ミスが多くて仕事ができない人はアスペルガー症候群の可能性がある?仕事ができるように改善するには? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

ミスが多くて仕事ができない人はアスペルガー症候群の可能性がある?仕事ができるように改善するには?

どうもtaiseiです。

今回は「ミスが多くて仕事ができない人はアスペルガー症候群の可能性がある?仕事ができるように改善するには?」というテーマでお話していこうと思います。

 

社会人になると、どこかしらの会社に就職したり、アルバイトを始めたりと、働き始めるかと思いますが・・・

実際に働き始めると、仕事でミスをすることが多く、他の社員の人に迷惑をかけたり、上司や先輩に叱られたりすることが多い人もいるようですね。

 

ちなみに僕自身も、大学を卒業してから、新卒社会人として、会社に就職して、「これから頑張って会社で働こう!」っと思って、働き始めたわけでしたが・・・

仕事上でミスをすることが多く、たくさんの人から厳しい視線を向けられたり、罵声をあげられたりと、社会人生活は辛いスタートとなりました。

 

このように、これから精一杯頑張って、働こうと思っているにも関わらず、仕事が上手くできず、大きなストレスを溜め込んでしまう生活を送ってしまう人はいるんですよね。

 

もちろん、会社で働き始めたばかりの人であれば、わからないことがたくさんあるので、ミスをするのは仕方がないことだと思えるかもしれません。

 

しかし・・・

長期間働き続けているにも関わらず、ミスをすることが多かったり、自分より後から入社してきた人の方が、スムーズに仕事をしているような場合は、何かしらの問題がある可能性が高いと考えられます。

 

では一体、「仕事でミスをし続けてしまう人には、どういった問題が考えられるのか?」をお話していきます。

 

ミスをたくさんするのはアスペルガー症候群の可能性があるのか?

多くの人の場合、働き始めたばかりの時というのは、わからないことの方が多いので、仕事で失敗したりミスをしてしまう可能性は高いわけですが・・・

ある程度期間が経つと、仕事に取り組む際の容量を掴んだり、要点を抑えることができるようになるので、ミスをすることが少なくなっていくと予想できますよね。

 

ただですね・・・

中には、長期間働き続けて、わからないこともわかるようになっていったにも関わらず、仕事で同じようなミスを繰り返してしまったり、覚えたことが頭から抜けてしまう人もいるわけです。

 

 

こうした話を聞くと、「単に仕事ができない人でしょ?」というように捉える人も多いわけですが、僕自身、そんな風に片付けられる問題ではないと思っています。

 

ではなぜ、「簡単に片付けられる問題ではないのか?」というと、それは・・・

「アスペルガー症候群」の可能性があると言えるからです。

 

アスペルガー症候群というのは、発達障害の1つであるわけですが、対人関係やコミュニケーションが苦手で、自分ルールへのこだわりが強く、その場でも柔軟な対応がしにくいといったものです。

また、知的レベルで遅れをとってしまうという人は少ないですが、一般的な人と感じ方や考え方、行動が違っていることが多いので、悪気はないのに、変に誤解されてしまったりと、トラブルを起こしてしまうことが多いようです。

 

そのため、仕事をしていると、他人と協力して仕事を遂行するのが難しくなり、仕事のミスや失敗に繋がってしまうのだと考えられます。

 

なぜ、アスペルガー症候群の人はミスを多くするのか?

ミスをたくさんしてしまう人はアスペルガー症候群の可能性があるとお話しましたが・・・

そもそも、「どうしてアスペルガー症候群の人はミスをたくさんしてしまうのでしょうか?」っと疑問に思うところですので、ここからは、「アスペルガー症候群の人が仕事でミスをしてしまう原因」についてお話します。

 

曖昧な言葉や指示を理解することが難しいから

 

多くのアスペルガー者から、「他人の指示が曖昧に聞こえるので、すぐに理解するのが難しい」という話をよく耳にするわけですが、一般的な人は、アスペルガーの人に対して同じ指示が出されたとしても、瞬時に理解することができるんですよね。

 

ではなぜ、「一般的な人は、相手の指示を瞬時に理解することができるのか?」というと、それは・・・

相手が指示していることから、「何が期待されているのか?」を類推することができるからです。

 

ここでいう「類推」とは、いわば「真似をする」ということですね。

つまり、一般的な人は、アスペルガーの人が曖昧だと感じる指示に対して、「自分がどんなことを期待されているのか?」を類推し、誰かが期待している行動をしているところを見たことがあれば、その行動の「真似をして」、問題を解決しようとするわけです。

