Googleアナリティクスの導入と設定方法 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

Googleアナリティクスの導入と設定方法

どうもtaiseiです。

今回は「Googleアナリティクスの導入と設定方法」について説明していこうと思います。今回導入して頂く、Googleアナリティクス(Google Analytics)というのは、Googleが無料で提供しているものであり、自分が運用しているメディア(サイト)を細かく分析することができるアクセス解析ツールになります。

これから自分のメディアを運用していく方は、必ずこのような解析ツールを導入する必要があります。なぜなら、自分のメディアに対する改善点をしっかりと把握することができないからです。ですので今回、無料で使用できるアクセス解析ツールで有名な「Googleアナリティクス」の導入と設定の仕方を動画でまとめましたので、こちらの動画をご覧ください。

 

Googleアナリティクスの導入方法 動画

 

 

Googleアナリティクスの導入方法 補足

 

今回トラッキングコードを貼り付ける方法を2つ紹介しました。

まずは1つ目の「テーマの編集」内にトラッキングコードタグを貼り付ける方法を確認しましょう。

 

まずトラッキングコードタグをコピーします。次にWordPressの「外観」⇨「テーマの編集」の順に進み、「テーマヘッダー(header.php)」を選択します。

 

そしてテーマヘッダー内で </head>を探して頂きます。(※使用しているテンプレートによって場所が変わります)

見つけることができましたら、 </head>の上にトラッキングコードタグを貼り付けていきます。貼り付けたら、Googleアナリティクスの方に戻って頂き、サイトと紐づけられているかを確認しましょう。

 

 

2つ目は「Simplicity(テーマ)」内にトラッキングコードを貼り付ける方法です。

まずは、トラッキングコードをコピーします。次にワードプレスに戻り、「外観」⇨「カスタマイズ」の順に進んでいきます。

すると左下の方に、アクセス解析(Analyticsなど)という項目が見つかるかと思います。あとはその項目に、先ほどコピーしたトラッキングコードを貼り付けて、「保存」を行えば、設置することができます。

 

Googleアナリティクスの設定方法 動画

 

 

Googleアナリティクスの設定方法 補足

 

今回はGoogleアナリティクスの管理者除外設定を行いましたが、よく間違えてしまうポイントがいくつかありますので、注意しましょう。

 

まず、フィルターを追加する際に、フィルターの種類を「除外」ではなく「右のみを含む」にしてしまう人がいますが、

こちらは必ず「除外」に設定しましょう。

 

次にIPアドレスを入力する項目がありますが、こちらのページから自分のパソコンのIPアドレスを確認しましょう。

 CMANトップページ

 

最後に「ビューにフィルターに適用」という項目がありますが、ここで「追加」をし忘れて、そのまま「保存」をクリックしてしまう人が多いですので、必ず「追加」をクリックしてから「保存」を押すようにしましょう。

 

Googleアナリティクス導入の注意点

 

このようにGoogleアナリティクスは、無料でアクセス解析を導入することができます。しかし、Googleアナリティクスを導入する際に、1つ目の方法(「テーマの編集」内にトラッキングコードを貼り付ける方法)で導入した場合、

WordPressのバージョンアップを行うと、貼り付けていたトラッキングコードが削除されている可能性があります。

トラッキングコードが削除されますと、当然ですがGoogleアナリティクスが適用されていませんので、アクセス解析を行うことができません。ですので、WordPressのバージョンアップを行なった後は、必ずGoogleアナリティクスが運用しているサイトで適用されているかを確認しましょう。

 

万が一適用されていませんでしたら、再度「テーマの編集のテーマヘッダー(header.php)」内にトラッキングコードを貼り付けましょう。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。