不器用な生き方をやめたい人が自分の生き方に誇りを持てるようになれる考え方とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

不器用な生き方をやめたい人が自分の生き方に誇りを持てるようになれる考え方とは?

どうもtaiseiです。

今回は「不器用な生き方をしている人が自分の生き方に誇りを持てるようになるには?」というテーマでお話していきます。

 

今までの人生を振り返ってみては・・・

自分の生き方が不器用すぎて、どうにかしたい!」と思う時ってありますよね。

 

僕自身も、今まで生きてきた人生を振り返ってみると、「かなり寄り道をしながら、不器用に生きてきたな」っと感じましたね…。

不器用に生きてきたせいで、失敗を繰り返してきたり、悩んできたことがたくさんありました。

 

このように、不器用な生き方をしていると、器用な生き方をしている人よりも、たくさんの苦労を味わったり、悩んでしまうことがたくさんあるかと思います。

 

ただ、最近になって思ったのは・・・

 

不器用な生き方をすることは、必ずしも悪いことではないのでは?」と思えるようになってきたんですよね。

 

確かに、今までの人生を振り返ってみると、いろいろと寄り道をしながら生きてきました。が・・・

全てが無駄なことだったとは思えないからですね

 

むしろ、不器用な生き方ができることに対して、誇りに思えてもきました。

 

もしかすると、不器用な生き方をやめたいと思っているのであれば、少し考え方を変えてみるといいかもしれません。

 

そのため、ここからは、「不器用な生き方をやめたいと思う人でも、誇りを持ちながら生きていくことができる考え方」について説明していきます。

 

不器用な生き方をしている人の特徴とは?

不器用な生き方をしている人には、意外にもたくさんいますが、その中でも共通している特徴があるんですよね。

 

なので、まずは不器用な生き方をしている人達に共通していることを把握し、自分の生き方を詳しく理解していきましょう。

 

そうすることで、「これからの人生、どう生きていくべきなのか?」が、見えてくるかもしれません。

 

人とうまく関わりを持てない

 

不器用な生き方をしている人の直腸としてはまず、人とうまく関わりが持てないことだと思います。

 

人というのは、社会的動物なので、他者とうまく関わりを持ちながら生きていく必要があり、多くの人は、他者とうまく関係性を保つために、気をつかったり、何かをしてあげたりしようとしますよね。

 

ただですね・・・

 

実は不器用な人ほど、他人に関心を持つことができず、他者と関わりを持とうとしないことが多いんですよね…。

 

例えば、他人に対して何か気をつかったり、媚を売ったりしようとは全く考えず、自分がしたいように、思うがままに生きていこうとするわけですね。

 

このように、無理に他人に合わせて生きていこうとはせず、自分を生き方を無理矢理にでも通そうとするのが、不器用な人の生き方です。

 

なので、他人と関わりを持ったとしても、自分の主張を簡単に曲げようとはしないので、他人とトラブルになりやすいわけですね。

 

他人に振り回されている

 

先ほど、「自分の思うがままに生きていこうとするところが、不器用な生き方をしている人の特徴である」と、お話したわけですが・・・

一方で、自分を押し殺して、他人に振り回されながら生きている人も、不器用な生き方をしていると言えますよね…。

 

例えば、学校生活で、友達から昼食のパンを買ってこいと言われたら、めんどくさいと思いながらも、言われるがままにパンを買おうとしたり、会社で、上司から自分とは関係のない仕事をやれと言われても、仕方なく引き受けてしまったりするわけですね。

 

器用な生き方をしている人の場合は、自分に不利益なことをさせようとしている人に対して、しっかりと否定して主張します。が・・・

 

しかしですね・・・

不器用な生き方をしている人ほど、他人からいいように使われてしまうわけです。

 

特に、相手から不器用な生き方をしているなと思われた場合、ますますいいように使われてしまう傾向にありますね

 

僕自身、小さい頃は、他人からいいようにこき使われることが多く、他人に振り回されながら生きていました。

やはり、他人からこき使われるというのは、すごく嫌でしたね。

 

人の意見を鵜呑みにしやすい

 

3つ目の特徴としては、「人の意見を鵜呑みにしやすい」というところです。

 

器用に生きている人であれば、自分の考えを簡単に変えようとはせず、自分の考えに沿って生きていこうとします。が・・・

 

しかしですね・・・

不器用な生き方をしている人は、他人から言われたことや、主張されたことに対して、すぐに鵜呑みにして、自分の考えを変えようとするわけですね。

 

もちろん、自分の考えに固執しすぎるのもよくないです。が・・・

自分の考えを簡単に変えてしまうようであれば、騙されたり、何かしらの被害を受けたりすることが多くなってしまうわけです…。

 

確かに僕自身も、割と簡単に他人から言われたことに対して、鵜呑みにすることが多く、お金を騙し取られたり、宗教の勧誘に引っかかったりと、様々な被害を受けてきたことがありましたね…。

 

このように、不器用な生き方をしている人は、人の意見や考え、主張を簡単に信用することが多く、自分の考えをすぐに変えようとします。

 

なので、自分の周りにいる人達の環境によっては、悪影響を受けてしまう可能性が高いと言えます。

 

そもそも不器用な生き方は悪い生き方なのか?

