【プラグイン】NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入から使い方を解説! | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

【プラグイン】NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入から使い方を解説!

どうもtaiseiです。

今回は「NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入から使い方」について説明していこうと思います。このプラグインはサイトに投稿した記事をFacebookやTwitterなどのSNSアカウントにも同時に、しかも自動で投稿できるプラグインであります。

ブログやサイトを使用して記事を投稿していくのは当たり前ですが、最近ではサイトをSNSと紐付けて投稿するようになりました。今の時代ではインターネットがますます発展していますので、SNSなどを利用して記事を拡散させることもできます。

今回はそんな便利なプラグインを紹介するわけですが、設定を行うのが少し難しいです。

そのため、【NextScripts: Social Networks Auto-Poster】の導入から使い方を動画でまとめましたので、まずはこちらの動画をご覧になりながら、プラグインを導入して、設定して頂ければと思います。

【NextScripts: Social Networks Auto-Poster】の導入から使い方 動画

 

 

プラグインの検索をする際には、下記のように入力してください。

→NextScripts: Social Networks Auto-Poster

 

Facebookアカウントのアプリを設定するやり方

 

今回紹介するプラグインを有効化しましたら、次にダッシュボードから「設定」を選択し、「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」の項目を選択しましょう。

ここからいよいよ設定を行っていくのですが、まずはFacebookアカウントに関する設定を行っていきます。最初にFacebookを選択しますと、このような画面に移るかと思います。

 

動画でも説明していますが、Facebookアカウントを設定する際には、以下の項目を入力する必要があります。

 

APP ID

APP Secret

 

そして、この2つの項目を入力するためにはFacebookアカウントのアプリを設定する必要があります。まずはこちらからFacebookアプリを設定するためのサイトに入りまして、「APP ID」と「APP Secret」を取得しましょう。

 

Facebookアプリのトップページ

Facebookアプリトップページ

 

ログインできましたら、右上の「マイアプリ」→「新しいアプリを追加」の順にクリックして頂きますと、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

①表示名に関しては、作成したFacebookページの名前にしましょう。②メールアドレスは任意で大丈夫です。

また、③カテゴリの選択は作成したFacebookページのジャンルにあったものを選択しましょう。①〜③まで入力できましたら、④「アプリIDを作成してください」をクリックしましょう。

 

※Facebookアプリの設定方法につきまして、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして、Facebookアプリを設定して頂ければと思います。

Facebookページをウェブサイト上に表示させる方法

 

Facebookアプリの設定が完了しましたら、「マイアプリ」→「作成したアプリの名前」の順にクリックしてください。すると以下のような画面に移るかと思います。

 

この画面を見ますと、「APP ID」と「APP Secret」が表示されているのがわかるかと思います。ここで表示されている「APP ID」と「APP Secret」をコピーして、先ほどのプラグインの設定画面でペースト入力していきましょう。

ちなみにですが、「APP Secret」は初め非表示になっていますので、表示させたい場合は「表示」をクリックして、表示させてからコピーしてください。

 

Facebookアプリとサイトを紐付けるやり方

 

次にFacebookアプリとサイトを紐付ける作業をしていきます。まず初めに、左側にある①「設定」をクリックしまして、そのあとに下の②「プラットフォームを追加」をクリックします。

そうしますと、このような画面が表示されまして、次に「ウェブサイト」をクリックします。

 

クリックすると、ウェブサイトのURLを入力する項目が表示されるので、サイトのトップページURLを入力し、右上の「クイックスタート」を押しましょう。

下にスクロールしますと、以下のような画面が表示されるので、①もう1度サイトのトップページURLを入力して、②「Next」をクリックしてください。

 

また下にスクロールしますと、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

「finish」になってましたら、再度Facebookアプリの画面を開き、「設定」からウェブサイトが紐付けされているかを確認しましょう。

 

 

Facebookアプリが公開状態になっているかの確認

 

最後に確認したいことは、設定したFacebookアプリが公開状態になっているか?ということです。公開状態になっていませんと、Facebookページとウェブサイトを紐付けして、Facebookページに記事が投稿されたとしても、投稿した記事がFacebookページ上に表示されません。ですので、しっかりと確認しましょう。

確認の仕方は、Facebookアプリのトップ画面から「アプリレビュー」をクリックします。

すると以下のような画面が表示されますが、この画像の一番上にある「〜を公開しますか?」をみて見ましょう。この部分が「はい」になっていれば公開状態ですが、「いいえ」になっていますと非公開状態になっていますので、必ず「はい」に切り替えてください。

