お金に恵まれている人の特徴がわかる!お金の循環を良くしている人が考えてることとは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

お金に恵まれている人の特徴がわかる!お金の循環を良くしている人が考えてることとは?

どうもtaiseiです。

今回は「お金に恵まれている人の特徴がわかる!お金の循環を良くしている人が考えていることとは?」というテーマでお話していこうと思います。

 

あなたは「自分はお金に恵まれない…。」っと感じることがよくありますか?

 

確かに今の時代、会社の給料も下がっていたり、消費税が上がってきたりと、お金に苦しい時代になってきているなと感じますよね…。

僕自身も、昔はお金に苦しい生活をし続けていたことで、「お金に恵まれていない…。」っと感じることがよくありましたね。

 

 

ただですね・・・

 

世の中には、お金に恵まれながら、人生を楽しく生きている人もいるわけです。

 

そのため、ここからは、「お金に恵まれている人の特徴」について、詳しくお話します。

 

お金に恵まれている人の特徴とは?

お金が恵まれている人の特徴をみていくと、実はある共通点があることがわかります。

その共通点というのは・・・

 

お金の循環をよくしているということです。

 

 

お金に恵まれている人というのは、この「お金の循環」というものをよくしているわけですが、逆にお金に恵まれていない人は、お金の循環を悪くしている可能性が高いです

 

では、「お金の循環とは一体何のことを言うのか?」を説明します。

 

お金の循環とは一体何か?

お金の循環」というのは、お金の流れを示したものであり、実はお金の流れというのは決まっているんですよね

 

では、「お金の流れとは、どういう流れを意味しているのか?」というと・・・

 

 

やってくる・・・お金を得ること

とどまる・・・・お金が自分の手元にある状態

離れていく・・・お金を支払うこと

< https://taiseee.com/money-teachings-3808

 

このような流れでお金は循環されているわけですが、この流れが逆になったり、順序が変わるということはありえないですよね

なぜかというと、お金がやってこなければ、とどまるお金もないですし、自分のところにとどまっているお金がなければ、離れていくお金もないからですよね?

 

 

つまり、お金の流れは必ず、「やってくる→とどまる→離れていく」の順で流れていくわけです。

 

 

さて、ここであなたに聞きたいのですが・・・

このようなお金の循環から、自分のところにずっと存在するお金はあると思うでしょうか

 

ないですよね…?

 

 

ここで理解して欲しいことは、もともと「自分のお金」なんていうのは、存在していないということです。

 

 

例えば、自分のお財布を見てもわかるかと思いますが・・・

生まれてから死ぬまでの間で、あなたの手元にあるお金はないですよね

 

確かに、一時的には自分の手元にお金があるかもしれませんが、いずれ離れていくわけです。

 

お金に恵まれていない人は、自分の手元から離れていくお金をみては、「自分のお金がどんどん無くなっていく…」っと思いがちなのですが、実際は、最初からもともと自分のお金などは存在せず、常に自分の周りで流れ続けているものなのです。

 

どんな意識でお金を流せばいいのか?

ここまで、お金の流れについてお話してきたわけですが・・・

まずは、「お金の流れ」が誰にでも流れているものであると認識することが大切です。

 

つまりお金というのは、どんな人でも「やってくる→とどまる→離れていく」と、流れているわけですね。

 

そして、このお金の流れについてですが・・・・

普段、どういった意識で循環させているかによって、「お金に恵まれるのか?」それとも、「お金に恵まれないのか?」が決まってきます。

 

 

では、「お金に恵まれている人は、どのような意識でお金を流しているのか?」というと、それは・・・

 

 

お金を喜んでもらい→お金を喜んでためて→お金を喜んで使う」という意識でお金を流しているんですよね。

 

 

つまり、お金に恵まれている人は、常に喜びを感じながら、お金を循環させていると言えるわけです

 

このように、お金を喜びながら循環させることができれば、自分に回ってくるお金というのは、常に「生気」のお金として回り続けるようになり、常にお金に恵まれた状態になります。

 

生気のお金を循環させるためには?

