学校教育は社畜を生み出すための洗脳教育なのか!?学校が社畜養成所と言われる訳とは!? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

学校教育は社畜を生み出すための洗脳教育なのか!?学校が社畜養成所と言われる訳とは!?

どうもtaiseiです。

今回は「学校教育は社畜を生み出すための洗脳教育なのか?」というテーマでお話していきたいと思います。

 

世の中の多くの人は、小学校、中学校と義務教育を経て、高校、大学と進学していくかと思いますが、社会人になるまでは、学校に通って、様々な教育を受けますよね。

 

そして、学校で一番学習させられることは・・・

勉強」ですよね?

 

国語や数学、英語、理科、社会、などを中心に、様々な科目を、先生の授業を通して、勉強していくようになりますよね。

 

そして、多くの人は、こうした科目をしっかりと勉強することによって、いい高校を目指したり、いい大学を目指したりするわけですが・・・

その目的は、いい会社に就職するためだからですよね?

 

いい会社に就職することで、安定した雇用が約束された中で働くことができ、幸せな人生を送ることができそうだから勉強するわけですよね。

 

このように、日本の社会では、いい学歴であればあるほど、「安定した人生を送ることができるんだ!」と考え、一生懸命勉強する人は多いかと思います。

 

 

ただ、1つ疑問に思うのがですね・・・

 

いい会社に就職できたからといって、本当に安定した不安のない、幸せな生活が送れるのでしょうか?・・・

 

おそらく、多くの人が、いい会社に就職しながらも、不安や不満を抱えながら、生活を送っていると思うんですよね…。

 

例え、いい会社に就職できたとしても、

毎日残業続きて、休みがほとんどない

思った以上に給料が上がらない

ストレスの溜まる仕事が多い

など、思い描いていた働き方とは、全く違ったなんてことがあるわけですよね…。

 

僕自身も、大学を卒業した後に、大手の物流会社に就職したわけですが、実際に入社してみると・・・

過酷な労働を強いられ、思い描いていた働き方とは違っていました。

 

おそらく、こうした学生時代の過ごし方と、社会人になった時の過ごし方で、ギャップを感じる人はたくさんいるかと思います

 

しかし・・・

残念なことに、世の中の多くの人は、それが日本社会というものなのだと、常識であるかのように捉えているわけですよね…。

 

 

ですが、そんなことが常識であると、誰が決めたのでしょうか?

無理をしてまで会社で働く必要はないですよね?

 

では一体、「どうして、過酷な労働環境の中で、働くことが常識となってしまったのか?」について、お話します。

 

原因は学校の教育制度にあるのか?

今の日本では、高学歴を取得して、いい会社に勤めることが美徳とされているわけですが・・・

そもそもなぜ、いい会社に入ることが美徳とされているのでしょうか?

 

確かに、働き方なんていうのは、人それぞれですし、会社に就職しなくとも、個人事業主として働いたり、起業家経営者として働くこともできるわけですよね?

 

しかし・・・

周りの人達を見渡してみてもそうですが、会社に雇用されずに働いている人なんていうのは、ごく僅かですよね…。過酷な労働を強いられる可能性があるにも関わらず、ほとんどの人がいい会社に就職することを目指すわけです。

 

ではなぜ、「多くの人がいい会社に就職することを目指そうとするのか?」というと・・・

 

それは、学校の教育制度に問題があると言えるからです。

 

学校というのは、小学校から始まり、長い人であれば、大学まで進学するわけですが・・・

学校教育を受けていく過程で、会社に就職するのが当たり前になっていくわけです!

 

では、学校教育を受けていく中で、「どうして会社に就職することが当たり前になってしまうのか?」について、説明します。

 

全員が同じ勉強をさせられるから

 

学校教育は基本的に、小学校に入学してから始まるわけですが、入学した瞬間から授業が始まりますよね

小学校の場合、学校の授業で教えられることは、国語、算数、理科、社会・・・、などの科目を教えられていきます。そして、中学、高校、大学と進学をしていくにつれて、高度な科目を勉強していくようになるわけですが、学校に通う人全員に対して、同じ科目を教えていきますよね

 

もちろん、学校に通う人全ての人に、平等に学習させることは大切だと思います。が・・・

 

しかしですね・・・

このような教育スタイルであれば、全員が一定の教育内容を勉強することができるわけですが・・・、個々人が何か突出したスキルを磨く機会がないわけです。

 

学校というのは、全員が同じようなことを勉強していき、分け隔てなく学力をつけてもらうような形になっているわけですが・・・

裏を返せば、「突出したスキルを身につけてもらっては困るような意味合いがあるのでは?」と、個人的に思えてしまいます。

 

確かに、何か突出したスキルを持っている人は、会社員として働かずとも、突出したスキルを活かして、自分1人で生きていくことができていますからね…。

 

このように、学校というのは、与えられた科目だけを教わっていき、自分の中に秘められた、得意なスキルを伸ばす機会がないわけです。

 

なので、学校に通う全ての人に、全く同じ科目を勉強させるというのは、1つ原因として考えられるかと思いますね…。

 

受動的な学習スタイルが展開されているから

 

学校教育というのは、基本的に「受動的な学習スタイルになっていますよね。

 

小学校から、今まで通ってきた学校を振り返ってもらうとわかると思いますが、基本的に授業というのは、「先生が壇上のまで話をし、それを生徒が椅子に座って、話を聞く」というスタイルです。

 

なので、学校というのは、座学をベースとした「受動的」な授業が展開されていると言えるわけですね。

 

ただ・・・

生徒に対して、本当に勉強を理解して欲しいのであれば、座学では学習しづらいですよね?