 

しかし、アスペルガーの人は、類推することが苦手で、真似をすることが難しいと感じるケースが多いです。

 

例えばですが、取引報告書を書くという仕事があったとし、相手が「僕が取引報告書を書いてみたから、同じように作成してみて」っと指示を出したとします。

 

一般的な人であれば、具体的な作成基準が現物として存在しているので、指示されたことに対して、曖昧さを感じることはありません。

 

しかし、アスペルガーの人の場合は、こうした指示に対しても、曖昧さを感じるんですよね。

 

確かに具体的な作成基準が存在しているわけなので、どこか曖昧なのか?と感じる人もいるかと思います。が・・・

アスペルガーの人にとっては、「何を同じようにすればいいの?」っと疑問に思ってしまうわけです。

 

ではなぜ、このように一般的な人とアスペルガーの人とでは、指示されたことに対しての捉え方が違ってきてしまうのでしょうか?

 

それは・・・・

「シングルレイヤー思考」のあらわれが原因であると考えられます。

 

シングルレイヤー思考というのは、アスペルガー症候群の人がもっている特有の考え方で、簡単にいうと、一度に一つのことしか情報を処理することができない思考のことです。

 

一般的な人が、「僕が取引報告書を書いてみたから、同じように作成してみて」という指示を受けた瞬間、「相手が作業に対してどんな風に把握しているのか?」を理解しようとすると同時に、「相手が作業している態度を真似ようとして」取引報告書を書くわけですが、このように、一般的な人は同時に複数のことを思考することができます。

 

 

しかし、アスペルガーの人は、「相手が作業に対してどんな風に把握しているのか?」を理解しようとしている間は、「相手がどんな態度で取引報告書を書こうとしているのか?」を思考することができないわけです。

 

すると、アスペルガーの人は、「同じように書いてと言われても、書く内容が同じではないので、書くことはできません。」と思ってしまったり、相手に言ってしまったりすることで、相手が期待していることと違ったことを行ったり、相手を怒らせてしまうなどとトラブルに発展してしまう可能性があります。

 

また、アスペルガーの人は、「類推」することが苦手である、と話しましたが、この原因は「エピソード記憶の障害」によるものだと考えられます。

 

類推は、自分が行ったことのある過去のエピソードを頭の中で模索し、作業を行うにあたって手がかりとなり得る情報を引っ張り出して行うものです。

しかし、アスペルガーの人は過去のエピソードから手がかりとなる情報を瞬時に引っ張り出すことや、前例となる情報を見つけ出すこと非常に難しいわけなんですよね。

 

話を適切に要約して相手に伝えることが難しいから

 

仕事に取り組む際には、相手と意思疎通を行うためにコミュニケーションが欠かせないですよね。

 

そのため、一般的な人は、他の人から伝えられた情報を、相手に伝えたいことをわかりやすく伝えようと考え、話を要約して、必要最低限の情報だけを相手に伝えようとします。

 

人が話を適切に要約している時の脳の働き方というのは・・・

「伝えられた情報を頭の中で要素的に分解する」→「分解した要素の重要性を考える」→「重要な部分の相互関係からなる全体構造を把握する」→「全体構造を最小限必要な情報と一緒に出力する」

といった働き方をしています。

ちなみに、こうしたことを普通の人は無意識的に、頭の中で実行しています。

 

しかし、アスペルガーの人の多くは、こうしたことを頭の中で無意識的に実行することが非常に難しいです。

 

なぜかというと・・・

アスペルガー症候群の本質にある「シングルフォーカスの特性」が作用しているからですね。

 

 

例えばですが、他人の長い説明から「AとBとCという情報」を与えられたとします。

 

一般的な人であれば、先ほどお話した通りのことを頭の中で無意識的に実行して、伝えたい人に対して、伝えるのに必要な「AとBとCという情報」を相手に伝えることができます。

 

しかし、アスペルガーの人はシングルフォーカス特性が働き、話を適切に要約することができないので、長い説明をされた時に、伝える必要のある「AとBとCという情報」を一度に把握しきれなかったり、抜けてしまったりして、相手に対して適切に話を伝えることができないわけですね。

 

なので、仕事上でこうしたことが多発していた場合、大きなミスに繋がったりして、上司から叱られたり、同僚とトラブルになってしまう可能性が高いです。

 

身体的な不器用さをもっているから

 

先ほどまでは、コミュニケーションに関する原因を述べてきましたが、実は・・・

身体的な不器用さをもっていることで、仕事のミスをしてしまうアスペルガーの人もたくさんいるんですよね。

 

例えば、小学校の時に体育の授業があったかと思いますが、身体全体を使う器械的な運動(体操、鉄棒、跳び箱など)が苦手だといアスペルガーの人は多いようです。

 

もちろん、体育が得意だったというアスペルガー症候群の人もいるとは思いますが、その場合、手先が不器用である可能性が高いです。

 

いずれにしても、身体的な不器用さをもっているアスペルガー症候群の人は多いと言われてますが・・・

ではなぜ、アスペルガー症候群の人は、身体的な不器用さをもっているのでしょうか?