 

できましたら、これでFacebookアプリの操作は完了です。

 

Facebookページログインレビューの申請方法について

 

「APP ID」と「APP Secret」が入力でき、Facebookアプリの設定が完了しましたら、最後にFacebookページのログインレビュー申請をしていきます。

先ほどのプラグインの設定画面に戻りましたら、下の画像にあろうように、「Authorize your account」をクリックしましょう。

クリックしますと、 Facebookページのログインレビュー申請が始まります。

申請のやり方については、特に難しくありませんので、指示に従って入力を完成させていきましょう。

 

 

Facebookページとウェブサイトが紐付いているかの確認方法

 

Facebookページとウェブサイトが完全に紐付いてない場合、記事を自動で投稿することができませんので、確認していきましょう。確認の仕方は再度プラグインの設定画面に戻りまして、紐付けしたSNSの欄をみてFacebookページの「show setting」をクリックします。

下の方にスクロールすると、以下のような画面が表示されますが、ここで緑色の「submit test post to Facebook」というボタンがありますので、こちらをクリックしましょう。

すると、紐付けが完了されているかのテストが始まりますので、しばらく待ちます。

そして最後に、以下の画像のように「success」 と表示されますと、紐付けが完了しているのだと確認することができますので、②「OK」を押しましょう。

最後に一番下にある「update account info」押せば、確認は完了です。

 

Twitterアプリの作成について

 

Facebookページの設定が完了しましたら、次にTwitterの設定を行いましょう。「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」プラグインとTwitterアカウントを紐付けるためには、Twitterアプリの設定を行う必要があります。

まずは、Facebookページと同様に、「Twitter」を選択しましょう。選択しましたら、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

動画でも説明していますが、Facebookアカウントを設定する際には、以下の項目を入力する必要があります。

TwitterアカウントのトップページURL

API Key

API Secret

Access Token

Access Token Secret

 

そして、この5つの項目を入力する必要があるのですが、そのうちに4項目はTwitterアカウントのアプリを設定する必要があります。まずはこちらからTwitterアプリを設定するためのサイトに入りまして、「API Key」と「API Secret」、「Access Token」、「Access Token Secret」を取得しましょう。

 

Twitterアプリのトップページ

Twitterアプリトップページ

 

トップページに移りましたら、まずは紐付けしたいTwitterアカウントでログインしましょう。ログインする際には、右上の「Sign in」からログインするか、Twitterトップページからログインを行なってください。

Twitterアカウントのログインができましたら、真ん中にある「Create New App」をクリックしましょう。

 

Twitterアプリの登録の仕方について

 

「Create New App」をクリックしましたら、以下のような画面が表示されているかと思います。

ここで入力する必要があるのは、「Name」、「Description」、「Website」、「 Callback URL」の4項目です。

「Name」・・・任意の名前で大丈夫です。(日本語でもOK)

「Description」・・・サイトの説明(簡単にで構いません)

「Website」・・・サイトのトップページURLを入力

「 Callback URL」・・・これもサイトのトップページURLを入力します

 

入力ができましたら、下にスクロールして頂きます。すると以下のような画面になります。

ここで、「利用規約」を確認することができますので、確認しましたら、①チェックマークにチェックを入れましょう。それから最後に②「Create your Twitter application」をクリックしていきます。

 

※「Create your Twitter application」をクリックした時に、以下のような画面が表示されましたら、Twitterアカウント上で携帯電話番号の認証を完了させる必要があります。

完了させる場合は、Twitterアカウントに移り、トップページから「設定」→「Twitterデータ」(パスワードを入力)→「電話番号を追加」→「電話番号を入力」→「認証用コードを入力」(携帯にコードが送られます)→「電話番号を認証する」をクリック

認証が完了しましたら、再度Twitterアプリの画面に戻りまして、「Create your Twitter application」をクリックしてみましょう。

 

Twitterアプリの設定の仕方について

 

Twitterアプリの登録が無事に完了しますと、以下のような画面に移るかと思います。

 

登録内容が間違っていないか確認ができましたら、上のタブに表示されている①「Permissions」をクリックしてください。そうしますと以下の画面に移るかと思います。

②ここで確認したいことは、Accessのところで「Read and Write」にチェックが入っているかどうかです。ここで「Read and Write」にチェックが入って入れば大丈夫ですが、入っていない可能性もありますので、「Read and Write」にチェックを入れ直すようにしましょう。

設定を変更する場合は、下にある③「Update Settings」をクリックして保存してください。

 

Twitterアプリにある重要な情報の確認方法とは?