 

おそらく、「先生が一方的に話すような学習スタイルで、勉強したことが頭に残っている」という人は、かなり少ないかと思います

 

それに、学習というのは本来、受動的ではなく、能動的に学習した方が、身につくものなんですよね。

 

能動的に学習するというのは、先生が壇上の前に立って、ただ単に授業の内容を話すのではなく、生徒同士で、授業時間で学びたいことを話し合い、その内容について、教科書を見ながら、自主的に勉強していくようなスタイルです。

 

このように、能動的な学習をしていくことができれば、自分の頭に勉強したことが定着していき、自主的に勉強していくので、問題解決能力も高まっていくわけですね

 

しかし・・・

学校では、能動的な学習がほとんど行われないので、問題解決能力が向上しないですよね。

 

それに、問題解決能力が向上していかなければ、何も考えずに、ただ漠然とテストの点だけを取りにいき、いい学歴を取得して、いい会社に勤めようと自然に思えてしまうわけです…。

 

このことから、学校で受動的な授業が展開されるのは・・・

生徒自身が主体的に考えるという力を弱らせ、将来のことについて、何も考えないで、会社員として働くようにしているのだと、個人的には思えてしまいます。

 

学校では集団で行動させられるから

 

学校では、必ずクラスというものを用意し、集団で行動するようにしますよね。

 

確かに、日本では集団で行動できることを重要視しており、チームプレーや協調性といったものを、大切にするところがありますよね。

もちろん、集団での過ごし方や協調性の大切さを学習することは、とても大切です。が・・・

 

しかしですね・・・

日本の学校では、登校拒否などになってしまうと、集団からはみ出てしまったとみなされ、「協調性がないだとか、「人として問題があるなどと、周りから思われてしまいますよね…。

 

このように、集団行動ができなければ、問題視されてしまうのが、今の学校なんですよね

 

 

ではなぜ、「学校では常に、集団行動を重視するような教育方針を立てているのか?」というと・・・

 

周りの人に合わせようという考えを、身につけさせるためだからです。

 

そうすることによって、「独立して働きたいけれども、みんなは会社員として働く道を選んでいるから、やっぱり自分の会社員として働こう」などと考える人が、多くなるわけですね。

 

なので、こうした集団行動を強要させる教育は、「周りと同じように、会社員として働けと言っているようなもの」だなと、個人的に思います。

 

学歴が求められるから

 

今の世の中では、社会全体が学歴を高く評価していますよね。

 

そのため、いい高校に行き、いい大学に行くことが、世の中で高く評価されると思い、勉強をしていくわけですよね…。

確かにいい学歴を持つことができれば、会社に就職する際には、役に立つかと思います。が・・・

 

しかしですね・・・

いい学歴を持つことを目的として勉強してしまった場合、それはいわば、将来会社員として働くことが前提になってしまっていますよね?

 

もちろん、学校の勉強を頑張ることが、悪いわけではありません。が・・・

学歴欲しさに勉強をしたとしても、その先は、過酷な労働が待っているだけです

 

このように、学校全体は、いい学歴を持つことを推奨しているわけですが・・・、個人的には、「会社員として働くことが、当たり前」であることを、思い込ませようとしているようにしか見えないです。

 

学校で勉強できないこと

学校では、国語や数学とった、様々な科目を勉強していきます。が・・・

実は、人生において一番大切なことを、学校で勉強する機会がないんですよね…。

 

では、「その大切なこととは、一体何なのか?」について、説明していきます。

 

お金についての勉強

 

世の中で生きていく以上、一生付きまとうのが「お金」です。

 

世の中にいるほとんどの人達は、お金について、あまり深く考えたりする機会がなかったかと思います。が・・・

 

しかしですね・・・

お金についてよく理解していないせいで、無駄遣いをして借金をしてしまったり、安易にお金を借りてしまったりする人が多いわけですよね…。

 

また、「世の中全体で、お金がどのように動いているのか?」などといったことをよく知らないせいで、無意味な貯金をしてしまったり、「投資」することの重要性を理解していなかったりと、「いいお金の使い方」も理解していなかったりするわけですね。

 

このようにお金というのは、生きていく上で、きっても切り離せないものであるわけですが・・・

学校では、お金について全く触れようともしないですよね?