 

それは・・・

「発達性協調運動障害」に近い病状が伴っている可能性が高いからですね。

 

「発達性協調運動障害」というのは、身体を上手く使って、全身的に強調の取れた滑らかな動作をする能力が、生まれつきかけている状態のことを言います。

 

そのため、アスペルガー症候群の人は、全身をうまく利用して動作を行うことが難しいので、仕事上の作業でミスを多発してしまうことがあるわけですね。

 

ただ、こうした障害を伴っている可能性があるとは言え、改善することは不可能なのか?と言われると、そんなことはありません。

 

例えばですが、僕は小学校の時に、6年間水泳を習っていたことがあります。

 

小学校1年生の時は、他の人よりも上手く泳ぐことができず、悔しい思いをしていました。

しかし、そんな悔しい思いがあったことから、たくさん練習を重ねていくようになったわけですが・・・

小学校中学年になる頃に連れて、他の人よりも上手く泳げるようになっていきました。

 

そして、小学校高学年になった時は、水泳大会で優勝することができたんですよね。

 

 

このように、「発達性協調運動障害」を伴っている可能性があるとは言え、長い間練習を続けていると、始めたばかりの頃よりは、格段に上達できます。

 

なので、人よりもたくさん取り組むことで、身体的な不器用さをカバーすることはできると言えます。

 

 

ただし・・・

長い間取り組み続けていたからといって、他の動作も器用にこなせるようになるか?と言われると、そうでもないんですよね…。

 

例えばですが、先ほどのように、長い間水泳を練習していき、上達できたとしても、他のスポーツが上手くできたり、仕事の作業がスムーズになったりするわけではないということです。

 

また、仕事の場合では、ある作業がスムーズにできるようになったとしても、少し急かされた状況になっただけで、全くできなくなったりする可能性もあるようです。

 

こうした身体的な不器用さをもっていることから、仕事でミスを多発してしまい、職場の人からの信頼を無くしてしまうという話はよくあるようです…。

 

仕事のミスをなくすための対策とは?

ここまで、アスペルガー症候群の人が仕事でミスをしてしまう原因について、お話したわけですが・・・

原因がはっきりとわかったとしても、具体的な解決策が見当たらなければ、アスペルガー症候群の人が仕事でミスをなくすことは難しいと思います。

 

そのため、ここからは、「アスペルガー症候群の人が仕事のミスをなくせるようにするための対策方法」について、お話します。

 

徹底的なマニュアルを作成してもらうor作成する

 

先ほど、相手の指示が曖昧に聞こえてしまうことが、仕事でたくさんミスをしてしまう原因としてあげましたが、こうしたことが原因の場合の対策としては、徹底的なマニュアルを作成してもらう(作成する)ことです。

 

アスペルガー者はシングルレイヤー思考特性があるため、「仕事の内容」と「仕事に対する把握の仕方」を同時に考えることができません。

しかし、「仕事の内容」に関するマニュアルと、「仕事に対する把握の仕方」に関するマニュアルが用意されてあれば、仕事に取り組む際に、一つ一つのことをしっかりと考えて把握することがしやすくなります。

 

また、マニュアルを作成してもらう(作成する)際には、数字や絵、図、写真などをたくさん用いたほうが理解しやすくなります。

 

なぜかというと、アスペルガーの人の多くが、視覚に対して鋭い能力を持っているからですね。

 

前回の記事でも、アスペルガーの人は、デザイン系の仕事や、アニメ作家、画家などの仕事に向いているとお話しましたが、このように視覚に関しては、一般的な人よりも、優れた能力を持っています。

 

なので、マニュアルは数字や絵、図、写真などを用いたほうがいいと言えます。

 

そうすれば、仕事に取り組む上で、ミスを減らすことができるでしょう。

 

相手の指示そのものから一旦離れる

 

相手の指示が曖昧に聞こえてしまうのであれば、指示そのものから一旦離れて、「今の自分には何が期待されているか?」を考えてみた方がいいと言えます。

 

