ビジネスで他力を使うことが重要視される理由とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

ビジネスで他力を使うことが重要視される理由とは?

どうもtaiseiです。

今回は「他力を使うことの重要性」ということについて書いていこうと思います。他力を使うというのは、自分の力だけでなく、他の人のスキルを借りて作業していったり、全てを他人に任せて作業をしてもらったり、あるいはツールやソフト、システムといったものに頼って、自動で作業してもらったりすることを他力と言います。

そしてこの他力ですが、ビジネスにおいてはとても重要であります。ですので、こちらの動画をご覧頂き、他力を使うことの重要性を理解して頂けたらなと思います。

 

他力を使うことの重要性 動画

 

 

自分の時間だけ利用しても大きく稼げない理由

 

ビジネスを始めたばかりの方から、よく相談されることなのですが、「普段の仕事がとにかく忙しくて、ビジネスをする時間がない」という話をよく耳にします。確かにですね、毎日9時間以上も仕事をしなければならない状態ですと、自由に使える時間が少ないので、ビジネスする時間がないというのはよくわかります。特に、仕事を終えた後にビジネスをするとなると、集中できるかどうかも怪しいかと思います。

ですが、誰しもが1日24時間しか時間はなく、それ以上増やすことはできません。

例えばAさんがサラリーマンをしていると仮定した場合、働いた時間に対して給料が支払われます。つまり、サラリーマンを永遠と続けるとなりますと、一生涯でもらえるお金というのは、だいたい把握できるわけです。現在、データとして公開されている、サラリーマンが一生涯で稼ぐ金額というのは、大卒の方で2億5千万円と言われております

このように、サラリーマンとして自力で働いていって稼げる金額というのは、自分が働いた時間によって決まるので、自分が生きている以上の時間を使ってお金を稼ぐことはできないわけです。

しかし、自分でビジネスをしている人は、自分の時間を使って稼げる金額以上にお金を稼いでいます。

 

自分でビジネスをしている人が大金を稼ぐことができる理由

 

自分でビジネスをしている人は、自分の時間を使って稼げる金額以上にお金を稼いでいますが、なぜビジネスをしている人は、そのようにしてお金を稼ぐことができるのかと言いますと・・・

レバレッジをきかせて仕事をしているからです

 

レバレッジというのは、まさに他力を応用的に使うことを意味していますつまり、自分が使える時間以外を上手く利用して、稼ぐ金額を大きくしているというわけです。ではここで、他力を使うというのが具体的にどういうことかを説明したいと思います。

他力を使うと聞きますと、多くの人が「他人の時間を使う」ということを想像されるかと思いますが、様々な意味合いがあります。

 

例えば、あなたがサイトを運営していると仮定した場合、記事を更新していく必要がありますが、自分の作業時間だけでは、どうしても更新できる記事数に限界があります。そこで、自分のサイトに記事を投稿してくれる人を見つけ、記事を投稿してくれた分、報酬を支払うといった形で、記事を外注化すれば、自分の作業時間だけでなく、他人の作業時間も使ってサイトを運営していくことができます。

また、自分の持っている商品を販売していく際に、自分一人だけで商品を販売していくと仮定した場合、お客さんとアポイント取れる人数に限りがありますので、販売規模が小さくなってしまい、売り上げが小さくなってしまいます。しかし、代理店営業として誰かに自分の商品を販売してもらったり、営業マンを雇って、販売規模を増やしていくことができれば、売り上げを大きくすることができます。

 

その他にも、自分のビジネスを始めようとなった時に、大きな資源(お金)が用意できていない場合、本来であれば、自分の時間を使ってお金を用意し、それからようやく自分のビジネスをスタートするといった形になるかと思います。しかし、お金を持っている人から資源(お金)を借りることができれば、自分の時間をかけずに、自分のビジネスを始めることができますよね。

それから、Twitterで集客をしようと考えた時に、毎日多くのTwitterアカウントに、自分ででフォローをしたり、つぶやいたりしていく必要があると仮定した場合、多くのTwitterアカウントに自動でフォローし、自動でつぶやいてくれるツールを導入して、集客を行うことができれば、自分の時間を使うことなくTwitterの集客をすることができるわけです。

 

このように、自分が使える時間だけでなく、他の人が使える時間を使ったり、ツールやシステムに頼ることができれば、レバレッジをかけてビジネスができ、結果的に大きな金額を稼げるようになります

しかし僕もそうでしたが、ビジネスを始めたばかりの人の多くは、レバレッジをきかせてビジネスをすること、抵抗を感じてしまいがちです。

 

ビジネス初心者がレバレッジをきかせなれない理由

 

ビジネス初心者のほとんどの方は、レバレッジをきかせてビジネスをすることに対して、抵抗を感じてしまいがちですが、それは普段から自分一人の時間を使ってでしか、お金を稼いでいないからです

世の中の多くの人がですね、サラリーマンとして働いていると思いますが、自分以外の人の時間を使ってお金を稼ぐということが、イメージしづらいわけですね。また、自分以外の力を使ってお金を稼ぐことに対して、不安を感じてしまうということも挙げられます

 

ビジネス初心者の方がレバレッジをきかせるようにするには?

 

では、どうすればそういった抵抗感をなくせるようになるのか?と言いますと・・・

それは、自分が使える時間の有限性を深く理解することです

確かにですね、ビジネスを始めたばかりの時は、上手くレバレッジをかけてビジネスを回していくといったことを、簡単に行うことは難しいと思います。しかしですね、自分のビジネスを上手く回している人というのは、時間の有限性を深く理解しています。自分ができることなんていうのは限られていますし、稼げる金額も限られているのだと納得しているわけです。そして、「自分が使える時間が限られてるとわかれば、自分が使える時間以外で使える時間を有効的に使うしかないと、結論に至るわけです。

 

ビジネスで成功している人は、とにかくレバレッジをかけてビジネスを回していこうと考えますし、レバレッジをかけることができなければ、大きな成果を出すことができないと思っています。なので、他人やシステム、ツールに任せたりすることは積極的に行なっていきます。

逆に、他人やシステム、ツールに任せられない状況に抵抗を感じるわけです。そのため、ビジネスを取り組んでいく際には、自分だけにしかできないことは自分で作業し、自分以外の人でもできることは、他人やシステムにどんどん頼っていくようにしていきましょう。

そうすれば、大きな成果をあげることができるだけでなく、自分の負担を減らすことにも繋がっていきます。

 

他力を使うことの重要性 まとめ

 

まとめますと、

サラリーマンのような自分の時間を切り売りする働き方では、稼げる金額に限界があります。しかし、自分以外の時間を使うことができれば、さらに大きな金額を稼ぐことができるようになります。

そのためにも、他人の時間やスキルを借りたり、ツールなどを上手く利用することが大切になっていきます。つまり、いかにしてレバレッジをきかせながらビジネス活動を行うことができるのかがポイントになるわけです。

ですので、ビジネスで成功して大金を稼ぎたい場合は、必ずどのようにレバレッジをきかせるかを意識しながらビジネスをしていくようにしましょう。