奨学金の返済がきつい新卒社会人へ!会社に勤めながらも奨学金を楽に返済していく方法とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

奨学金の返済がきつい新卒社会人へ!会社に勤めながらも奨学金を楽に返済していく方法とは?

どうもtaiseiです。

今回は「奨学金の返済がきつい新卒社会人の人が奨学金を楽に返済していく方法」についてお話していこうと思います。

 

僕が大学に通っていた頃、両親が大学の学費を全額支払うことは難しいということで、日本学生支援機構に奨学金を借りることになりました。借りた金額は約260万円ほどで、そこから毎月1万7000円を20年間かけて支払う形になっていたので、利率の関係で返済する金額は実質、約340万円ほどになりました。

 

大学に通っていた時の僕は、「両親に学費を全額負担してもらうわけにもいかないし、将来会社に勤め始めれば、すぐに返せるだろう」と、安易に考えていましたね…。(当時はすぐに返せるだろうと思っていました)

 

しかし、いざ社会人になってから半年後・・・

僕は会社を半年でやめてしまいました・・・

 

あの時は、本当に大変な状況でした。

 

なにせ、奨学金の返済が始まったのは、僕が会社を辞めてから1ヶ月後にスタートし出したので、かなりタイミングの悪い時期に返済が始まったと思いましたね

 

会社を半年で辞めてからは、派遣社員として勤めていくようになったのですが・・・

給料は手取りで18万円・・・

正社員の時と比べるとかなり下がりました。

 

また、正社員の時と違って、家賃補助などもついていませんでしたので、出費額は正社員の時と比べるとかなり上がりました。

 

ちなみに、その時の収入と出費ですが・・・

・家賃・・・・4万円

・食費・・・・2万円

・光熱費・・・1万円

・通信費・・・1万円

・社会保険料・・・2万円

・借金の返済・・・毎月3万円

・雑費(生活必需品など)・・・2万円

・奨学金・・・1万7000円

 

正直、貯金ができる余裕は全くありませんでした。

 

もちろん、僕が会社を辞めたり、安易にビジネスの世界に入ってしまったことが原因ではあります。が・・・

社会人になってから、これほどまでに支払いに追われる形になるとは夢にも思いませんでした

 

当時の僕は、とにかく生きていくだけのお金を稼ぐことで頭がいっぱいでしたね。

 

 

しかし、その後・・・

あることをきっかけに僕はなんと奨学金を全額返済することができたのです!

 

出費を抑えようとしても苦しくなる一方?

派遣社員として働き始めてから、僕が最初に考えたのは・・・

とにかく毎月の出費を抑えることでした。

 

派遣社員として勤めていても、給料が増えることは考えられなかったので、必然的に出費を減らすことした頭に思い浮かばなかったです

 

そして、まず僕がとった行動は、食費を減らすことでした。

 

光熱費や通信費などはどうしても削ることができないが、食費であれば、節約できるところまで節約できるだろうと思い、まずは外食の回数を減らしていきました

 

この時僕は、「食費は月に1万円の出費に抑える」と目標を決め、朝食に200円、昼食は300円夕食は500円くらいに分け、1日1000円の食費生活を始めていきました。

 

最初の1ヶ月目あたりは、しっかりと守ることができ、目標通り1万円の出費で抑えることができてましたね。

 

ただ・・・

2ヶ月目あたりから、僕の体調が少しずつ悪くなっていきました。

 

勤務中に突然めまいがしてきたり、病気がちになったりと、仕事に支障が出てしまうようになっていました

 

それでもなんとかして出費を抑えていくしかないのだと、自分を言い聞かせながら、しばらく続けていましたが・・・

結局、食費を1万円に抑えて過ごすことができなくなり、2〜3万円の生活に戻っていきました

 

その他にも、

家を引っ越して家賃を減らそうか

通信費をなくすためにスマホやパソコンを利用するのをやめようか

光熱費を減らすためにお風呂に入る回数を減らそうか

などと考え、出費を抑える努力を試みました。

 

しかし、どれも自分にとってかなりのストレスになるものばかりだったので、これ以上出費を減らすことはできませんでした…。

 

出費を抑えるより収入を増やそうとする考えが重要?

