ロバートキヨサキはネットワークビジネスを推奨しているが始めるのは危険!?アムウェイなどを始めるのが危険な理由とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

ロバートキヨサキはネットワークビジネスを推奨しているが始めるのは危険!?アムウェイなどを始めるのが危険な理由とは?

どうもtaiseiです。

今回は「ロバートキヨサキが本当にネットワークビジネスを推奨しているのか?」についてお話したいと思います。

 

あなたは、ロバートキヨサキという人をご存知でしょうか?

ロバートキヨサキさんは、「金持ち父さん貧乏父さん」というシリーズ本の著者であり、キャッシュフローゲームというボードゲームを考案した人でもあります。この方は、アメリカの投資家や事業家としても有名な方で、金融リテラシーに関してあらゆるところで活躍していますね。

 

ロバートキヨサキさんのことを聞いたことがある人は、ビジネスに関して興味がある人だと思うんですよね。

 

また、ネットワークビジネスに勧誘された時に、初めて名前を知ったと答える人は多いです

(実際、僕もネットワークビジネスに勧誘された時に、初めてロバートキヨサキさんのことを知りました。)

 

ちなみに、どうしてネットワークビジネスに勧誘される時に、ロバートキヨサキさんの名前が出てくるのか?わかりますでしょうか?・・・

 

それは、ロバートキヨサキさん自身がネットワークビジネスを推奨しているからなんですよね。

 

ネットワークビジネスに勧誘してくる人達は、

金持ち父さん貧乏父さんの著者で有名なロバートキヨサキさんが、ネットワークビジネスを推奨しているのだから、ビジネスをやるならネットワークビジネスがいいよ!

と話して、ネットワークビジネスの凄さを伝えようとしてくるかと思います。

 

確かに、ロバートキヨサキさんはネットワークビジネスを推奨しているので、「ネットワークビジネスって、優れたビジネスなんだろうな〜」と、思う人もいるでしょう。

 

ただですね、あなたにお聞きしたいのですが・・・

 

ネットワークビジネスで成功した人をどのくらい知っているでしょうか?

 

・・・・

成功した例ってあまり聞かないですよね…。

 

特に、自分の周りでネットワークビジネスを始めて、成功したっていう人は、いないかと思います。

 

ちなみにですが、ネットワークビジネスで有名なアムウェイですが、実際に成功している人の割合は約1,1%ほどであるとデータで表されています。↓↓

アムウェイで稼げるは嘘!?洗剤デモ実験も嘘なのか?収入額や実態を公開!

 

つまり、ネットワークビジネスをやっている人のほとんどが、成功していないということが言えるわけです。

 

ただ、そんなビジネスモデルであるにも関わらず、ロバートキヨサキさんは、ネットワークビジネスを推奨しているので、疑問を感じるところではあるかと思います

 

なので、ここからは、ロバートキヨサキさんが主張していることと、実際にネットワークビジネスを始めて失敗に終わってしまう点を考察して、疑問を解消していこうと思います。

 

あくまでキャッシュフロークワドラントの観点で推奨しているに過ぎない

ロバートキヨサキさんは「金持ち父さん貧乏父さん」の本の中で、キャッシュフロークワドラントというものを紹介していました。

このキャッシュフロークワドラントという言葉の意味ですが、「クワドラント」という言葉から想像するに、4つに区分したお金の流れを示しています。つまり、世の中の人たちは4つの区分のうちのどれかの方法でお金を得ているということになるわけです。

 

そして、4つの区分ですが、「E」「S」「B」「I」の4つの区分に分かれることになります。

E」・・・従業員(Employee)

S」・・・自営業者(Self Employee)

B」・・・ビジネスオーナー(Business Owner)

I」・・・投資家(Investor)

 

そして、ロバートキヨサキはこの4つの区分を以下の図のように表しています。↓↓

 

上記の表を見て頂くとわかりますが、「従業員」と「自営業者」は労働収入に当てはまり、「ビジネスオーナー」と「投資家」は権利収入に当てはまります

 

労働収入というのは、一般的なサラリーマンの人達のように、自分の体や時間、能力を使ってお金を得ている働き方のことを言います。労働収入の働き方はなとなくイメージできるかと思います。

 

それに対し、権利収入というのは何かと言いますと、自分は何もせずとも、他人の時間を使ったり、他人の能力、あるいはシステムを使って、お金を得ている働き方のことを言います。

 

 

ロバートキヨサキさんは労働収入では、時間的にも経済的にも自由にはなれず、一生不自由な生活をしてしまうと話しています。

が、しかし一方で、権利収入の働き方をすれば、お金にも時間にも恵まれて、自由な生活を送れると話しています。

 

つまり、ロバートキヨサキは権利収入を得て、自由な暮らしを送るためには、労働収入型の働き方から、「ビジネスオーナー」や「投資家」のような権利収入型の働き方に移るように説明しているわけですね

 

 

