世間話や雑談が苦手な人へ!誰とでも気軽に会話ができるようになる克服方法とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

世間話や雑談が苦手な人へ!誰とでも気軽に会話ができるようになる克服方法とは?

どうもtaiseiです。

今回は「世間話や雑談が苦手な人が誰とでも気軽に会話ができるようになる克服方法とは?」というテーマでお話していこうと思います。

 

大人になっていくと、仕事やご近所づき合いなどを通して、世間話をする機会が増えていくかと思います。

 

しかし、

会話をするのが苦手

何を話せばいいのかわからなくなる

人と気軽に話すことができない

などと思ってしまい、世間話や雑談をするのが苦手だという人がいます。

 

僕自身も、小さい頃は会話をするのが苦手で、雑談をするのも苦痛に感じていましたね。

 

しかし、「なんとかして人と雑談ができるようにしなければ!」と思うようになり、世間話や雑談ができるようになる克服方法を実践していきました。

 

その結果、少しずつ会話をするのが慣れていき、今では、気軽に人と会話をすることができるようになりました

 

このように、世間話や雑談というのは、ちょっとした気づきや克服方法を取り入れるだけで、できるようになっていきます。

 

そのため、ここからは、「世間話や雑談が苦手だと感じてしまう原因と、気軽に人と話ができるようになる克服方法」について、お話していこうと思います。

 

話のネタがないことが原因ではない?

世間話や雑談が苦手だと感じてしまう人の中には、自分には話のネタがないことが原因であると考える人が多いです

確かに、話のネタがなければ、人と会話をすることができないと考えてしまいがちです。

 

しかし、実際のところは、話のネタがないことが、人と話せない大きな原因ではないそうです

 

なぜかというと、世の中には、話のネタがなくても、世間話や雑談を苦手とせずに、上手に人と会話ができる人がいるからですね。

 

では、「世間話や雑談が苦手だと感じてしまう本当の原因は何なのか?」と、疑問に思う人もいるかと思いますので、その辺りを、ここからお話していきます。

 

世間話や雑談が苦手だと感じてしまう本当の原因とは?

先ほど、世間話や雑談が苦手だと感じてしまうのは、話のネタがないことが大きな原因ではないとお話しました。

そして、苦手と感じてしまう本当の原因は、いくか存在します。

 

では、「世間話や雑談が苦手だと感じてしまう本当の原因は、一体どんなところにあるのか?」をお話していきたいと思います。

 

普段から人と話す機会が少ないから

 

1つ目の原因として考えられるのは、普段から人と話をする機会が少ないということです。

 

世間話や雑談が苦手だと感じる人は、そもそも、他の人と比べて、話す機会が圧倒的に少ないと言えます

僕自身もそうでしたが、休みの日とかは、友達と遊ぶことも少なく、自宅でパソコンを眺めていることが多かったので、人と話す機会がそこまで多くはなかったです。

 

そのため、いざ誰かと話をするとなった時に、どう話を展開していけばいいのか?わからなくなってしまい、慌ててしまうことがよくありました。

 

このように、普段から人と話をする機会がないことから、いざ世間話や雑談をする時に、慌ててしまうことが原因と言えるわけですね

 

真面目すぎてしまうから

 

2つ目の原因として考えられるのは、真面目に会話をしてしまうということです。

 

世間話や雑談が苦手だと感じてしまう人の多くは、真面目に会話をしなければならないと考えている人が多いです。

 

会話をする際に、

会話の内容はこの話題にすべきだよな

会話の流れは絶対にこうすべきだよな

会話のテンポはこれくらいであるべきだよな

などと、真面目に考えてしまうわけですね。

 

しかし、真面目に考えて過ぎてしまうあまりに、いざ話をすると、「何と言葉を返せばいいのか?どう受け答えしたらいいのか?」と悩み過ぎて、会話がぎこちなくなってしまいます。

 

僕自身もそうでしたが、「どう言葉を返すのが正解なのか?」を真剣に考え過ぎてしまい、相手との会話のリズムを崩してしまっていました。

 

このように、真面目に考え過ぎてしまうあまり、相手との会話をリズムが崩れてしまうことが原因であると言えます

 

会話の間が怖いと感じるから

 

3つ目の原因として考えられるのは、会話の間が怖いと感じるということです。

 

世間話や雑談が苦手だと感じる人の多くは、会話の間が怖いと感じるようです。

 

会話の間というのは、

Aさん「明日は8時集合だっけ?