出費を減らすことは難しい・・・

そう思い悩んでいた僕でしたが、ふとした瞬間に、ある考えが頭によぎりました。

 

「出費を減らすことばかり考えていたけれども、収入を増やすことは本当に不可能なのか?」

 

今までは、収入を増やすことを諦めて、支出の面ばかりを気にしていたわけですが・・・

収入を増やすことにフォーカスして考えた方がいいかも!」と思い始め、収入を増やす方法を考え始めました。

 

最初は、時給の高い仕事などを探していましたが、専門的なスキルや資格が必要なものばかりで、僕にできそうな仕事はなかったです…。

 

それからも色々と探していったわけですが、そんなある日、インターネットで調べていくと・・・

googleアドセンス広告を利用して、サイト運営でお金が稼げる」と載っていた情報が目に入り、僕はさらに調べていきました。

 

調べていくと・・・

自分でサイトを立ち上げて、広告を掲載し、広告がクリックされるだけで、収益が発生するという画期的なモデルでしたので、「これなら収入を増やすことができるのでは?」と思い始めました。

 

Googleアドセンスアフィリエイトについての詳細はこちらの記事を参照してみてください。↓↓

Google Adsenseアフィリエイトとは何か?

 

そして数日後、僕はGoogleアドセンスアフィリエイトに挑戦しようと考え、サイト運営の準備を始めていきました

 

副業でサイト運営を始める

サイト運営の準備が整い、ついに僕は副業を始めることになりました。

副業でサイト運営を始めた瞬間は、「これで収入を増やすことができるぞ!」とワクワクし、楽しみながら作業することができました。

 

しかし・・・

現実は甘くありませんでした…。

 

副業だけでなく、本業の仕事にもしっかりと取り組んでいく必要があったので、本業と副業を両立させることに難しさを実感するようになり、僕のモチベーションは徐々に下がっていきました。

 

朝は早く起きて・・・、満員電車に揺られながら会社に出勤し・・・、仕事が終わって家に帰れば、夜の時間にサイト運営の作業を進めていく・・・、そんな生活スタイルだったので、精神的にも体力的にもかなり疲弊していました。

 

それからも仕事が終われば、サイト運営の作業をやり続けてはいましたが、正直限界を感じ、もう諦めようかと思ったこともあります

 

ただ・・・

僕の場合、サイト運営で稼ぐことができなければ、自分の生活がますます苦しくなるだろうという恐怖が常にあったので、死にものぐるいで、サイト運営を続けることができました。

 

そしてその結果・・・

僕はGoogleアドセンスアフィリエイトで月収10万円を達成することができ、その後も継続的に副業で月収10万円稼ぐことができました。

 

副業で稼いだお金で奨学金を返済し始める

 

副業で月収10万円稼げるようになってから、本業と合わせて、毎月30万円以上を稼ぐことができました

 

そのおかげで、副業で稼いだお金を奨学金の返済に回すことができ、本業で稼いだお金は生活費と貯金に回すことができるようになりました。

 

当時の僕は、月収10万円稼ぎ続けることができたというよりも、自分の力で稼ぎ出すことができたことの方に、大きな喜びを感じていました

 

それからも、僕はサイト運営で稼いだお金を奨学金の返済に回し続け、僕の生活は少しずつ余裕になっていきましたね。

 

分割で奨学金を返済していたが・・・

サイト運営で毎月10万円以上稼ぎ続けることができるようになった僕でしたが・・・

もっと生活を楽にして、自由気ままな生活を過ごしていきたい!」という思いが強くなっていきました。

 

ただ、本業に時間を取られていたぶん、サイト運営の方に多くの時間を回すことができなかったので、このペースではかなり時間がかかってしまうなと思いました。

 

 

そして、そんな思いが強くなった僕は・・・・

決意を固め、派遣社員を辞めました

 

 

その後、サイト運営の作業に時間を回していき、1日中パソコンとにらめっこするような感じで、必死で作業を進めていったわけですが・・・

 

その3ヶ月後くらいに、なんと月収100万円を達成することができました

 

あの時は、稼げたことが嘘のように思えましたが、実際に銀行口座に振り込まれていたのをみて本当に驚きました

 

それからも僕は、分割で奨学金を返済していきました。

 

しかしある時、「分割で返済するよりも、一括で支払えるなら支払った方がいいのでは?」と思ったので、日本学生支援機構のホームページから、一括返済できるか調べてみました。

 

奨学金の返済は分割から一括に変更できるのか?

