アスペルガー症候群の人に適した仕事とは?職場環境を改善するためのポイントを紹介 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

アスペルガー症候群の人に適した仕事とは?職場環境を改善するためのポイントを紹介

どうもtaiseiです。

今回は「アスペルガー症候群の人に適した仕事と職場環境を改善するためのポイント」について紹介したいと思います。

 

アスペルガー症候群の人の多くは、せっかく新卒で会社に入社したにも関わらず、会社での仕事でトラブルを起こしたり、他人と上手く共同して仕事ができなかったりすることで、仕事が長続きしないという人が多いそうです。

 

また、中には、アスペルガー症候群の疑いがあるにも関わらず、会社で辛い思いをしながら、働き続けている人もいるそうで・・・

 

因みに僕自身、最近になって、精神科を訪れる機会があったのですが、その時に、軽度の自閉症であると診断されました

 

もちろん、診断された時は驚きましたが・・・、

確かに僕自身も、新卒で大手の港湾会社に入社した後、会社での人間関係に悩まされたり、自分には難しいと思える仕事があまりにも多すぎると感じたことから、会社を半年で退職した経験があるので、自分の中で腑に落とせました。

 

 

ただですね・・・

1つ注意したいことは、アスペルガー症候群だからと言って、仕事ができないというわけではないということです。

 

確かに、世の中の人達は、アスペルガー症候群の人達に対して、仕事ができないという印象を抱いている人は多いです。が・・・

アスペルガー症候群の人でも仕事や職種によって、活躍することはできます

 

実際、僕自身も会社をやめてから、WEBサイト運営に関する仕事を始めていったのですが、ストレスを感じることなく、伸び伸びと仕事ができるようになったんですよね。

 

このように、アスペルガー症候群の人でも、仕事内容や職種によって、仕事の成果も違ってきます。

 

なのでもし、アスペルガー症候群であるという自覚があるならば、今一度、今後の自分の働き方を見つめ直した方がいいと言えます。

 

そのため、ここからは、「アスペルガー症候群の人でも長期的に働ける、適した仕事」などについてお話します。

 

なぜアスペルガー症候群の人は仕事が長続きしないのか?

もちろん、全てのアスペルガー症候群の人が、仕事を長く続けることができないわけではないです。が・・・

仕事が長続きしない」、あるいは、「就職できない」という例は、少なくないようです。

 

では、「なぜアスペルガー症候群の人は、仕事が長続きしなかったり、就職することが難しくなってしまうのか?」というと・・・

 

自分の特性に合っていない仕事を選んでしまうことが、一番の要因であると考えられます。

 

 

そもそもですが、アスペルガー症候群の人の大きな特性をご存じでしょか?

 

実は、アスペルガー症候群の人の大きな特性というのは・・・・

 

社会のルールに合わせることや、対人関係が苦手社会性の特性

相手の話に応じた会話のキャッチボールが苦手コミュニケーションの特性

こだわりが強く、想像力が乏しい想像力、こだわりの特性

 

の3つが挙げられるんですよね。

 

もちろん、3つの大きな特性を持っているからといって、仕事ができないことにはならないです。

 

ただ、今の世の中に多く存在する企業が求めているスキルというのは、色んな人と円滑にコミュニケーションを取るスキルなんですよね

 

なので、自分の特性を把握せずに、カッコ良さそうな営業職を選んだり、親や友達が認めてくれそうな大手の会社を選んで、就職してしまった場合、いざ入社してみると、会社の人とトラブルを起こしてしまったり、仕事のミスや失敗を続けてしまったりすることが多いそうです。

 

このように、アスペルガー症候群の人は、自分の特性と、務めている会社が求めている特性がマッチしていないことが多いようですが、そのまま会社で働き続けてしまえば、いずれ仕事をすることが困難になっていき、自分から退職届を提出して、会社を退職したり、うつ状態になってしまったり、強迫性障害などの二次障害が起きてしまう可能性もあります。

 

僕自身も新卒で会社に入社したわけですが、やはり職場の人達と連携して、仕事をすることが難しかったり、大きなミスをたくさんしていたので、会社で働き続けることが困難に思え、半年で会社を退職しました。

 

ただ、今思えば、もっと自分の特性を理解して、別の会社を選ぶことができれば、こんなことにはならなかったんだろうなと思っています。

 

アスペルガー症候群の人が長く働き続けるためには?

