Google Search Consoleの登録と使い方 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

Google Search Consoleの登録と使い方

どうもtaiseiです。

今回は「Google Search Consoleの登録と使い方」について説明していきます。この「Google Search Console」というものは、Google検索結果でのサイトのパフォーマンスを確認することができる、Googleが提供している無料サービスのものです。Google Search Consoleの登録して頂くと、登録したサイトにおいて、サイトがGoogleにどのように認識されているのかを知ることができ、検索結果でのパフォーマンスを最適化させてくれるものになっております。

またGoogleのクローラーという、サイトを巡回して投稿した記事を、検索エンジンにインデックスしてくれるロボットに対して、記事投稿したことを素早く知らせることができ、すぐに検索エンジンに反映させることもできます。

ですので今回、Google Search Consoleの登録と使い方を動画にまとめましたので、こちらの動画をご覧ください。

 

Google Search Consoleの登録と使い方 動画

 

 

Google Search Consoleの登録と使い方 補足

 

今回の「Google Search Console」の登録において気をつけて頂きたいとポイントは、実際にサイトを登録する時の登録方法です。自分のサイトをGoogle Search Consoleに登録させる方法はいくつか存在しますが、今回は一番わかりやすい「別の方法」の「HTMLタグ」の方法をご紹介しています。

この方法は、このように表示されているメタタグをサイトの方に貼り付ける方法です。

 

こちらのタグをコピーした後は、ワードプレスの「外観」→「テーマの編集」に移っていきます。

そして、「テーマの編集」から「ヘッダー(header.php)」を開きましょう。

 

あとは、先ほどコピーしたタグを</head>の上に貼り付けて「ファイルを更新」をクリックすれば完了です。

そして、Google Search Consoleの方に戻って頂き、下に赤く表示されている「確認」をクリックしましょう。所有権が確認できれば、登録の方は完了です。

 

サイトマップ(Google XML Sitemap)の登録方法

 

以前、「ワードプレスプラグインGoogle XML Sitemapの導入方法」という記事で、ワードプレス内でサイトマップの方を設定して頂いたかと思います。

WordPressにGoogle XML sitemapsを導入する方法【プラグイン】

(※まだの方は、上記のリンクからプラグインを導入してください)

Google XML Sitemapを導入した後に、まだGoogle Search Consoleに登録していない方は、動画で紹介している通り、サイトマップの設定を行いましょう。サイトマップの登録方法は、Google Search Consoleで登録したサイトデータを開き、右側にある「サイトマップ」をクリックし、

その後、一番右にある赤色の「サイトマップの追加テスト」ボタンをクリックします。

 

 

その後、URLを入力する画面が表示されますので、再度ワードプレスの方に戻って頂き、「設定」→「XML Sitemap」の順に開きましょう。

 

次に画像の文字が小さいのでわかりづらいかもしれませんが、赤枠で囲ってある「sitemap.xml」をコピーしましょう。コピーできましたら、Google Search Consoleの方にコピーしたものを貼り付ければ、サイトマップの登録が完了です。

 

Fetch as Googleで記事を素早くインデックスさせる方法

 

最初の方で、Google Search Consoleに登録すれば、Fetch as Googleを利用して、投稿した記事を素早く検索エンジンに反映させることができます。

その方法はこちらの記事に別途載せてありますので、ご確認ください。

Fetch as Googleで投稿した記事を素早く反映させよう!

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。