アスペルガー症候群の人が、指示そのものを聞き入れてしまった場合、シングルレイヤー思考特性が働いてしまい、同時に複数のことを頭の中で処理することが難しいです。

 

そのため、一旦指示の内容そのものから離れて、まずは、「相手が自分に対して何に期待しているのか?」を把握するようにしましょう。

 

そうすると、「相手が自分に対して何に期待しているのか?」ということ大切なところだけに絞って考えることができるので、少なくとも「自分は最終的にどんなことをすればいいのか?」といったゴールを把握することができます。

 

「ゴールだけ把握できてもダメなのでは?」と思うかもしれませんが、最初の部分だけわかったとしても、ゴールが分からなければ、相手の期待に応えることは不可能です。

 

しかし、ゴールさえわかっていれば、途中がずれていたとしても、相手が期待していることを把握しているので、最終的には、相手の期待に応えることができるわけですね。

 

このように、相手の指示そのものから一旦離れることができれば、指示された内容を俯瞰して捉えることができ、相手の期待にしっかりと応えることができるので、ミスが起こりにくくなるでしょう。

 

身体的に単純な作業だけで済む仕事を選択する

 

先ほど、アスペルガー症候群の人は、身体的な不器用さをもっているので、仕事で何かしらの作業をするときに、ミスをたくさんしてしまうということをお話しましたが、こうした不器用さ、というのは根本的に改善することは難しいです。

 

強いていうならば、運動スキルの学習に必要となる生理学について理解したり、運動学習についての経験的な知識などを獲得することができれば、役に立って、改善を図ることに繋がるかもしれません。

 

しかし、こうしたことは、すぐに結果としてあらわれるようなものではないので、改善されるまでに大幅な時間がかかってしまうことが予想できます。

 

では、「こうした身体的な不器用さをもっていながら、仕事のミスをなくすためにはどうしたらいいのか?」というと・・・

それは、一度獲得することができた運動スキルだけで、長期間働けるような職業に就くということです。

 

もし、そういった職業に就くことができれば、身体的な不器用さをもっていても、仕事に対して何ら支障もきたすことなく、働くことができます。

 

では、一度獲得することができた運動スキルだけで、長期間働けるような職業とは、どんな職業があるのか?というと・・・

例えばですが、「パソコンを扱った職業」です。

 

パソコンというのは、基本的に文字を入力したり、マウスを動かすという、身体的には単純な作業で、行うことができるわけですが、文字を入力する際のタイピングスキルだったり、マウスの動かし方などを、一度学習することができれば、仮に職場が変わったとしても、同じようにパソコンを扱うような職場であれば、学習したスキルをそのまま仕事で発揮することができますよね。

 

他にも・・・・

数学者や物理学者などといった大学教授や、税理士や会計士などの仕事も、一度学習することができれば、仮に職場が変わったとしても、運動スキルとしては難しくない職業なので、うまく適応できると言えます。

 

このように、身体的に単純な作業で仕事ができる職業を選択することで、身体的な不器用さをカバーすることができるわけですね。

 

多くの人は、自分の苦手なことをできるようになるまで克服しようと考えるわけですが、苦手なことを克服するというのは、実はかなり難しいんですよね。

 

なので、自分が苦手とすることを発揮せずに、自分の得意なことを存分に発揮できる職業を選択することが大切です。

 

そうすれば、仕事でのミスをなくすこともできますし、いきいきと仕事をすることができるようになるでしょう。

 

ミスが発生しにくい仕事とは?

アスペルガー症候群の人は、仕事でよくミスをしてしまっては、過度に反省してしまうことがあるかと思います。

また、そういったことを繰り返しているうちに、うつ状態に陥ってしまう可能性もあるので、非常に危険だと言えます。

 

そのため、アスペルガー症候群の人は、できるだけミスが起こりやすい苦手な仕事は避けるべきだと言えますし、作業をしていてミスが発生しにくい仕事を選択するべきです。

 

では、「アスペルガー症候群の人が、ミスをせずにできる仕事というのは何か?」というと。それは・・・

先ほどのお話にあったパソコン関係の仕事です。

 

パソコン関係の仕事は、身体的な不器用さを隠すことができるというメリットがありますが、その他にも、アスペルガー症候群の人にとって、メリットとなる点がたくさん存在するんですよね。

 

例えばですが、

・一つの作業に集中して取り組むことができる

・曖昧な指示をされることが少ない仕事だから

・じっくりと考える時間が与えられる仕事だから

などがあげられます。

 

僕自身も、大学時代で接客のアルバイトをしていたときや、正社員で現場監督として働いていた時に比べ、派遣社員でパソコンを扱った事務作業をしていた時の方が、ミスが少なくなり、はるかに取り組みやすかったと感じましたね。

特に、やることが明確であった仕事がほとんどだったので、集中して取り組むことができました。

 

このように、パソコン関係の仕事は、身体的な不器用さを隠すことができるだけなく、アスペルガー症候群の特性を活かして働くことができるので、ミスを減らすことに繋がりますね。

 

お勧めしたいビジネスとは?