お金に恵まれている人は、自分の周りに「生気」のお金を回し続けているわけですが、お金に恵まれていない人は、生気ではなく、ただ単にお金を回している可能性が高いです

 

では一体、「どうすれば、生気のお金を循環させることができるのか?」というと・・・

 

例えばですが、誰かからお金を受け取る際に、「喜んで受け取ることができるのか?」それとも、「遠慮してお金を受け取らないのか?」であれば、喜んでお金を受け取ることができる人に生気のお金が循環していきます。

 

給与明細を見て、「これだけしかお金が振り込まれていない…。」と思うのか?それとも、「こんなにお金が振り込まれている!」と思えるのか?では、「こんなにお金が振り込まれている!」っと思える人に生気のお金が循環していきます。

 

あとは、財布の中身を見て、「これしかお金がない…。」と思うのか?、それとも、「こんなにお金がある!」と思うのか?では、「こんなにもお金がある!」っと思っている人に生気のお金が循環していきます。

 

 

つまり、「これしかお金がない…。」っと思っていれば、お金を使う時に、嫌々した気持ちで使うようになってしまうわけですが、逆に「こんなにお金がある!」っと思っていれば、喜んでお金を使うことができるわけです

 

このように、一円だろうがどんな金額であろうとも、お金に対して喜びやありがたみを感じることができれば、生気のお金が循環していくと言えます。

 

お金の循環に殺気を流してはならない?

また、お金には生気のお金として循環させることができるわけですが・・・

逆に、「殺気」のお金として循環させてしまう恐れもあるんですよね…。

 

基本的に殺気のお金として循環させてしまう時というのは、お金を支払った時に、損をした惜しいことをした支払いたくない、などと、お金に対してマイナスなイメージを持ってしまった場合です。

 

 

例えばですが、家賃を払う時、光熱費を支払う時、通信費用などの固定費に対して、払いたくない損をしている、などと感じる人がいるわけですが・・・

実際には、電気や水道は使っており、家にも住んでいるわけですし、携帯も利用しているわけですよね?

 

なので、固定費の支払いに対して、損をした、とか、支払いたくない、などといったマイナスなイメージを抱くのはおかしいわけですよね…。

 

 

このように、固定費として支払っているものは、義務感として感じられてしまう傾向にあるわけですが、お金を支払うということは、失うということではありません。必ず、何かしらの商品やサービスを提供してもらえているわけです

 

なので、お金を支払う時に、損をしていると思って、支払っているのであれば、殺気のお金として循環させている状態であると言えます

 

そして、殺気のお金として循環させていると、受け取るお金に対しても殺気が流れていることになるので、ますます、お金に恵まれない人になってしまうでしょう…。

 

得られることにフォーカスすることが大切

お金を支払う時に、あなたはどこにフォーカスをするでしょうか?・・・

 

実は、お金に恵まれている人と、恵まれていない人とでは、お金を支払った時に、フォーカスしているところが違ってくるんですよね。

 

ではどのように違うのか?というと・・・

 

お金に恵まれている人は・・・お金を支払った後に得られた商品やサービスにフォーカスしている

お金に恵まれていない人は・・・お金を支払った後に、自分の手元にあるお金にフォーカスしている

 

という違いです。

 

なので、お金に恵まれていない人の場合は、自分が支払って手に入れたものを見ていないんですよね…。

 

例えばですが、1ヶ月の間、長時間電話を利用したにも関わらず、高額な電話料金を請求されて、「お金を取られた」と感じたり、一般道路などの公共機関を毎日のように利用しているにも関わらず、税金を支払うことに対して、「お金を奪われている」と感じたりするといったようなことですね。

 

 

確かに、毎月のように支払う必要があるものに関しては、得られるサービスにフォーカスしにくいかもしれません。が・・・

常にそういった意識を持ち続けて入れば、やはり「殺気」のお金を流すことになります。

 

 

しかし・・・

一方で、「生気」でお金を循環させている人は、失ったお金にフォーカスするのではなく、お金を支払って得たことに対してフォーカスし、喜びを感じようとするんですよね。

 

例えばですが、高額な金額を支払う必要のある高級レストランに入ったが、美味しい料理とおしゃれな雰囲気を味わったことで、「とても有意義な時間を過ごせた」っと実感できたり、「いま現在着ている、あるいは持っている洋服があるからこそ、自分はオシャレができるんだ!」っと思えたりするということです。

 

このように、自分が得られている商品やサービスに対して、「喜び」をしっかりと感じることができれば、「生気」のお金が循環していくようになります

 

大切なことは、「自分がお金を支払った瞬間、あるいはその後に得られたことに対して、どれだけ意識を向けることができるか?」というところです。自分自身で常に、「喜び」や「満足感」を感じるようになれば、金運が開花して、富裕層の道が切り開いていくようになるでしょう。

 

生気のお金を流す習慣を作るコツとは?

