようとします。

 

 

アムウェイなどで活動していると、

セミナーを開催し、盛り上がる雰囲気を作る

パーティーやイベントを頻繁に行う

仲間やグループと密に連絡を取り合う

など、明らかに団結力を強くするための行いがされてます

 

このように、組織やグループの意識を1つに絞らせるために、こうした宗教的な行いがされているわけですね。

 

ただ、こうした宗教的なビジネスを始めて、完全に洗脳されてしまった場合・・・

結果が出なくても、借金を抱えるまで、アムウェイを続けてしまったりするケースが多いです。

 

つまり、アムウェイ以外のことを信じれなくなるわけですね

 

僕自身、ネットワークビジネスの経験があるわけですが、かなり危険な状態にまで洗脳されてしまい、一歩間違えば多額の借金を抱えるところでした

 

これらのことから、安易にアムウェイを始めることはお勧めできないと言えます。

 

アムウェイの評判が悪い理由とは?

ここ日本においては、アムウェイに対する評判が非常に悪いです。

 

なぜかというと・・・

アムウェイのビジネスモデル自体が合法だったとしても、勧誘してくる人達が違法な勧誘行為をしているケースが多いからです。

 

アムウェイで勧誘活動を行う場合、最初に自分がアムウェイをやっていることを相手に伝え、その上でアムウェイ製品ついての説明や紹介をしていくのが、正しい勧誘行為と言えます。

 

しかし、アムウェイで活動している人の多くが、そういった正しい勧誘行為で勧誘をしていないわけですね。

 

例えば、

ホームパーティーやBBQなどのイベントに誘い、そこからいきなりアムウェイ本社のセミナーに参加させるように勧誘する

誰でも簡単に権利収入が得られるとったことだけを伝えて、アムウェイに登録させる

カフェやファミレスなどで、いきなり複数人でアムウェイの紹介を始めて勧誘する

など、明らかに法律を遵守していない行為で勧誘活動を行なっているわけです。

 

また、アムウェイで活動している人達が怪しく見えるのは、「アムウェイで活動していて稼げているわけでもないのに、自由に暮らしていけるほど稼いでいますよ」といった態度をとっているからとも言えます。

 

このように、アムウェイの評判が悪いのは、アムウェイで活動している人達の勧誘行為が怪しいからだと言えます

 

まとめ

 

結論としては、アムウェイは違法なビジネスではありません。が・・・

だからとって、アムウェイで活動することはやめた方がいいと僕は考えています。

 

確かにアムウェイなんかは、登録料が3600円と、初期費用が安いので、始めやすいビジネスではありますが、その背後にあるリスクを考えれば、そう簡単にアムウェイを始めることはできないでしょう。

 

これからアムウェイを始めようかどうか悩んでいる人は、いろんな人の意見を聞いてみて、それから判断をしてください。そうすれば、納得のいく選択が取れるかと思います

 

僕の場合、アムウェイをやっていたわけですが、いろんな人の話を聞いたりした結果・・・

アフィリエイト」を始めることにしました。

 

始めた理由は、パソコン1台と通信環境が整っていれば、誰でも始めれれるビジネスであり、借金を抱えてしまうというリスクも全くないと思ったからです。

 

そしてアフィリエイトに取り組んだ結果、今ではサイトから権利収入を得ながら、自由気ままに過ごすことができています。

 

もしあなたが、何かしらのビジネスを始めたいと考えているのであれば、僕は「アフィリエイト」をお勧めします。

 

また、アフィリエイトに興味がありましたら当サイトで配布している、アフィリエイト教材が無料でダウンロードできますので、是非手にとってみてください。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。