 

日本学生支援機構のホームページを調べてみると、どうやら「繰上返還の手続き」を行えばできると記載されていました。

繰上返還の手続きですが、「スカラネット・パーソナル」というところから申し込みを行うか、もしくは電話で日本学生支援機構に連絡したり、「繰上返還申込書」という書類を受け取り、そこに必要事項を記入してから、日本学生支援機構にFAXでお送りすればできるそうです。

 

当時の僕は、日本学生支援機構のナビダイヤルに連絡をして、手続きを行いましたね。

ちなみに、全額でなくとも、一部の金額を繰上返還することもできるそうです

 

奨学金は一括で返済した方がいい?

奨学金は、一括で返済できるのであれば、一括で返済した方がいいと思いました

なぜなら、分割で返済するよりも、一括で返済した方が、返済する額を減らすことができるからです!

 

奨学金というのは、学費を全額支払えなくても、日本学生支援機構がお金を負担してくれ、勉学に励むことができるようにする制度であります。つまり、学生側は日本学生支援機構にお金を借りているという状況にあるわけですね

 

お金を借りているということは、借りているお金に利率がかかってくるので、長期の分割で返済していく場合は、返す金額も増えていきます

 

最初の方にもお話しましたが、僕の場合、日本学生支援機構に借りていた金額は260万円ほどだったわけですが、分割で返済していくと、利率の関係で、最終的には340万円ほど返済していく予定になっていました

 

しかし、繰上返還の手続きを行うことによって、結果的に返済する金額を抑えることができるわけですね。

 

 

奨学金の返済は確かに大変なものです。が・・・

会社からボーナスが入ったりした時には、繰上返還の手続きをして、一部あるいは全額返済した方が、あとあと楽だと思います

 

僕は一括返済できる時に返済しましたが、毎月の負担が減ったので、毎日気持ちよく過ごせるようになりましたね

やはり、短期間で返済するように計画を立てるのがいいと言えます。

 

どうしても返済できない場合は?

正直、会社を半年て辞めてしまってから、生活が苦しかったので、奨学金の返済をどうにかできないか悩んだ時期がありました。おそらく、僕と同じように、どうしても返済できないと悩んでいる人もいるでしょう。

 

しかし・・・

そんな苦しい状況になってしまった時でも、日本学生支援機構では、返還を減額したり、一定期間返還を停止して先送りすることもできるそうです

 

もちろん返還予定総額が免除されるわけではありませんが、一時的であれば、そういった対応を取ることが可能です

 

生活が苦しい状況であれば、そのまま返済を続けるよりも、日本学生支援機構に問い合わせて状況を説明した方が、精神的にも楽になると思います。

ですので、是非1度問い合わせてみてください。

 

収入を増やすための方法とは?

僕の場合、Googleアドセンス広告を利用して、サイト運営を行ったことで、収入を増やすことができました。

 

ただ、副業でお金を稼ぐ方法は、何も「Googleアドセンスを利用したサイト運営」だけではありません。

他にもインターネットを利用してお金を稼ぐ方法は、たくさんあるんですよね。

 

こちらの記事では、インターネットビジネスを利用して稼ぐ方法をいくつか紹介していますので、是非参照してみてください。

もしかすると、あなたに合った副業が見つかるかもしれません。↓↓

インターネットビジネスとは?一体どんな種類のビジネスモデルがあるのか?

 

奨学金を楽に返済していく方法 まとめ

 

学生時代の時は、お金を借りながら大学に通うことができていたので、実感が湧かない人が多いですが・・・

いざ社会人になって返済が始まると、思った以上に生活の負担になっていると感じるかと思います。

 

ですので、もし奨学金の返済に苦しい思いをしているのであれば、副業を始めて、収入を増やすことを考えていきましょう!

 

そのためにも、当サイトでは、アフィリエイト教材を無料で提供していますので、是非手に取ってみてください。