 

もし、あなたがお金に対して「殺気」を向けているのであれば、お金に対する意識を変えて、「生気」のお金を流すようにしていく必要があります。

 

しかし・・・

「生気」のお金を流すには、「具体的にどんなことをしていけばいいのかわからない…。」っと思うかもしれません。

 

そのため、ここからは、「生気のお金を流すための習慣作り」について、お話していきます。

 

部屋を綺麗にする

生気のお金を流すコツの1つ目は、部屋を綺麗にし、整理整頓することです。

 

なぜかと言うと・・・

人は部屋が汚かったり、モノが産卵していたりすると、思考が混乱するからなんですよね…。

 

 

例えば、部屋の中がモノが溢れていたりすると、あらゆるモノが目に入ってしまい、気が散ってしまうことが多いです

 

また、部屋が散らかっていたりすると、

自分のやるべきことがわからなくなってしまう

集中力が持続できず、だらけてしまう

などといったことになりやすいです。

 

そのため、生活、お金、人間関係、健康など、全てにおいて、何かを決定したり、判断したりするときに、判断が雑になってしまう可能性が高いんだそうです…。

 

そして、雑な行動ばかりをとってしまうことによって、イライラし始めたり、不機嫌になってしまったりして、周りの人に迷惑をかけてしまうなんてことにもなりえます。

 

 

しかし・・・

 

部屋を綺麗に掃除し、モノを片付けたり、減らしたりすることができれば、雑な行動が減っていき、運気が良くなる行動を取ることができるようになれます。

 

 

なぜかと言うと・・・

部屋を綺麗に掃除をしたりすることで、部屋の周りに清々しい「気」を循環させることができるようになるからなんですよね

 

部屋の周りが清々しい「気」で循環すれば、自分の集中力も持続し、不機嫌になることもなくなるので、生気のお金が流れてくる行動を取ることができるわけです。

 

このように、部屋の中を掃除をしたり、整理整頓をする習慣を身につけることは大切だと言えます。

 

テレビは一切見ないようにする

生気のお金を流すコツの2つ目は、テレビを見ないということです。

 

なぜかと言うと・・・

テレビを見続けてしまうことによって、たくさんの運気が逃げてしまう恐れがあるからなんですよね…。

 

 

確かに、今の世の中は、テレビ中心の生活スタイルが出来上がり、多くの家では、頻繁にテレビを見続けていたり、テレビをつけっぱなしにしているところがあるかと思います。

 

 

しかし・・・

 

実はテレビを見続けることは、脳に良くないんですよね…。

 

なぜかと言うと、テレビをつけっぱなしでいることで、脳に余計な情報がたくさん入っていくようになり、「自分の頭で考える力」が弱まってしまうからです。

 

なので、もし毎日テレビを見続けるといった生活を続けていけば、大事な決断をするときなどに、誤った判断をしてしまう可能性が高いと言えます。

 

 

また、テレビを見るということは、自分が抱えている問題から目を背けようとしている姿勢に近いものがあることから、逃げ癖なんかもついてしまう恐れがあるようです…。

 

確かに、面白い番組や自分が興味のあることが放送されていたりすると、ついつい見続けてしまいがちです。が・・・

ただボーッとテレビを見ていては、自分の時間を犠牲にしているようなものです

 

 

なので、テレビをつけっぱなしにするのではなく、極力見ないようにしましょう

 

そうすれば、自分の時間を犠牲にすることなく、「自分の頭で考える力」を身につけることができるようになるので、誤った判断をすることもなくなります。もし、暇な時間ができたのであれば、ネットで自分の興味があることを調べたり、本を読んだり自分が抱えている問題についてじっくり考えたりするのがいいですね。

 

