リンクエラーを自動検出!Broken Link Checkerの導入と設定について | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

リンクエラーを自動検出!Broken Link Checkerの導入と設定について

どうもtaiseiです。

今回は「Broken Link Checkerの導入と設定の仕方」について説明していこうと思います。このプラグインを導入すれば、なんと自動でリンク切れしている記事を見つけることができます!サイトを運営したばかりの方は実感沸かないかもしれませんが、実は運営期間が長くなるにつれて、投稿した記事のリンクがいつのまにか、切れている可能性があります。

そしてそのようなリンク切れしている記事をほっといてしまうと、サイトのユーザービリティーは下がってしまいSEO評価が下がることによって、サイト全体のアクセスが減ってしまうことにつながります。

ですので今回の記事を読んで頂き、リンク切れの記事を放置することなく、定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。Broken Link Checkerの導入と設定方法については、動画でまとめましたので、こちらの動画をご覧ください。

 

Broken Link Checkerの導入と設定方法 動画

 

 

Broken Link Checkerの導入と設定方法 補足

 

動画の補足ですが、今回の設定部分で重要なところは、

メールで通知

通知メールアドレス

の二つになります。

 

まず「メールで通知」についてですが、必ずチェックを入れておきましょうなぜかと言いますと、「Broken Link Checker」を導入したからといって、通知に気づくことができなければ、導入した意味がなくなってしまいます。ですので、「メールで通知」のチェック項目には、必ずチェックを入れるようにしましょう。

 

また「通知メールアドレス」についてですが、これは「一般設定」でWordPressに登録したメールアドレスが既に登録済みの場合は、入力しなくても大丈夫です。

「一般設定」でメールアドレスを登録したかどうか忘れてしまった方は、こちらの画像を参考にして、登録されているかを確認してみてください。

 

また、一般設定で登録したメールアドレスとは違ったメールアドレスにしたい場合は、「Broken Link Checker」の設定でメールアドレスを入力して頂ければ、大丈夫です。

 

まとめ

 

本来ですと、1記事1記事投稿した記事を確認して、リンク切れしているかの確認を行う必要があり、とても面倒でした。しかし、「Broken Link Checker」を導入するだけで、簡単にリンク切れしているかどうかを確認することができます。

是非参考にして、自分のサイトを定期的にメンテナンスしていきましょう。