Bさん「そうだね、明日は8時集合だよ

Aさん「わかった・・・・・

Bさん「・・・・・・・・・

と、最後の方で両者が沈黙してしまう状態のことですね。

 

そして、会話が苦手だと思う人の多くは、会話の間が生じると、

自分の会話の切り返しがマズかったのかな

次の会話を何か話さなければ

次は何を話せばいいのかな

などと思ってしまい、急に怖い感情が生まれてしまうようです。

 

しかし、会話の間が怖いと感じる経験を積み重ねていってしまうと、会話をすることに恐怖を覚えるようになり、会話がしたいと思えなくなっていきます。

 

そして、そこから世間話や雑談をすることを避けるようになってしまい、苦手だと感じるようになってしまうわけですね。

 

相手から変に思われたくないから

 

4つ目の原因として考えられるのは、相手から変に思われたくないということです。

 

世間話や雑談が苦手だと感じる人の多くは、相手から変に思われたくないという気持ちが強いです。

 

そのため、相手と会話をしている最中に、

相手に変なことを言ってしまったかな〜?

相手は今、自分と話していてどう思っているのだろう?

と、「常に相手からどう思われているのか?」を、気にするようになります。

 

しかし、常に相手を意識することで、「相手から変に思われるのは嫌だな」という感情が強くなっていきます。そして、変に思われないように自分を取り繕っていくわけですが、そういったことを続けていくことで、会話をするのが苦しくなり世間話や雑談をすることを避けるようになるわけですね。

 

このように、相手を極度に意識してしまい、会話を続けていくことが苦しくなっていくことが原因である言えます。

 

誰とでも気軽に会話をする心構えとは?

ここまで、世間話や雑談が苦手だと感じてしまう原因についてお話しましたが、「世間話や雑談が苦手だと感じないようにするには、どうしたらいいのか?」と疑問を抱くかと思います。

 

では、どうすればいいのかというと、それは・・・

気軽に会話をするための心構えを自分の中で持つことです

 

なぜ、心構えが必要なのかというと、会話が苦手だと感じるほとんどの人が、いざ会話を始めた時に、「自分がどんな状態で、どんな気持ちで、相手と会話をすればいいのか?」を、考えずに会話をするからです。

 

そのため、会話をし始めた途端、会話が苦手だと感じてしまうわけですね。

 

だからこそ、世間話や雑談をできるようにするためには、自分の状態や気持ちを、見つめ直す必要があります

 

では、「どういった心構えを持って、世間話や雑談をすればいいのか?」を説明したいと思います。

 

相手の話に興味や関心を持つ

 

1つ目は、相手の話に興味や関心をしっかりと持とうとすることです。

 

世間話や雑談が苦手だという人は、意外と人の話に興味を示そうとしない人が多いです

なぜそうなってしまうのかというと、会話に対して、臆病になり過ぎて、自分が何を話そうか?ということしか考えていないからですね。自分のことしか考える余裕がないので、相手の話に興味や関心を示すことができないわけです。

 

だからこそ、自分が何を話すかよりも、相手がどんな話をしているのかをしっかりと関心を持とうとすることが大切であると言えます。

 

相手の話に興味や関心を持って聞くことができれば、「自分が何を話そうか?」というよりも、相手の話に対して、自然と言葉を返すことができます。

つまり、会話のキャッチボールがしっかりとできるようになるわけです

 

ですので、相手と話をする前には、興味や関心を示しながら話そうと、心掛けるようにしましょう

 

自分をオープンにさらけ出すこと

 

2つ目は、自分をオープンにさらけ出そうとすることです。

 

世間話や雑談が苦手だという人は、自分を隠そうとすることが多いです

なぜ隠そうとするのかというと、自分をさらけ出すことによって、相手からどう思われるか?を気にしているからですね。

 

しかし、相手からすれば、自分を隠そうとしている人を見た場合、話しにくいと感じてしまうのが現実です

 

そのため、まずは自分を隠そうとしないことが大切であると言えます。

 

自分を隠そうとしないようにするには、

・自分を隠そうとするのは、よくないことだ

・自分を隠そうとするのは、相手を不安にさせてしまうことだ

と、自覚するといいです。

 

