インフォトップ(infotop)の登録から使い方について | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

インフォトップ(infotop)の登録から使い方について

どうもtaiseiです。

今回は「インフォトップ(infotop)の登録と使い方」について説明していきます。インフォトップは大手ASPサイトであることで有名ですが、ASPとは、購入者、販売者、アフィリエイターの3者を繋ぐ仲介サービスのことを言います。

 

まずは、こちらの動画をご覧頂き、インフォトップのサイトから登録をし、実際に使ってみましょう。

 

インフォトップ(infotop)の登録から使い方について 動画

 

 

インフォトップサイトはこちらから

 

インフォトップに関する補足

 

インフォトップは多くのアフィリエイター達に人気があるASPサイトでありますが、その理由は5つあります。

 

商品の種類が豊富であること

 

1つ目は、商品の種類が豊富であるということです。

インフォトップは他のASPサイトと違って、情報商材系を数多く扱っていると言われていますが、その中でも、様々なジャンルの情報商材を扱っています。

例えばですが、「ビジネス系」「稼ぐ系」「自己啓発系」「コンピューター系」といったものから、「恋愛系」「エンターテイメント系」「生活関係」などがあり、多肢に渡って、商品を選定することができます。

また、動画でもお話しましたが、商品のジャンルを絞って検索をかけることで、自分が運営しているサイトに合った、情報商材を扱うことができますので、成果も出しやすいです。

 

報酬の高い商品が多い

 

2つ目は、報酬の高い商品を多く扱っているということです。

ASPサイトで扱っている商品をアフィリエイターの方が紹介し、成約が決まると、基本的には販売価格の50%くらいが、成果報酬となります。

しかし、インフォトップの場合、成果報酬として受け取れる額を最大で80%までに設定することが可能であり、扱われている商品の中には、販売価格の80%に近い報酬を得られるアフィリエイト商品も存在します。特にインフォトップで扱われている商品は高額なものが多いので、1つの成約が決まっただけで、高額報酬を得ることができます

 

提携申請などの手続きが不要

 

3つ目は、提携申請などの手続きが不要であることです。

通常のASPサイトでは、商品を販売している販売元(販売者)にアフィリエイトの提携申請を出す必要があります。ですので、提携申請がありませんと、アフィリエイターとして商品を販売することができないです。

しかしインフォトップの場合は、アフィリエイトしたい商品が見つかった時点で、商品のアフィリエイトリンクを生成することができます。つまり、販売元に対して提携申請を出す必要がないのです。これにより、販売元からの承認を待つことなく、スムーズに商品をアフィリエイトすることができます

 

商品の審査が厳しいということ

 

4つ目は、商品の審査が厳しいということです。

インターネットでの商品販売は、法律やルールが厳しく、万が一違反行為などに該当した場合、大きな問題となってしまいます。インフォトップでは、そういったトラブルが起こらないように、あらかじめ厳しい基準で商品審査を行っています。そうすることで、アフィリエイターが安全に商品を販売することができます。

 

継続的に報酬が得られやすい

 

5つ目、継続的に報酬が得られやすいことです。

通常のASPサイトで扱っている商品は、毎回商品の成約が決まらないと、報酬が入らない仕組みになっています。しかし、インフォトップでは、月額課金システム」タイプの商品も扱っているので、こうした商品が1回でも成約されれば、毎月定期的に報酬を受け取ることが可能になっていきます

さらにインフォトップでは、「2ティア報酬」というのも導入しているので、継続的に報酬を得られやすです。

 

2ティア報酬とは?

 

2ティア報酬というのは、

アフィリエイターがサイトなどでインフォトップを紹介し、

サイトの閲覧者がリンクをクリックしてアフィリエイター登録をすると、

登録した方がアフィリエイト報酬を上げた場合、

紹介者にもアフィリエイト報酬が上がる仕組みです。

 

例)山田太郎さんのサイトから、印穂花子さんがアフィリエイター登録し、

商品価格1万円 アフィリエイト報酬6千円 2ティア報酬2% の商品を紹介した場合

印穂花子さんは6,000円の成功報酬を得ます。

 

紹介者である山田太郎さんは商品価格の2%の2ティア報酬200円を得ます。

<出典:インフォトップ http://faq.infotop.jp/affiliator/1899?css=style_affiliator>