 

先ほど、アスペルガー症候群の人は、自分の特性を理解してから、会社を選んで就職した方がいい、といったお話をしましたが・・・

やはり、仕事を長く続けるためには、自分の特性を理解することが大切です。

 

そして、自分の(アスペルガー症候群)の特性を調べていくと、長く続けることができる仕事を選ぶポイントが見えてきます。

 

それは・・・・

アスペルガー症候群の人は、得意なことと苦手なことがハッキリと分かれているということです。

 

もちろん、性格などの個人差の影響もあるので、一概には言えないです。が・・・

得意なこと」と「苦手なこと」がハッキリと分かれているのであれば、「自分がどんなことを得意とするのか?」を把握し、「得意なことは、どんな仕事に生かせるのか?」を知ることができそうですよね?

 

なのでもし、自分の得意なことを生かせる仕事に就くことができれば、長く働き続けることも可能になると考えられます。

 

そして、これも性格などの個人差によりますが、アスペルガー症候群の人のほとんどは、「一人でできる仕事」を得意とする傾向にあるようです。

 

ただ、「一人でできるような仕事」って、一体どんな仕事なの?っと思えるところなので、ここからは、さらに、アスペルガー症候群の人が得意とする仕事の内容について、お話します。

 

アスペルガー症候群の人が得意とすることとは?

 

先ほど、アスペルガー症候群の人は、「一人でできる仕事」を得意とする、とお話をしたわけですが・・・

アスペルガー症候群の人が得意とする特徴として、以下のようなことが挙げられます。

 

常識に縛られずに、自由な発想ができる

専門知識を覚えることができる

作業を規則正しく行うことができる

単純な工程作業を苦痛に感じることなく行える

数字や文字を見て分析することが容易である

パソコンやゲームの操作が得意

語学の学習をスムーズに行える

動物や植物と触れ合うことが好き

絵や図を一瞬で見て、内容を理解することができる

などが当てはまりますね。

 

こうした特徴を見ていくと、一人で黙々と作業をするような仕事だったり、自分の発想を頼りに、のびのびと取り組める仕事がアスペルガー症候群の人に合っているように思えますよね。

 

また、自分が得意だと感じる仕事に関しては、かなりの集中力を発揮することができるので、仕事のパフォーマンスを大きく上げることも期待できそうです。

 

僕自身も、ネット関係の仕事だったり、絵を書いたりすることは得意だと感じるので、1日中休む間も無く、取り組み続けることができる方ですね。

 

アスペルガー症候群の人が苦手とすることとは?

 

アスペルガー症候群の人でも得意なことがあるわけですが・・・

その一方で、アスペルガー症候群の人が苦手とすることもあります

 

では、「アスペルガー症候群の人が苦手とすることどんなことか?」というと、それは以下のようなことです。

 

初対面の人とコミュニケーションをとること

積極的に会話をすること

人の話を最後までじっくりと聞くこと

周囲の人と協力して仕事をすること

電話対応すること

相手と交渉すること

急なトラブルや予定変更に対応すること

お世辞や冗談を言うこと理解すること

周りの環境や雰囲気に合わせること

場の空気を読むこと

話の裏側や相手の嘘を見抜くこと

ストレスを解消すること

などが挙げられますね。

 

こうした特徴を見ると、やはり、人とのコミュニケーションを苦手とする傾向があるようですね。

特に、急な予定変更に対応したり、知り合いの人とバッタリ合ったときに、上手くコミュニケーションをとったりすることをかなり苦手とするところがあるので、大勢の人と協力して仕事をしたり、急な出来事に対応しなければならない仕事をするのは、かなり難しいと言えます。

 

確かに僕自身も、インターネットを通じたコミュニケーションであれば、問題ないですが、急に人と会うことになったり、大勢の人前で話をするとなった時は、すごく嫌な気分になる方ですね。

 

アスペルガー症候群の人に向いている仕事とは?