そう自覚することで、自分を隠そうとしなくなり、徐々にオープンに話せるようになり、相手とも気持ちよく、話をすることができるでしょう

 

ポジディブ思考でいること

 

3つ目は、ポジティブ思考で会話をするということです。

 

世間話や雑談が苦手だという人は、基本的にネガティブ思考で会話をしていることが多いです

なぜなら、会話をすることに対して、マイナスなイメージしか頭にないからですね。しかし、ネガティブ思考のままで話続けてしまうと、相手も不快に感じるようになってしまい、ますます会話がしにくくなってしまいがちです。

 

そのため、ネガティブ思考ではなく、ポジディブ思考で会話をすることが大切であると言えます。

 

では、ネガティブ思考からポジティブ思考で会話をするにはどうしたらいいのか?ということですが、それは・・・

自分で楽しいと思えることをたくさんすることです

 

もし、普段の生活があまり楽しくないと感じるのであれば、日頃から自分が楽しいと思えることをたくさんやってみてください。そうすると、自分の思考がポジティブになっていき、ポジティブ思考で会話をすることができるようになります。

 

ですので、相手との会話はネガティブではなくポジティブ思考で行いましょう。そうすれば、相手と楽しく会話をすることができます。

 

質問パターンを用意しておくこと

 

4つ目は、質問のパターンを予め用意しておくということです。

 

世間話や雑談が苦手だという人は、質問のパターンも把握せずに、そのまま会話をしようとする人が多いです

しかし、質問のパターンが用意できていないと、会話をする際に慌ててしまいまいがちです。

 

そのため、質問のパターンを用意することが大切であると言えます。

 

質問のパターンというと、難しいことを想像するかもしれないが、そんなことはありません。

実は、インターネットで「100の質問」と検索すると、様々な質問パターンが用意されています。また、用意されている質問内容も、覚えやすく簡単な内容のものばかりですので、自分で覚えられる質問をチョイスして、覚えておくといいかと思います。

 

会話をする前に質問のパターンが準備できれば、会話をする時に余裕が生まれますので、是非覚えていきましょう。そうすれば、相手との会話も楽しくなるかと思います。

 

世間話や雑談ができるようになる克服方法とは?

世間話や雑談をするには、相手との会話を楽しもうとすることが大切であり、そのためには会話をする前の心構えが重要であるとお話しました。

 

しかし、会話の心構えが出来たとしても、上手く会話をする練習がしたいと思う人もいるかと思います

 

そのため、ここからは、「世間話や雑談ができるようになる克服方法」について、紹介していきます。

 

明るく笑顔でいる練習する

 

1つ目の克服方法は、明るい笑顔でいる練習をするというものです。

 

相手との会話が苦手だと思う人に多いのが、暗い表情で話をしていることが多いです

しかし、暗い表情で話をしてしまえば、相手も話しづらいと感じ、会話がぎこちなくなってしまう可能性が高いです。

 

そのため、明るく笑顔で相手と話をするように練習をすることが大切であると言えます。

 

では、どう練習をすればいいのか?と言いますと・・・

自分の顔を鏡で見て、明るい笑顔を表現するという方法ですね

 

こうした練習を毎日続けていると、顔の表情筋が柔らかくなり、自然と笑顔が作れるようになります。そして、自然と明るい笑顔で接することができるようになれば、笑顔で相手と会話をすることができますし、相手もどんどん話しかけてきてくれるようになります。

 

ですので、世間話や雑談ができるようにするためにも、明るい笑顔を自然と作れるように、練習していきましょう

 

質問力を鍛えるトレーニングをする

 

2つ目のトレーニング方法は、質問力を鍛える練習をするというものです。

 

世間話や雑談が苦手だと思う人は、質問の仕方が上手くいっていないことが多いです

しかし、質問の仕方がうまくできないと、会話を続けることができず、ぎこちなくなってしまう可能性が高いです。

 

そのため、質問力を鍛えて、上手に質問できるようにするのが大切だと言えます。

 

では、どうやって質問の仕方をうまくさせるようにするのか?というと・・・

日頃から5W1Hの質問を意識して会話をするということです

 

ちなみに「5W1H」の場合は、

5W1HとはWhen(いつ)、Who(誰)、Where(どこ)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように) のことを指します。