さて、ここまでの話をまとめますと、ロバートキヨサキさんは、

権利収入型の働き方を目指すことが、仕事を楽しくしてくれる一番の方法である

ということを伝えたいわけですね。

 

 

ただですね・・・

権利収入を得るには、一体どうすればいいのか?」っと疑問を抱く人が多いわけです。

 

 

そのためロバートキヨサキさんは・・・・

多額の資金を必要とせずに、誰でもすぐに始めることができるネットワークビジネスを、権利収入型の1つの例として紹介したのです。

 

実際、YouTube動画などで検索をしてみると、ネットワークビジネスについて説明している動画がいくつかあります。

 

例)ロバート・キヨサキが奨めるネットワークビジネス

 

このように、ロバートキヨサキさんは、ネットワークビジネスを始めれば、権利収入を得ることができると話しているんですよね。

 

ですが・・・

ロバートキヨサキが本当に伝えたいことは、ネットワークビジネスを始めて成功して欲しいということではないのです。

 

ロバートキヨサキさんは、あくまで、

権利収入を得るイメージを与えるため

誰でも始めることが可能なビジネスであることを伝えるため

という理由で、ネットワークビジネスを紹介しているに過ぎないわけです。

 

金持ち父さん貧乏父さん」の本の中で、ロバートキヨサキさんがネットワークビジネスを推奨しているからといって、始める人が多いですが・・・、ネットワークビジネスで生活できるレベルの権利収入を得ることは、簡単なことではありません。

 

 

ネットワークビジネスを始めてみるとわかるのですが、成功するためには、

たくさんの人に対してアポイントをとる勇気

信用されるような人間力

断られても平気でいられるメンタルの強さ

などが必要です。

 

なので、ロバートキヨサキさんが推奨しているビジネスだからといって、ネットワークビジネスを始めるのは、やめたほうがいいですね。

 

ネットワークビジネスは日本で流行りにくいビジネス

アメリカという国は、日本と違って起業やフリーランスなどといった、個人の力で活躍しようとしている人を応援しようとする国なんですよね。

 

なので、アメリカは会社に雇用されて安定的に働くような人をあまり好ましく思っていません。むしろ、ネットワークビジネスのような個人で働いていくような仕事を応援するわけですね

 

しかし逆に、日本という国では、ネットワークビジネスのような、個人で働いていく人をあまり好ましく思いません。

なぜかというと、日本は昔から会社に雇用され、安定した環境の中で仕事をするという働き方が当たり前だったからですね。

 

むしろ日本では、個人で働いていくことや、起業して事業を展開するようなことは、リスクがあったり、危険が伴ってくるので、日本ではむしろ引き止められる傾向にあります

 

また、日本ではネットワークビジネスに対して、かなり怪しい印象を持っている人が多いですよね?

 

なぜ、怪しい印象を持っている人が多いのかというと・・・

ネットワークビジネスをやっている人に対して、信用できる人がいないからですね。

 

今でもそうですが、日本でネットワークビジネスをやっている人は、後ろめたさを持ちながら活動している人が多いです

なので、日本では「ネットワークビジネスに勧誘されるのは危険」というレッテルが貼られてしまい、今では「ネットワークビジネス」という言葉を聞いただけで、嫌がる人が大勢いるわけですね。

 

 

このように、ロバートキヨサキさんは、ネットワークビジネスを推奨しているわけですが・・・

日本でネットワークビジネスを始めることを推奨しているわけではないのです!

 

あくまで、アメリカなど海外の国の視点からみて、推奨しているだけなのです…。

 

ロバートキヨサキさんがネットワークビジネスを推奨しているからといって、安易に始めてしまうのは危険でしょう

 

ロバートキヨサキとネットワークビジネスのまとめ

 

これからの日本経済は、ますます不況に入っていくことが予想できますし、一生会社に勤め続けて、安定した暮らしをすることは、もう難しいと考えられます。

 

そういった意味でも、ロバートキヨサキさんが話す、「キャッシュフロークワドラント」のお話は、今後の社会を生きていく上で、とても大切な考え方になります。

 

しかし、だからと言ってネットワークビジネスを始めたとしても、日本では成功できる確率が極めて低いです。

 

ネットワークビジネスに関しては、あくまでキャッシュフロークワドラントで使われている一例に過ぎないのだと捉えた方がいいです。

 

もし、これからの働き方を変えていきたいと考えているのであれば、初めは「インターネットビジネス」に取り組んだ方がいいかと思いますし、個人的にはその中でも、「アフィリエイト」に取り組むことをお勧めしますね。

 

アフィリエイトであれば、ネットワークビジネスと違って、商品を広める活動などはせずに、パソコン1台あれば1人でこっそりと活動することができます

もし、在宅で副業をしたいとか、好きな時に取り組めるビジネスがしたのであれば、あなたにぴったりのビジネスだと思います。

 

当サイトでは無料で配布しています、アフィリエイト教材がダウンロードできますので興味がありましたら、是非手にとってみてください。