ここまでのお話で、アスペルガー症候群の人が得意とすることと、苦手とすることを見ていったわけですが・・・

得意なことや好きなことを仕事にすることができれば、自分の特性が仕事内容にマッチしている可能性が高いと言えます。

 

そのため、ここからは、アスペルガー症候群の人に向いている仕事を紹介したいと思います。

 

専門的な知識や技術が求められる仕事

 

アスペルガー症候群の人の特性は、特定のことに対して、とても強いこだわりがあるということでした。

つまり、自分の中でこだわりが強く出ることを仕事にすることができれば、高い専門性を発揮したくさんの知識や情報、そして高度なスキルを活かして仕事ができるようになると言えます。

では、高い専門性を発揮し、高度なスキルが求められている仕事とはどういった仕事なのか?を紹介します。

 

・プログラマー

・システムエンジニア

・画像処理

・製図者(CADオペレーター)

・航空整備士

・パソコンのセットアップなどの技術者

・検査技師

・大学教員

・翻訳者

・植物学者

・昆虫学者

・森林研究者

・裁判官

・基礎医学の研究者

などの職業が挙げられますね

 

特に今の時代では、インターネットが発達してきたことによって、パソコンのスキルが求められてるようになりました。

 

なので、最近ではプログラマーやシステムエンジニアなどのパソコンスキルで活躍しているアスペルガー症候群の人が増えているようですね。

 

集中力や忍耐力が求められる仕事

 

アスペルガー症候群の人は、一人で黙々とできることだったり、単純な作業を苦に思わずに、取り組むことが得意です。

そのため、他の人にはない、忍耐力や集中力を必要とする仕事ができれば、周りの人からも、高い評価を得ることが可能になるんですよね。

 

では、集中力や忍耐力が求められる仕事とは一体どんな仕事なのか?を紹介します。

 

・校正者

・校閲者

・図書館職員

・会計士

・税理士

・在庫管理

・統計学者

・物理学者、数学者

・研究員

・獣医補助

・動物の調理師

・ペットのトリマー

・障子貼り職人

・園芸家

・農園スタッフ

・庭師

などが挙げられますね。

 

特に、人に対してサービスを提供するのではなく、動物や植物に対してサービスを提供する仕事などは、コミュニケーションを密に取る必要もなく、一人で黙々とできる仕事であるので、自分の能力を活かしやすいかと思います。

 

独特の感性が求められる仕事

 

アスペルガー症候群の人は、常識に縛られることなく、自由な発想ができるというところが得意と言われていますが・・・

自分が持っている独特の感性や、自分が抱いている世界観を、上手く表現することができれば、アーティスティックな仕事ができるようになり、周りの人を感動させたりと、大きな影響を与えることも可能になるんですよね

 

では、独特の感性が求められている仕事とは一体どんな仕事なのか?を紹介します

 

・カメラマン

・グラフィックデザイナー

・インテリアなどの各種デザイナー

・画家

・アニメ作家

・版画家

・楽器の調律師

・楽器の製作

などが挙げられますね

 

特に、これからの時代は、人を感動させたり、人に何か大きな影響を与えたりするような、アニメ作家、画家、カメラマン、グラフィックデザイナーなどの仕事が、大きな需要を生み出す可能性が高いですので、こうした仕事を始めてみることを考えてもいいかと思います。

 

アスペルガー症候群の人に向いていない仕事とは?

ここまで、アスペルガー症候群の人に向いている仕事を紹介していきましたが・・・

逆に、アスペルガー症候群の人に向いていない仕事も存在します

 

なのでもし、そういった向いていない仕事を選んで、働き始めた場合、かなり高い確率で働きにくさを感じるかと思います。

 

そのため、ここからは、「アスペルガー症候群の人に向いていない仕事」を紹介していきます。

 

人と交渉したり、大勢の人とする仕事

 

アスペルガー症候群の人は、相手の話に応じたコミュニケーションを取ることを苦手とする傾向があります。

そのため特に、対面で人と会って、直接商談を持ちかけたり、大勢の人前で話をするような仕事を始めてしまうと、普通の人よりも、倍以上にストレスを感じてしまうようです。

 

では、「人と交渉をしたり、大勢の人とする仕事とは一体どんな仕事なのか?」を紹介します。

 

・営業職

・教師

・保育士

・弁護士

・看護師

・介護士

・販売員

・管理職

・外交官

・アナウンサー

・コールセンター

・司会業

・保険外交員

・案内係

などが挙げられますね。

 

特に、飛び込み営業や司会業などといった仕事は、人とコミュニケーションを円滑にしたり、周りの状況を常に把握する必要があるので、こうした仕事で、アスペルガー症候群の人が成果をあげるのは難しいと言えます。

 

柔軟に対応する必要のある仕事

 

アスペルガー症候群の人は、急な予定変更だったり、事前に伝えられていないことに対応したりすることを苦手とする傾向があります。

そのため、そういった柔軟な対応を求められる仕事を始めてしまった場合、パニックを起こす可能性もあったりと、仕事を長く続けることが不可能になる恐れがあるんですよね。

 

