コピーライティングスキル向上!左脳ではなく右脳に訴えかける言葉(ワード)を使うことがポイント!? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

コピーライティングスキル向上!左脳ではなく右脳に訴えかける言葉(ワード)を使うことがポイント!?

 

 

どうもtaiseiです。

 

 

今回は「コピーライティングのスキルを向上させるためには、左脳ではなく右脳に訴えかける言葉を使うことが大切」というテーマでお話していこうと思います。

 

 

人間の頭の中には脳みそがあるわけですが、人間の脳みそが2種類に別れているということをご存知でしょうか?

 

 

 

実は人間の脳みそは、「右脳」と「左脳」に別れて出来ているんですよね。

 

 

 

この右脳と左脳についてですが、人は無意識的に2つの脳を使い分けながら日常生活を過ごしています。

 

 

ここまでのお話を聞いて、

 

右脳と左脳が一体、コピーライティングとどのような関係性があるんだ?

 

っと、疑問に思われている方もいるかと思います。

 

 

ですのでまずは、「右脳と左脳の役割について説明し、そこからコピーライティングとの関係性」について、詳しくお話していこうと思います。

 

 

左脳の特徴と役割について

 

ではまず初めに、左脳の特徴や役割について説明していこうと思います。

 

 

左脳の特徴を一言でいいますと、「理論的・論理的な思考」を働かせる脳であるということですね。

 

 

左脳は論理的に考える力がとても優れており、言語力や計算力、それから物事を分析する力、正確性、などといった能力が優れています。

 

 

左脳の役割についてですが、論理的に物事を考える力が優れているため、何かを計画したり計算したりデータを分析したり文字を正しく認識したりと・・・・

 

論理的思考が必要な場面で、論理的思考を働かせることが役割になります。

 

 

因みに、男性と女性の脳を見比べてみた場合、ほとんどの男性が、右脳よりも左脳の方が日常生活の中で使われているため、「男性は論理的に物事を考える生き物」であると言われています。

 

 

右脳の特徴と役割について

 

 

それでは次に、右脳の役割と特徴について説明していこうと思います。

 

右脳の特徴を一言でいいますと、物事を「直感的」に捉える脳であるということですね。

 

 

そのため、空間認識能力や直感力、ひらめき力、イメージする力、図形や映像を認識する力などが優れています。

 

 

右脳の役割についてですが、物事を全体的に俯瞰して捉える力が優れているため、イメージ力や直感力記憶力感性が優れてたりと・・・・

 

独特な創造性が必要な場面で、創造性を働かせることが役割になります。

 

 

 

因みに、先ほどの左脳とは真逆で、ほとんどの女性は左脳よりも右脳の方が日常生活の中で使われているため、「女性は感性で動く生き物」であると言われています。

 

 

人間の脳とコピーライティングにはどんな関係性があるのか?

 

 

ここまで、左脳と右脳に関するお話をしてきましたが、

 

今のお話がコピーライティングと一体どんな関係があるの?

 

っと、疑問を抱く方がいるかと思います。

 

 

 

確かに、右脳と左脳について知ることができただけに思えるかもしれません。が・・・

 

実は、人間の脳について理解を深めることは、コピーライティングスキルの向上にかなり必要となることなんですよね。

 

 

特に、左脳よりも右脳について理解を深めることが非常に重要となります。

 

 

 

ではなぜ、そのようなことが言えるのか?というと・・・・

 

右脳に訴えかけることができる言葉(ワード)を、商品やサービスを販売するためのセールスレターなどに盛り込むことができれば、売り上げが一気に上がるからです。

 

そしてその理由は、人間の右脳が、直感や感性に優れている脳だからですね。

 

 

前回の記事で、「人が商品やサービスを購入する時というのは、感情が大きく揺れ動いた時である」っというようにお話したわけですが・・・・

 

逆に言えば、感情がほとんど揺れ動かなければ、いくら商品やサービスの良さを論理的に話されたとしても、購入しようとは思はないわけです。

 

文章が読まれない理由とは?読まれる文章を作るためには「3つのNOT」を意識することが大事!?

 

 

ですので、右脳に訴えかける言葉(ワード)を使うことができれば、相手の直感や感性に響き、感情を揺れ動かすきっかけを作ることができるわけです。

 

 

 

ここで伝えたいことは・・・・

 

重要なこと

コピーライティングスキルを活かして、商品やサービスを購入させようと考えるのであれば、左脳に響くような言葉ではなく、右脳に響く言葉を多用して、文章を構成していくことが重要であるということですね。

 

右脳に訴えかける言葉を使った事例①

 

 

例えばですが、

「このサービスを受けることで、あなたが今現在、何に悩んでいるのか?が具体的に明らかになります!」

という文章があったとします。

 

 

もちろん、普通に読む分には、日本語の文章として何らおかしい文章ではないですし、文章の意味は理解できるかと思います。

 

 

 

ただですね・・・・

 

実はこの文章ですと、サービスの成約率を上げることにおいて、あまり好ましくない文章になってしまっているんですよね。

 