さて、ここまでの話で、アスペルガー症候群の人には、パソコン関係の仕事を始めることをお勧めしてきたわけですが、僕自身、これから先の時代を考えると、プログラミングやSEといった仕事を目指すことは、あまりお勧めしません。

 

なぜかというと、プログラミングやSEとった職業というのは、これから先、人工知能やAIに代替されてしまう可能性が非常に高いからです。

確かに、ひと昔前だったり、今の時代であれば、専門性の高いスキルが求められていたので、悪くはない職業でありました。

 

しかし、これから先の時代は、専門的な仕事さえも、人工知能やAIに置き換えられてしまうので、今から始めるのは危険であると言えます。

 

ただですね・・・

僕自身、パソコンを扱った中で、お勧めしたいビジネスというものが存在します。

 

では、そのビジネスとは一体何か?というと、それは・・・

「インターネットビジネス」というものであります。

 

インターネットビジネスというのは、簡単にいうと、インターネット上で展開することができるビジネスですね。

 

インターネットビジネスについては、以下の記事で詳しく載せていますので、参照してみてください。↓↓

インターネットビジネスとは?一体どんな種類のビジネスモデルがあるのか?

 

ちなみに、インターネットビジネスの中にも、さらに様々なビジネスが存在しており、自分がやってみたいと思えるビジネスから始めることができます。が・・・

 

ただですね、個人的に、一番お勧めしたいインターネットビジネスがあります。

 

 

それは・・・

 

「アフィリエイト」というビジネスです!

 

アフィリエイトというのは、簡単にいうと、自分が運営しているサイトに、商品広告を掲載し、掲載した広告から商品が購入されると、購入額の何割かを報酬して受け取ることができるビジネスですね。

 

アフィリエイトについては、以下の記事で詳しく載せてますので、参照してみてくささい。↓↓

アフィリエイトとは?ネットビジネス初心者の方にわかりやすく解説!

 

アフィリエイトであれば、自分でコンテンツを作成して、サイトを構築していくものですが、しっかりと自分のペースで取り組むことができるので、そもそもミスが起こりうる可能性が低いビジネスですし、パソコンとネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも好きな時に取り組むことができます。

 

そのため、パソコン操作が得意で、長時間集中して操作できるアスペルガー症候群の人であれば、とても取り組みやすいと感じるでしょうし、個人で大きな収益を上げることができる可能性が高いと言えます。

 

まとめ

 

仕事でよくミスをしてしまう人は、アスペルガー症候群の可能性が高いとお話したわけですが、仮にアスペルガー症候群だったとしても、ミスを減らすことは可能です。

 

そして僕自身、仕事でミスをたくさんしてしまう人の一番の原因は、自分に合っていない仕事を選んでしまっていることだと思っています。

 

人というのは、苦手を克服する選択をとるよりも、得意なことをさらに伸ばしてあげるという選択をとったほうが、確実に仕事のミスを減らすことに繋がります。

 

なので、仕事でミスをたくさんしてしまう可能性があるのであれば、今一度、あなたがいま勤めている会社や職業を見直してみてください。

 

そうすれば、あなたに合った仕事を見つけることができ、ミスをなくすことに成功して、毎日を楽しく生きることができるかと思います。

 

僕自身も、会社員や派遣社員をやっていた時というのは、ミスばかりしてしまい、上司から叱られたり、他の社員の人から厳しい視線を送られていました。

 

しかし、「インターネットビジネス」というものに出会ってから、僕は自分に合った仕事を見つけることができたと実感することができ、毎日楽しい生活を送ることができるようになりました。

 

今では、自分と気が合う仲間達と一緒に楽しく過ごすことができて、本当によかったと思います。

 

もし、あなたも「インターネットビジネス」に興味がありましたら・・・

当サイトでは、インターネットビジネスで成果を出すための教材を無料で配布していますので、是非ダウンロードして手にとってみてください。