守破離の考え方で効率よく成果が出せる? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

守破離の考え方で効率よく成果が出せる?

どうもtaiseiです。

今回はビジネスで成功するために大切な考え方となる「守破離」の考え方について説明していこうかと思います。「守破離」という考え方はビジネス初心者の方でしたら、是非とも取り入れて頂きたい考え方であります。

ですので今回、「守破離」の考え方がどういったものなのか?を動画にまとめましたので、こちらの動画をご覧ください。

 

ネットビジネスでは守破離の考え方が重要?  動画

 

 

守破離の考え方とは?

 

守破離という言葉は、(ことバンクさんから借りると)

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

<出典:ことバンク>

https://kotobank.jp/word/守破離-689006

 

という意味になります。

わかりづらいかと思うので、カレーライスの作り方を例にして説明します

 

例えば、あなたがカレーライスを作ろうと思っていたとします。その時あなたはまず、何らかのレシピをみて、カレーライスを作ろうとするはずです。つまり、まずは「型」にはめて忠実にカレーライスを作るということですね。

これが「守破離」の「守」の部分に当てはまるわけですね。

次に、レシピ通り忠実にカレーライスを作ることができれば、あなたはさらに美味しいカレーライスを作ろうとし、ルーや具材などを少し変えるなど、アレンジを加えてさらにカレーライスを作ろうとしますつまり、レシピ通りに作るよりも、あなたは改良してさらに美味しいカレーライスを作るということですね。

これが、「守破離」の「破」に当たる部分ですね。

そして最後にあなたは、一から自分オリジナルのカレーライスを作り、独自でさらに美味しいカレーライスを作ろうとしますつまり、独自の新たなレシピを開発して、美味しいカレーライスを作るということですね。

これが、「守破離」の「離」に当たる部分ですね。

 

このようにカレーライスを作る最初の時には、レシピを見ながら、それに従うようにカレーライスを作っていきますが、次第にスキルを磨いていき最終的には、自分オリジナルのカレーライスを開発できるようにしていく

この流れが、「守破離」の考えになるのです。

 

 

ビジネスにおいても守破離の考え方は重要?

 

冒頭でもお話しましたが、ビジネスにおいてもこの「守破離」の考え方というのは非常に重要になっていきますなぜかと言いますと、始めは誰もがそうですが、ビジネスをよく理解していません

なので、そんな状態から始める際に、一番効率よく成果を出すことができる考え方は、基本的に「守破離」の考え方に当てはめて、進めていくことになります。

 

守破離の考え方ができない人は成功しない?

 

仮にビジネスをよく理解していない人が、教科書を見ずに初めてしまえば必ずと言っていいほど、どこかで迷いが生じ中々成果に繋がらず諦めてしまう可能性が高いと言えます。

 

ビジネス初心者はまず、実際にビジネスで成功している人が、どのようにしてビジネスで成功できたのか?を知る必要があります。そしてまずは、その通りに行動や作業を行っていき、ビジネスで成果を出しますそこで初めて自分の好きなようにビジネスを取り組んでいくことで、より大きな成果を出すようにするのです

 

守破離の考え方で効率よく成果を出す

 

もちろん僕もこの「守破離」を守ってビジネスを取り組んでいきました。僕の場合、まずネットビジネスで月収10万円稼ぐための方法を知り、達成するために行動をしていきました。もちろんそのために幾らかお金を投資しました。そのためにまずは、忠実に教え通りに行動を続けていきました。そしてそこで月収10万円達成することができました。

これがまさに守破離の「に当たりますよね。

 

次は、月収100万円稼ぐために、今までしてきたことを自分なりに工夫することによって、行動し続けました。そしてそこでも月収100万円達成することができました。

これがまさに守破離の「に当たる部分ですね。

 

そして、さらに大きな利益を得るために、現在独自のビジネスモデルを開発するさせることに時間を当てております。

これが現在進行中ですが、守破離の「に当たる部分です。

 

守破離の考え方まとめ

 

このようにビジネスをやっていく際には、「守破離」を守って行動していくことで、成果が出るスピードというのは違っていきますもちろんビジネスというのは、自分自身のビジネスモデルを展開していくものですが、最初から自分のビジネスモデルを展開していくことは非常に難しいです。

まずは成功できるビジネスモデルの「型」に沿って行動していき、それから独自のビジネスモデルを展開していくことが大切かと思います。