 

 

ではなぜそのようなことが言えるのか?というと・・・・

 

文章中にある「具体的に」だったり、「明らかに」といったワードに原因があるからです。

 

 

もちろん「具体的な」だったり、「明らかに」というワードの意味自体に問題があるわけではありません。

 

 

 

しかしですね、「具体的な」や「明らかに」というワードは、左脳的な言葉(ワード)になるんですよね。

 

 

こうしたワードを文章中に使っていくこと自体が良くないわけではありませんが、左脳的な言葉を多用してしまうと、読んでいる相手の感情を揺れ動かすことができなくなってしまうわけです。

 

 

けど、一体どのように文章を変更していけばいいのかわからないよ

 

っと思われる人がいるかと思いますが・・・・

 

 

例えば、以下のように文章を変更してみるといいです。

 

「このサービスを受けることで、あなたが今現在、何に悩んでいるのか?がハッキリとわかります!」

 

 

上記の文章を見てみると、「具体的に」を「ハッキリと」に変更されていて、「明らかに」を「わかります」と変更されていますよね。

 

 

ではなぜ、このように文章を変更したのか?というと、左脳的な言葉から右脳的な言葉に変更した方が良かったからです。

 

 

 

先ほど、

「右脳に訴えかけることができる言葉(ワード)を、商品やサービスを販売するためのセールスレターなどに盛り込むことができれば、成約率が上がりやすくなる」

といったようなお話をしたかと思いますが、

 

右脳に訴えかける言葉(ワード)を使うことによって、相手の直感や感性に響き、感情を揺れ動かすきっかけを作ることができるわけです。

 

 

 

まとめますと、

 

まとめ

左脳的な言葉「具体的に」、「明らかに」→右脳的な言葉「ハッキリと」、「わかります」

 

上記のように変更したことで、文章の内容を瞬時にイメージできるようになり、読んでる側の感情を揺れ動かしやすくなります。

 

 

そして、読んでいる相手の感情を揺れ動かすことができれば、商品やサービスを購入してもらえる確率が上がるということになります。

 

 

右脳に訴えかける言葉を使った事例②

 

 

それでは、さらに別の例で説明していこうと思います。

 

「この商品を購入するだけで、あなたは一生裕福な生活を送ることができるようになります。」

といった文章があったとします。

 

 

この文章に関しても、先ほどの例と同じように、意味のわかる文章内容になっているかと思います。

 

 

ですが、以下のように文章を変更した場合はどうでしょうか?

 

「この商品を購入するだけで、あなたは一生お金に困らない生活を送ることができるようになります。」

ここに文章

 

 

上記の文章の方が、「どんな生活が送れるようになるのか?」を瞬時にイメージすることができ、「イメージした生活を送ってみたいな〜」っと感情が動きそうですよね。

 

 

 

なぜなら、「お金に困らない」という右脳的な言葉に変更したからですね。

 

 

今回の例に関しても、先ほどお話したように、右脳的な言葉を使うことによって、感情が揺れ動きやすくなり、商品を購入してもらえやすくなるわけです。

 

 

右脳に訴えかける言葉を上手く使うためには?

 

ここまで、右脳に訴えかける言葉を使うことによって、商品やサービスの成約率が向上するということをお話してきたわけですが・・・

 

右脳に訴えかける言葉を使うことに重要性は理解できたけど、実際に右脳に訴えかける言葉を上手く使うのが難しそう…。

 

っと感じる人もいるかと思います。

 

 

確かに、初めからいきなり上手く使っていくことは難しいかもしれません。

 

 

ポイント

ですが、右脳的な言葉を上手く使っていきたいと思った場合には、「数字や具体例」を利用していくように意識すると、自然と上手く使えるようになります。

文章

 

 

 

例えばですが、「お腹のたるみを改善する」という文章があった場合、

 

1ヶ月でウェストを70cmから60cmにする」っというように、数字を用いつつ具体性のある文章となっているため、「1ヶ月でウェストを70cmから60cmにする」という文章の方が、イメージが膨らみやすくなるかと思います。

 

 

まとめ

このように、右脳に訴えかける言葉を上手く使っていきたい場合は、「数字や具体例」を用いるように意識していきましょう。

 

そうすることで、自然と右脳に訴えかける言葉を使うことができるようになり、商品やサービスの購入率を上げていくことができるようになると思います。

 

右脳と左脳とコピーライティングについて理解できましたか?

 

 

今回は、「右脳と左脳がコピーライティングに関係してくるというところから、右脳に訴えかける言葉を使っていくことで、商品やサービスの成約率を上げることができる」という内容について、お話してきました。

 

 

人間の脳とコピーライティングには大きな関係性がないように思えがちですが、実際はかなり密接に関係してきます。

 

 

 

特に、右脳に対する理解を深め、右脳に響く言葉やフレーズを効果的に使えるようになれば、成約率が大きく伸びていきますので、今回の内容は是非理解しておきましょう。

 

 

あなたが取り組まれているビジネスの売り上げが上がっていくようになれればと思います^^