・では、「柔軟に対応する必要のある仕事とは、一体どんな仕事なのか?」を紹介します

 

・検事

・外科系医師

・窓口業務(旅行代理店、銀行、ホテル、旅館)

・航空管制官

・客室乗務員

・添乗員

・企業の受付

・案内係

などが挙げられますね。

 

特に、客室乗務員や検事などの、難しい判断がすぐに問われてしまうような仕事は、アスペルガー症候群の人にとって、かなり苦痛な仕事になってしまうと言えるでしょう。

 

複数の要求に答える必要のある仕事

 

アスペルガー症候群の人の特性として、1つのことにしか応じることができないという特性があります。

そのため、同時に複数の要求をされた場合、頭の中で整理が追いつかず、1つのことにしか対応ができなかったり、両方とも中途半端になってしまう可能性が高いんですよね。

 

では、「複数の要求に答える必要のある仕事とは一体どんな仕事なのか?」を紹介します。

 

・接客業

・レジ係

・調理師

などのが挙げられますね。

 

特に、飲食店のような接客業を始めてしまった場合、常にたくさんのことを要求されるような仕事なので、周りから仕事ができないと思われ、ひどく叱られることも多くなってしまいやすいです

 

職場環境を改善するためのポイントとは?

アスペルガー症候群の人が、普通の人よりも仕事が長続きしない理由は、取り組んでいる仕事内容に問題があるということだけではありません。

実は、アスペルガー症候群の人は、自分が就業している職場環境にも、問題がある可能性があるんですよね。

 

ではなぜ、「職場の環境によって、違いが生まれてしまうのか?」というと、それは・・・

 

周囲の環境を敏感に感じ取ってしまう特性があるからです。

 

例えば、アスペルガー症候群の人は、オフィスの上にある蛍光灯の光が苦手だったり、周りでかすかに響く音が苦手だったりするわけですが・・・

そういった周囲の環境の影響を大きく受けてしまうことで、仕事に集中できなくなり、パフォーマンスを発揮できなくなり、仕事を長く続けることができなくなるわけです。

 

このように、アスペルガー症候群の人は、周囲の環境を敏感に感じる傾向があるので、もし、オフィスワークで働いている人がいれば、今一度、自分のデスク周りの環境を見直す必要があります。

 

そのため、ここからは、「職場環境を改善するためのポイント」を紹介します。

 

職場環境を改善するための具体例

 

デスクをパーテションでくくり仕事以外の余計な情報を遮断する

デスクの上には仕事以外のものをおかない

仕事の書類はクリアファイルなどに分けて、分かりやすく整理しておく

タイマーウォッチなどを設置して、時間の経過を測るようにする

カレンダーを用意して、スケジュールを一目見てわかるようにしておく

仕事の優先順位をノートにまとめておく

できるだけライトは白熱灯にする

仕事の進め方が一目見てわかるようなメモを壁に貼っておく

周りの音が気にならないように、ヘッドフォンやイヤフォンをつける

 

こうした改善を試みることができれば、自分が働きやすいと思える環境へと改善することができ、仕事をスムーズに進めることができたり、仕事の成果を上げることに繋がっていくでしょう。

 

インターネットビジネスをお勧めする理由とは?

ここまで、アスペルガー症候群の人に向いている仕事と、向いていない仕事を紹介していったわけですが・・・

僕自身、アスペルガー症候群の人に一番お勧めしたい仕事があるんですよね

 

では、一番お勧めしたい仕事とは一体なんなのか?というと、それは・・・

 

インターネットビジネス」です。

 

インターネットビジネスというのは、簡単にいうと、インターネットを通じてビジネスを展開し、お金を稼ぐビジネスのことになるわけですが・・・

僕自身、アスペルガー症候群の人であれば、苦痛に感じることなく、のびのびと取り組むことができると思っています

 

ではなぜ、そのように言えるのか?というと、以下のことが挙げられるからですね。↓↓

・苦手とする対面やリアルでのコミュニケーションを取る必要がないから

・コミュニケーションはメールチャットでできるから

・相手とのコミュニケーションで誤解が生じにくくなるから

人と会うことなく、仕事をすることができる

・パソコン1台と通信環境が整っているだけで、自分が作業しやすい場所でいつでもどこでも作業することができるから

・一人で取り組めるので、ミスをしたとしても、他の人からひどく叱られたりすることがないから

・一人で黙々と作業ができることで、集中できるから

視覚的な分野(画像や動画など)をよく扱うビジネスということで、アスペルガー症候群の特性にあっているから

急な予定変更に追いやられることがないから(自分のペースで取り組むことができる)

・対人関係でのストレスを軽減させることができるから

 

特に、これからの時代は、インターネット社会がさらに発展していき、インターネットを通じた仕事をするのが当たり前になりうるとも言われているので、インターネットビジネスに少しでも興味が湧いてきたのであれば、今からでも取り組み始めた方がいいかと思います。

 

ちなみに前回、インターネットビジネスに関する記事を投稿しましたので、参照してみてください。↓↓

インターネットビジネスとは?一体どんな種類のビジネスモデルがあるのか?