ここまで、不器用な生き方をしている人の特徴をお話したわけですが・・・

不器用な生き方をしている人は、やはり他人とトラブルを起こしてしまったり、他人から軽く見られたり、騙されたりと、他人から被害を受けやすいですね…。

 

そのため、「不器用な生き方をやめて、器用に生きていきたい!」と考える時もあるでしょう。

 

ただですね・・・

 

実は、器用な生き方をすることが、必ずしも正しい生き方であるとは限らないんですよね。

 

確かに器用に生きた方が、何のトラブルにも巻き込まれず、他人と上手に関わることで、自分に対する被害を避けることができ、とても理想的な生き方に思えます。が・・・

 

ただですね・・・

永遠と器用な生き方をし続けていると、自分の人生に大きな変化を起こすことができず、心の底から人生を楽しむことができなくなってしまうんですよね。

 

もちろん、短期的に見れば、不器用な生き方をしている人の方が、他人とうまく関わりを持つことができず、たくさんの失敗をしながら生きているわけですが・・・

 

自分の人生を心の底から楽しませるためには、大きな変化を起こしていく必要があるわけです。

 

なので、不器用な生き方をしていれば、たくさんの失敗をするわけですが・・・

そこからたくさんのことを学習し、人生を大きく変えていける可能性があるんですよね!

 

このように、器用に生きることが絶対に正しくて、いい人生を送れるとは限らないです。不器用に生きた方が、寄り道をたくさんするわけですが・・・、たくさんのことを経験し、最終的には自分らしく、芯を持って生きることができるでしょう。

 

なので、不器用な生き方をしているからといって、悲観的になる必要はないと言えます。

 

自分の生き方に誇りを持てるようにするには?

先ほど、「不器用な生き方をしているからといって、悲観的になる必要はない」と、お話しましたが・・・

そうは言っても、簡単にプラスに捉えることは難しいと思います。

 

しかし・・・

考え方や捉え方次第では、簡単に不器用な生き方に誇りを持てるようになるんですよね。

 

ですので、ここからは、「自分の生き方に誇りを持てるようにするための考え方や方法」について説明していきます。

自分の生き方に対して、悲観的にならず、誇りを持っていきましょう。

 

自分の長所をたくさん見つけ出す

 

まず、不器用な生き方に誇りを持つためには、「自分の長所をたくさん見つけ出すこと」が大切です。

 

自分に対して悲観的になってしまう人の特徴としては・・・

自分の長所よりも短所に目がいってしまい、自分の悪いところばかりを見てしまうところですね…。

 

確かに、人というのは、セルフイメージがマイナスに働きやすい生き物なので、普段の生活からして、悲観的に物事を考えてしまうわけですね

 

ただですね・・・

自分のセルフイメージを高めることができれば・・・、普段の日常生活で悲観的にならず、楽観的に過ごせるようになり、だんだんと自分の人生に誇りが持てるようになります。

 

そして、セルフイメージを上げるためのポイントは・・・

自分の長所をしっかりと把握することです。

 

毎日を楽しく生きている人は、「自分の長所となるところを褒め、さらに自分の長所を良い方向に伸ばしていこう!」と、生きているわけです。

 

なので、もし不器用な生き方に誇りを持つことができないのであれば、自分の長所をノートやメモ帳などに、書き起こしてみるといいですね

 

自分の長所を書き出すことができれば、長所となるところがはっきりと把握することができます。また、自分の長所がはっきりと分かれば、頭の中で自分のいいところが思い描かれて、日々の日常生活でも、セルフイメージを高くすることができます。

 

そうすることで、不器用な生き方をしていながらも、マイナスに捉えることなく、楽しく生きていくことができるでしょう。自分の短所ばかりを見るのではなく、長所に目を向けるようにして、生きてください。

 

自分が読みたいと思う本をたくさん読む

 

自分の生き方が不器用だと思う人は、自分が読んでみたいと思う本をたくさん読むようにするのがいいですね。

 

なぜ、「本を読んだ方がいいのか?」というと・・・

 

いろんな人達の生き方を知ることによって、人それぞれ生き方が違うのは当たり前であるのだと、認識することができるからですね。

 

世の中には、たくさんの人がいるわけですが、全員が同じような生き方をしているわけではないですよね?器用な生き方をしている人、不器用な生き方をしている人はもちろん、ジェットコースターのような激しい変化を繰り広げながら生きている人もいます。

 

そして、今の時代、いろんな人達の生き方が本となって、書店で販売されていたり、図書館などに置いてあるんですよね

 

なので、まずは自分が気になった人や生き方をしている本を手にとって読んでみてください。

 

 

いろんな人達の生き方を知ることができれば・・・

「自分と同じような生き方をしていても、誇りを持って生きている人がいるのか!」と気づくことができますし、自分よりも大変な生き方をしているにも関わらず、毎日を楽しく生きている人の存在を、知ることも可能です。

 

そうやって、たくさんの人達の生き方を知ることで、自分らしく生きることに自信を持つことができるわけですね!

