スライドショープラグイン「Easing Slider」の導入と使い方 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

スライドショープラグイン「Easing Slider」の導入と使い方

どうもtaiseiです。

今回はWordPressプラグイン「Easing Slider」の導入と使い方について説明していこうと思います。「Easing Slider」というプラグインを導入しますと、スライドショーをサイト上に設置することができます

スライドショーというと、下の画像のようなものですね。

 

今回は「Easing Slider」の導入と使い方について、動画でまとめましたので、こちらの動画をご覧ください。

 

スライドショープラグイン「Easing Slider」の導入と使い方 動画

 

 

「Easing Slider」の導入と使い方 補足

 

まずは、設定する際のそれぞれの用語を理解しておきましょう。

 

Dimensions

これはスライドショーのサイズを変更できるところです。自分のサイトのサイズにしっかりと合わせて、設定を行いましょう。

 

Transitions

これは画像をどのように切り替えさせるのかというものですね。ちなみに「Slide」を設定するとスライドタイプ「Fade」を設定するとフェードイン・フェードアウトタイプとなります。画像を切り替える際の時間も設定することができます。

 

Next & Previous Arrows

「Arrows」は矢印を意味しており、つまりスライドショーの左右についている矢印の設定ですね。「Arrows」の項目では、矢印をつける(Enable)かつけないか(Disable)の設定ができます。

「On hover」の項目は、「True」 にするとマウスを画像に乗せた時だけ操作用の矢印が表示され、「False」にすると常時矢印が表示されます。「Position」は矢印が画像の外側に出すか内側に出すかの設定です。

 

Pagination Icons

スライドショーの真ん中下に表示されている「。。。」のようなスライドショーにある、画像の枚数を示したものです。枚数を表示させる(Enable)か枚数を表示させないか(Disable)の設定ができます。

「On hover」の項目は、「True」 にするとマウスを画像に乗せた時だけ画像枚数が表示され、「False」にすると常時画像枚数が表示されます。「Position」は画像移動用アイコンを表示する場所です。

 

Automatic Playback

これは、1枚ごとで表示させる画像の滞在時間を設定することができます。「Pause duration」の設定値はミリ秒単位なので、1秒なら1000と入力します。

 

スライドショーの設定方法

 

今回の動画では、ヴィジェットでスライドショーの方を設置しましたが、ヴィジェットで設置できないところに設置したい場合は、下のコードをコピーして頂き、「外観」→「テーマの編集」で設置したい場所に貼り付けて頂ければ、設置することができます。

<?php if ( function_exists( “easingsliderlite” ) ) { easingsliderlite(); } ?>

 

今回ご紹介した「Easing Slider」は簡単にスライドショーを設置することができ、画像内にリンクを貼り付けて、アフィリエイトを行うこともできますので、是非使ってみてください。