 

ではなぜ、「お金のことについて勉強する機会がないのか?」というと・・・

 

国民全員がお金を上手く活用できてしまっては、国のトップが困るからです。

 

例えば、仮に国民全員が、「自己投資をしてお金を増やす」ということを知ってしまえば・・・、いろんな情報を学習していき、個人で働けるスキルを身につけようと考えます。そうすると、会社員として働く労働者が減ってしまうわけですが、国としてはそういった事態は困るわけです。

 

また、消費者側の視点からみても、自己投資の重要性を国民全員が理解していれば、パチンコや宝くじなどのギャンブルをやる人が減ってしまいます。(ちなみに、宝くじなんかは、国の財政政策のうちの1つですので、宝くじを購入する人がいなくなれば、財政政策が破綻してしまいます)

 

このことから、学校では「お金のこと」について、教えてくれる機会がないわけですが、個人的には意図的に教えていないように思えてしまいます。

 

商売についての勉強

 

また、学校では、「働いてお金を稼ぐということの重要性」を教えくれる機会がほとんどないですよね…。

 

学校で教えてくれることといえば・・・、国語や数学といった、あくまで「学問的なこと」くらいですかね。

 

もちろん、学問的なことを学習することが悪いわけではありません。が・・・

大人になって生きていく上では、「仕事」も「お金」と同様に大切ですよね?

 

なにせ、仕事をしなければ、お金を稼ぐことはできず、お金がなければ、生活することはできないわけですからね。

 

そして、仕事は何も会社員として働くことだけではありません。

 

自分でビジネスを立ち上げて、「商売」を始めて、お金を稼ぐこともできるわけですよね?

 

ちなみに商売で稼ぐためには、学問的な知識だけでは、稼ぐことはできません

 

商売で稼ぐためには、

マーケティングのスキル

集客のスキル

セールスのスキル

などの知識やスキルが必要になってくるんですよね。

 

しかし・・・

結局、こうしたスキルを学校で教わることはできないので、商売について興味を持つ人が少なく、自分でビジネスを始めようと考える人も少なくなってしまうわけです…。

 

 

つまり、仕事をするという選択肢が、「会社員として働く」という、一択に絞られてしまうわけですね

 

ただ個人的には、商売について学校で勉強する機会がないのは、会社員として働かせようとしているようにしか思えないです。

 

税金について勉強

 

そして最後に、国民全員に関することを、学校で勉強する機会がないんですよね。

それは、「税金」についてです。

 

この税金ですが、実は会社員として働き始めたとしても、あまり勉強する機会がないわけです…。

 

なぜかというと・・・

会社側が税金の計算をして、給与から税金を引いたものを、そのまま給料として振り込んでいるからですね

 

しかし・・・

事業者として活動している側からすれば、税金に対する意識は自然と高くなります

 

なぜなら、自ら確定申告しているわけなので、下手をすれば、膨大に搾取されてしまう可能性があるからですね。

 

会社員として働いている人達は、ただ単に差し引かれているとしか捉えていない人が多いようですが、

なぜ、その金額が税として差し引かれるのか

使い道はどうなっているのか

を理解できず、そうなると、単純に給料から抜かれていることになってしまいます。

 

確かに、税金については、難しいところもあります。が・・・

学校では一切触れることはないですし、おそらく、学校側で教えない方が得をする人達がいるからだと、個人的に思っています

 

学校教育の正体とは?

さて、ここまで、学校の教育制度に関してお話しましたが、僕個人としては、学校というものが、

国家政策のための機関

企業に貢献する労働者を養成する機関

であると思います。

 

国家政策としては、お金や税金について、そして、国の法律やルールについて学習する機会を与えないことで、国の既得損益を守ろうとしているのだと思います。

 

確かに、日本は資本主義社会ですので、そのような構造になっていてもおかしくはないでしょう。

 

また、「企業に貢献する労働者を育成する」というのは・・・

商売やビジネス、投資活動などについて学習する機会を与えないことで、企業に勤める優秀な人材を養成し、会社を無理にでも存続させようとしているのだと思います。

 

学校に通う人達が皆、同じ時間に登校し、同じ科目を授業で勉強し、何年も同じクラスで集団行動を共にすることで、会社で従順に働ける人材を養成しているわけですね

 

このように、日本の学校は、純粋に教育をしているのではなく、「国のトップの思想も混じっている、洗脳的な教育であると言えます。

 

なので、学校が社畜養成所と言われるのは、仕方がないかと思います。

 

学校教育は社畜を生み出すための洗脳教育なのか!? まとめ

 

学校教育に対して、疑念を持つようになったのであれば、それは正しいことだと思います。

 

僕自身も、学校教育に対して、不信感を抱くようになってから、会社員として働き続けるわけにはいかないと思いました。

 

そして僕は、必死になって情報収集を始めていき・・・

アフィリエイトビジネス」に取り組むのが一番ベストな選択であると思い、取り組み始めていきました。

 

もちろん当時は、雇われながら、副業で取り組んでいました。が・・・・

しっかりと継続して取り組んだおかげで、月収10万、20万、100万円と成果を上げることができ、現在では、専業アフィリエイターとして、自由気ままに過ごすことができました。

 

なので、もし会社員として働き続けるのが不安だと感じているのであれば、僕はアフィリエイトをお勧めします。

 

アフィリエイトに興味がありましたら当サイトで無料配布しています、アフィリエイト教材がダウンロードできますので、是非手にとってみてください

これからは個人で働く時代に変わっていきますので、今から準備をしていきましょう!