 

いよいよTwitterアプリから必要な4項目の情報を取得したいと思います。まず初めに上のタブにある①「Keys and Access Tokens」をクリックしてください。そうしますと、以下のような画面に移るかと思います。

ここで確認できることは、②「API Key」と③「API Secret」です。それぞれコードが表示されているか確認が取れましたら、下にスクロールして頂きまして、Token Actionにある「Create my access token」をクリックしましょう。

 

そうしますと、以下のような画面が表示されます。

ここで確認できる項目は、③「Access Token」と④「Access Token Secret」です。

それぞれコードが表示されているか確認ができましたら、4項目のコード全てを確認することができましたので、プラグインの設定画面に4項目のコードをそれぞれ間違えないようにコピー&ペーストしていきましょう。

完了しましたら、最後に下にある「Add Account」をクリックしてください。

 

Twitterアカウントとプラグインが紐付いているかの確認方法

 

Twitterアカウントとプラグインの紐付け設定が完了しましたら、Facebookページと同様に、紐付いているかの確認を行いましょう。確認の仕方は再度プラグインの設定画面に戻りまして、紐付けしたSNSの欄をみてTwitterの「show setting」をクリックします。

 

下の方にスクロールすると、以下のような画面が表示されますが、ここで緑色の②「submit test post to Twitter」というボタンがありますので、こちらをクリックしましょう。

 

すると、紐付けが完了されているかのテストが始まりますので、しばらく待ちます。

そして最後に、①以下の画像のようにsuccess と表示されますと、紐付けが完了しているのだと確認することができますので、②「OK」を押しましょう。

 

最後に一番下にある「update account info」押せば、確認は完了です。

 

Twitter・Facebookページでの投稿内容の変更方法とは?

 

初期の状態ですと、WordPressで記事を投稿した時に、TwitterとFacebookページどちらもタイトルと記事URLしか表示されないようになっていますので、ここでは投稿内容の変更方法について教えていきます。

動画でもお話していますが、変更したい場合は、投稿内容を変更したいSNSアカウントの項目を選択しまして以下の画面に移ってください。

 

そうしましたら、「Post Format」という欄があるかと思います。初期の状態では、(%TITLE% – %URL%)と表記されていますが、例えば、 (%TITLE% %SURL% %EXCERPT%)のように変更しますと、タイトルと記事のURLだけでなく、記事の簡単な詳細も表示されるようになります。

 

変更しましたら、一番下にある「Update Settings」をクリックしまして、変更を保存しましょう。

 

 

ワンクリックでSNSアカウントに投稿する方法

 

ここで少し補足説明をしたいのですが、【NextScripts: Social Networks Auto-Poster】プラグインを導入したからといっても、導入する前に投稿していた記事も自動で投稿できるかと言いますと、そうではありません。

そのため、過去に投稿した記事を手動で投稿しなければならないと思われがちですが、実は過去に投稿した記事も、ワンクリックでそれぞれのSNSアカウントに投稿することができます。

その方法ですが、まずWordPressダッシュボードから「投稿」→「投稿一覧」から、過去に投稿した記事を選択します。そうしましたら、下の方にスクロールしていきましょう。すると以下のような画面が表示されるかと思います。

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster Post Option」という欄を見て頂くと、「Post of Twitter」というボタンがあるかと思います。こちらをクリックして頂くと、Twitterタイムラインに自動で記事が投稿されます。

また、「Message Format」という項目がありますが、こちらから先ほど紹介した「Post Format」と同様に、SNSアカウントへの投稿内容を変更することができます。

 

【NextScripts: Social Networks Auto-Poster】の導入から使い方 まとめ

 

今回紹介した「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」プラグインは、設定に関する操作が少し難しいので、上手く設定できないかもしれませんが、その時は最初の方に貼り付けてある動画を繰り返しご覧頂いて、動画を見ながら実践することをオススメします。

長期間、サイトを運営していくつもりでしたら、毎回毎回SNSアカウントに手動で投稿していくとなると、面倒臭くなってしまい、そのうちSNSへの投稿をしなくなってしまいます。

ですので、今回の記事を参考にして、是非こうしたツールやプラグインは導入して、ビジネスを効率よく回していきましょう。