例えば、“野球を観に行った”という話題から…
「いつ観に行ったの?」…When
「だれと観戦したの?」…Who
「どこの球場に観にいったの?」…Where
「何の試合を観に行ったの?」…What
「どうして野球を観に行ったの?」…Why
「どうやってチケット手に入れたの?」…How

<https://www.direct-commu.com/colums/relation/relation_010_04_fukaihanashi.html>

 

会話が苦手な人の質問というのは、「YES」か「NO」の2択でしか答えられない質問をすることが多いです。

 

しかし、会話が上手な人は、「5W1H」を上手く活用して、上手に質問しながら、相手と会話をします

 

ですので、世間話や雑談が苦手な人は、普段の会話の中で、5W1Hを意識しながら、会話をするようにしましょう。

 

5W1Hの質問ができれば、

深い質問ができる

話の展開を広げられる質問ができる

などと、相手との会話が楽しくなっていきます。

 

軽い冗談が言える練習をする

 

3つ目のトレーニング方法は、軽い冗談を言うという練習です。

 

会話が苦手な人は、真面目に話そうとし過ぎて、会話が硬くなってしいがちです

しかし、会話が硬くなってしまえば、相手が緊張して、話ずらいと感じてしまいます。

 

そのため、相手に対して冗談が言えるようになることが大切であると言えます。

 

では、「会話の中で、冗談が言えるようにするにはどうすればいいのか?」ということですが・・・

身近な人との会話で、軽い冗談を言うようにする練習することです

 

軽い冗談というのは、何もボケるというわけではなく、ちょっとした気づきを面白いように言い換えるように練習をすると言うことです。ですので、まずは自分の身近な人に対して、軽い冗談を言ってみるように意識してみてください。

 

軽い冗談が言えるようになれば、相手の緊張も解いてあげることができるので、楽しく会話をすることができるようになるでしょう

 

色んななことを経験する

 

4つ目のトレーニング方法は、色んなことを経験しておくということです。

 

会話が苦手だという人の中には、自分の経験から話せることが少ないという人が多いです

しかし、経験したことが少なすぎると、自分の経験から話せることがないので、

会話を広げることができなくなる

会話に詰まってしまう

といったことになってしまいます。

 

そのため、色んなことを経験することが大切であると言えます。

 

色んなことを経験してみるというのは、料理やスポーツ趣味勉強旅行、などなど、人が興味を持ちそうなことですね。そういった経験を増やすことができれば、自分の経験から色んな話題を振ることができ、会話をする際に、引き出しに困ることがなくなります

 

また、世間話や雑談をする時にも、自分に余裕を持たせることができ、相手との会話をスムーズに展開できるので、気分良く話すことができるようになるでしょう

 

まとめ

 

世間話や雑談が苦手だと感じる人は、意外にも多いかと思いますが、まずは、「なぜ苦手だと感じてしまうのか?」を見つけることが大切です。

そして、苦手だと感じてしまう原因がわかりましたら、その原因を克服するための行動をとっていきましょう

 

そうすることで、世間話や雑談を苦手と感じることがなくなり、余裕を持って、相手と会話をすることができるかと思います。

 

ちなみに僕自身、克服して会話をすることが苦手ではなくなったのですが、どうしても人と会話をするのが好きにはなれませんでした。勤めていた会社でも、上手く人間関係を築きながら、仕事をしていたわけですが、ストレスがたまる一方でした。

 

そこで僕は、直接誰とも関わる必要がない仕事を探していきました。

するとある日、「インターネットビジネス」というものの存在を知り、なんでもパソコン1台で、誰とも関わらずに、始められるビジネスだということだったので、早速取り組んでみました。

 

取り組んでみた結果、最初から結果が出たわけではありませんでしたが、徐々に収益を伸ばすことができ、気づいた時には、月収10万円を稼ぐことができました。

 

それからも取り組み続けていったわけですが、さらに収益を伸ばすことができ、今では、専業アフィリエイターとして独立しながら、仕事をすることができるようになりました。独立できたことによって、自分の時間を自由に使えるので、とても楽しく仕事ができています。

 

もし、「インターネットビジネス」に興味があるという人は、当サイトで無料配布している、インターネットビジネスに関する教材がダウンロードできますので、是非手にとってみてください。