 

特にお勧めしたいインターネットビジネスとは?

実は、インターネットビジネスといっても、様々な種類のビジネスが存在しているんですよね。

インターネットビジネスは、その名の通り、インターネット回線を利用しただけで、ビジネスを展開することができるので、もちろん、在庫や初期費用をかけることなく始められるビジネスがほとんどです。

 

ただですね・・・

中には、頻繁にネット上で人とコミュニケーションを取りながら取り組む必要があったり、始めるにあたって準備に必要となるものがたくさんあったりと、取り組みづらさを感じるものもあるんですよね。

 

僕自身も、インターネットビジネスを始めようとなった時に、どのビジネスを始めようか悩みました。が・・・

 

しかし、あるきっかけで、僕はインターネットビジネスの中で、特に取り組みやすいビジネスを知ることができ、取り組むことができました

 

その、ビジネスとは・・・・

アフィリエイト」というビジネスになります。

 

(アフィリエイトに関しては、こちらの記事で詳しく説明していますので、参照してみてください。↓↓)

アフィリエイトとは?ネットビジネス初心者の方にわかりやすく解説!

 

「アフィリエイト」というのは、簡単にいうと、サーバーとドメインを個人で取得してからサイトを立ち上げ、サイト上に商品広告を掲載して、サイトに訪問したネットユーザーが、掲載している商品広告から、商品を購入した場合に、収益を得ることができるビジネスです。

 

昔は、個人でサーバーやドメインを取得することは難しかったのですが、いまの時代は、1万円以下でサーバーとドメインを取得することができるんですよね

また、毎月かかる固定費も1500円以下に抑えることができるので、始めるにあたって費用が全くかからないわけです。

 

そしてさらに、アフィリエイトの一番の魅力は?というと・・・

誰かとコミュニケーションを取る必要が全くない」というところです。

 

なぜそういったことが言えるのかというと、アフィリエイトで得られる収益というのは、サイト上で販売している商品が購入されたことで発生するからです

つまり、自分が相手に対して、商品を勧めたり、サポートをしたりするなどといったコミュニケーションも一切取る必要がないんですよね。

 

僕自身も、アフィリエイトに取り組み始めた時は、とても驚きましたね。

なにせ、自分でサイトを立ち上げて、サイトに広告を掲載するだけで、収益を得ることができるなんて、昔の時代では、あり得なかったわけですから。

 

そして実際に、アフィリエイトに取り組み続けていったわけですが、月収10万円以上を自分の力だけで稼げた時は、とても感動しました。↓↓

月収10万円以上達成した時の写真

 

このように、アフィリエイトは、取り組み始めやすいビジネスでもありますし、コミュニケーションを取る量が、他の仕事やビジネスと比較して、圧倒的に少ないので、アスペルガー症候群の人にとって、かなりお勧めできるビジネスだと思います。

 

まとめ

 

アスペルガー症候群の人の中には、勤めている職場だったり、取り組んでいる仕事内容によって、かなり辛い思いをしながら働いている人もいるかと思います。

 

しかし、アスペルガー症候群の人には、普通の人とは違った、様々な特性があるわけで、そういった特性を理解しつつ、自分が得意とする仕事を選ぶことが必要です。

 

なので、今回紹介した、アスペルガー症候群の人の特性だったり向いている仕事向いていない仕事の違い、そして、インターネットビジネスやアフィリエイトについて理解を深めることが大切になっていくでしょう。

 

僕自身も、軽度の自閉症を抱えているわけですが、アフィリエイトに取り組み始めることができたおかげで、今では、自分らしく自由気ままな生活を送ることができています。

 

もし、少しでもアフィリエイトに興味を持ちましたら、

当サイトには、インターネットビジネスやアフィリエイトに関することを詳しくまとめた教材があり、無料でダウンロードできますので、是非手にとってみてください。