家の中をリゾートホテル化させる

生気のお金を流すコツの3つ目は、家の中をリゾートホテルのようにするということです。

 

先ほどお話した、「部屋の中を綺麗にすること」も、当然重要ですが・・・

家の中全体をリゾートホテルのようにすると、もっとたくさんの運気が流れてくるんですよね

 

 

例えば、家の中にある服装や持っているモノが汚かったり、ボロボロになっていれば、豊かさを感じることは難しいように思えるでしょう…。

 

 

しかし・・・

高級ホテルのような部屋をイメージして、自分の家の中をイメージ通りにしていくことができれば、運気が一気に上昇していき、豊かさを感じやすくなれます

 

 

実際に高級ホテルの中をイメージして頂くととわかりますが、部屋が散らかっていたり、色んなモノで溢れていたり、ホコリまみれになっていたりすることはなさそうですよね?

 

なので、高級ホテルの一室をイメージしながら、家の中を少しずつ変えていきましょう

 

そうすれば、常に居心地がよく、豊かさを感じることができる家を作ることができ、生気のお金を流すことができるようになります。

 

お財布に居心地のいい場所を与える

生気のお金を流すコツの4つ目は、お財布に居心地のいい場所を与えるということです。

 

なぜかというと・・・・

大切に扱うことで、運気を上げることができるからですね。

 

 

例えば、人に好かれようと思った時というのは、まず相手のことを考えて、大切にしようとするかと思います。

つまり、相手のことを大切に考えてあげることができれば、たくさんの人から好かれるようになるわけですね

 

しかし・・・

「お金に恵まれたい」と思っている人に限って、お金が入っているお財布を、日常的に使うものだからといって、汚く使ってしまったり、小銭やお札を雑にしまったりしてしまうそうです…。

 

 

なので、もしお金を大切に思うのであれば・・・

 

自分が持っているお財布を大切に扱っていく必要があると言えます。

 

 

例えばですが、

お財布の中に入っているお札の向きを整える

レシートをむやみに入れず、カードや会員証なども整理しておく

家に帰って、お財布をしまう時には、綺麗な箱にしまって、ホコリが被らないようにする

など、お財布を大切にする行動が大切です。

 

そうすれば、生気のお金が自分の周りで循環するようになっていき、お金に恵まれていくようになるでしょう

 

 

とにかく大切なことは、「お財布の中身を清潔にし、整理し、整頓させることを心がけ、お金に感謝の気持ちを持つ」ということですね。

 

まとめ

 

お金に恵まれていない」と感じる人もいれば、一方で、「お金に恵まれている」と感じている人がいるわけですが、その違いがどこにあるのかというと、やはり「意識」であると言えます。

 

お金を大切に扱ったり、お金を支払って得たことに対して、意識を向けることができれば、金運が開花していき、お金に恵まれるようになります。が・・・

 

逆にお金を雑に扱ったり、むやみにお金を使ったり、お金を支払って何かしらの商品やサービスを手に入れたにも関わらず、「お金を取られた」と意識すれば、金運が開花することはないです。

 

なので、お金に恵まれたいと思うのであれば、お金に対する「意識」を変えるようにしていきましょう

 

 

僕自身もお金に恵まれていなかった時は、お金に対する意識があまりよくなかったので、イライラしたり、仕事が上手くいかなかったりしていました。

 

ですが、お金に対する意識を変えるように努力した結果、自分で立ち上げたWEBサイトでお金を稼ぐことができたり、WEBサイトの運営事業を行なっている会社からオファーをもらうことができたりと、どんどん「喜び」を感じることができるようになったんですよね。そして、今では専業アフィリエイターとして独立することができ、自由気ままな生活を送ることができるようになりました。

 

ただ、僕はこうした生活が送れるようになって、たくさんの「喜び」を感じながら生活できるようになったわけですが・・・

やはり、「もっとたくさんの人と自由な時間を共有したい!」という思いがだんだんと強くなっていきました。

 

そこで・・・

WEBサイトを立ち上げてお金を稼ぐ方法」をわかりやすく教材にまとめようと思い、僕は長時間かけて家にひきこもりながらコツコツと作成していきました。

 

もし、興味があれば・・・

この下に掲載しているリンクから無料でダウンロードできますので、是非手に取ってみて下さい