 

なので、自分の生き方に誇りを持つことができない人は、いろんな人の生き方を本で知ったり、触れてみたりしてください。そうすることで、毎日を楽しく生きていくことができるようになれるでしょう。

 

自分のことを発信してみる

 

自分の生き方に誇りを持つことができない人は、「自分の生き方を誰かに伝えることができない人」が多い気がします。

 

自分が今まで生きてきた中で、経験してきたことに対して誇りに思えず、周りの人なんかに伝えたくないと思ってしまうわけです

 

ただ・・・

自分の生き方を誰かに伝えない限りは、いつまで経っても、自分の生き方に誇りを持つことができなくってしまうわけですね。

 

なので、自分の生き方、不器用な生き方に誇りを持つためにも、SNSやブログを通して、誰かに自分のことを発信することが大切です

 

もちろん、発信することによって、誰かから何か変なことを言われたりすることもあります。が・・・

誰かに発信することで、自分の生き方に共感を持ってくれる人は必ずいます

 

そして、自分の生き方に対して、共感を持ってくれる人がいれば、自分の生き方に自信を持つことができ、誇りに思うことができるようになるでしょう。

 

これからの時代は、情報を発信できる能力がとても大事になっていきます。自分の生き方に悲観的にならないためにも、自分が発信できることはどんどん発信していくようにしていきましょう。

 

自分を好きでいてくれる人を大切にする

 

世の中には、いろんな人がたくさんいるわけですが、全ての人から好かれることなんかないですよね…。

自分のことを好きでいてくれる人もいれば、嫌いな人もいるわけです。

 

しかし・・・

 

自分の生き方に誇りを持てない人は、自分を嫌いになってしまう人に目を向けてしまい、

どうして嫌われてしまうのだろうか

どうしたら自分のことを好きになってくれるだろうか

と、思い悩んでしまいがちですよね…。

 

確かに、自分を嫌いになる人ばかりを考えてしまいやすいです。が・・・

 

嫌いになる人を気にしても仕方がないですよね?

 

それよりも、自分のことを好きでいてくれる人に目を向けた方が、自分のことを好きになれます。

 

そうすることができれば、自分の生き方に誇りを持つことができるようになり、ポジティブに生きることができるようになるはずです。

 

チャレンジして失敗したことを誇りに思う

 

不器用な生き方をしている人は、たくさんの失敗をしてしまいがちですが、たくさん失敗してしまうと・・・

やはり、マイナスな出来事が続いたと認識してしまい、自分の生き方を悲観的に捉えてしまいやすいですよね…。

 

ただ・・・

失敗すること自体が、悪いことではないんですよね

 

なぜなら・・・・

たくさん失敗するということは同時に、たくさんチャレンジをしているとも言えるからですね。そして、人生をよくするためには、たくさんのことにチャレンジしていかなければ、絶対によくなりません。

 

先ほど、「不器用な生き方をしている人の方が、人生を大きく変えることが可能である」と言いましたが、それは・・・

チャンレンジをして失敗することによって、いろんなことを学習できるからです。

 

たくさんの失敗から学習することができれば、最終的には自分の人生をより良くすることができるわけです。

なので、たくさん失敗しているからといって、自分の生き方を悲観的に捉えるのは間違っています

 

今はまだ、失敗続きの人生かもしれません。が・・・

失敗していることは、いずれ大きな成功に結びつくものだと信じて生きていくことができれば、自分の生き方に誇りを持てるかと思います。

 

自分の生き方が不器用で、失敗続きなのであれば、そのこと自体を誇りに思いましょう。

 

自分の生き方に誇りを持てるようになるためには? まとめ

 

確かに、不器用な生き方をしている人は、他の人よりも苦労することがたくさんあるかと思います。が・・・

そういった苦労から、自分を成長させることができ、自分の人生を大きく変えていくことができるわけです。

 

僕自身も、他人から騙されたり、こき使わされたりした経験があるわけですが・・・

それでも、自分の生き方を悪いとは思いませんでした

 

むしろ、たくさん苦労することで、自分の成長に繋がっていることが実感できたので、自分の生き方に誇りを持っていました。

 

また、僕自身、大学を卒業してから、会社員として働いていたわけですが・・・、自分がいいように使わされていることを実感し、半年で会社を辞めました

 

もちろん周りからいろんなことを言われましたが、その後、専業アフィリエイターとして活動を始め、今では、自分らしい生き方で日々を過ごすことができています。

 

このように、不器用な生き方をすれば、失敗することもたくさんありますが、自分の理想を叶えることも可能になるわけです。

 

なので、自分の生き方に誇りを持って生きてください。

 

また、当サイトでは、無料で配布しているアフィリエイト教材がダウンロードできますので、興味があれば、是非手にとってみてください。