無料で常時SSL化を実装!エックスサーバーで費用をかけずに設定する手順とは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

無料で常時SSL化を実装!エックスサーバーで費用をかけずに設定する手順とは?

どうもtaiseiです。

今回は「費用をかけずに無料で常時SSL化を実装するための設定手順とは?」というテーマでお話したいと思います。

 

この常時SSL化というのは、金融機関などのWebサイトのように、自分のサイトを全て暗号化させることができるものです。つまり「セキュリティ(安全性)」を高めることができるわけですね。

 

そして、常時SSL化されているサイトと、されていないサイトの違いですが、

常時SSL化されているサイトのアドレス:「https://~~~~~~」

常時SSL化されていないサイトのアドレス:「hrrp://~~~~~」

 

 

また、この常時SSL化を行うメリットですが、

サイトのセキュリティを強化できる

検索エンジンの上位に表示させやすくなる

サイトの信頼性をアピールでき、ユーザーに安心感を与えることができる

などの効果がありまして、今後、Googleは常時SSL化されているサイトを優遇して、検索エンジンからのアクセスをさらに集めやすくさせると言っています。

 

ですので、常時SSL化を行って、サイトのアクセス数を増やしていこうと思うのですが、実はこの常時SSL化の設定は、通常であれば有料になります。

 

しかし、エックスサーバーを使用している方であれば、無料で常時SSL化することができます

 

ですので、まずはこちらの動画をご覧頂き、どのようにして常時SSL化の設定を行うのかを確認して頂きたいと思います。そして、常時SSL化の設定を理解できた段階で、実際に手を動かしながら取り組んでみてください。

 

常時SSL化の設定手順について(前半) 動画

 

 

エックスサーバーでの設定について

 

まずはじめに、エックスサーバーにのサーバーパネルに移ります。

そこから、「設定対象ドメイン」を選択し、設定をクリックします。できましたら、右上にある「ドメイン」の「SSL設定」という項目をクリックします。

すると、左のタブに「独自SSL設定の追加」という項目があるので、そこをクリックします。

 

この画面に移りましたら、

1.常時SSL化させるドメインを間違えずに選択すること

2.CSR情報にはチェックを入れないこと

3.独自SSL設定を追加する(確定)をクリックする

の順で操作をしていきましょう。

 

選択したドメインが常時SSL設定に追加されましたと表示されれば、1時間以内に、設定が完了しますので、設定が完了するまで待ちます。

 

〜〜〜〜〜〜1時間経過後〜〜〜〜〜

 

1時間経過しましたら、GoogleChromのアドレスバーに、あなたが運営しているサイトのトップページに「https://(トップページURL)」と入力してみましょう。

おそらくですが、以下のように表示されているかと思います。

このように、緑色で「保護された通信」と表示されれば、無事に常時SSL化の設定が完了したことになります。

 

 

しかし中には、動画と同じように、「保護された通信」とは表示されず、鍵マークがついていなければ、まだ常時SSL化の設定が完了されていないので、次のステップに移ります。

 

 

まず、サイトのトップページ上から右クリックし、「ページのソース」をクリックします。すると、以下のような画面が表示されるかと思います。そしたら、次に「http://」と検索をかけていきましょう。

常時SSL化されていない場合、http://〜〜と記述された画像の読み込みURLなどが、サイトに残っている可能性があります。常時SSL化を完了させるためには、全てのURLをhttps://〜〜に直す必要がありますので、http://〜〜と記述された画像の読み込みURLを直すか、削除する必要があります。

 

サイト上にある全ての読み込みURLを「https://〜〜」に変更することができましたら、サイトのトップページを更新してみましょう。すると、アドレスバーに緑色で「保護された通信」と表示されるようになるかと思います。

完了しましたら、サーバーでの設定は完了です。

 

WordPressでの設定について

次に、サイトのダッシュボードから、「設定」→「一般」をクリックしてください。

すると、一般設定の画面に移りますが、ここで設定することは、

WordPressアドレス(URL)

サイトアドレス(URL)

の2つを変更することです。

 

変更の際には、「http://〜〜」→「https://〜〜」に変更するだけで完了です。入力が完了しましたら、「変更保存」をクリックしましょう。

 

 

設置した内部リンクを常時SSL化させる設定について

 

次に行う設定は、投稿した記事の内部リンクを常時SSL化させる設定です。この設定を行うためには、「Search Regex」というプラグインが必要になります。

まずは、「プラグイン」→「新規追加」の順でクリックします。

次にプラグイン検索のところに「Search Regex」と検索をかけていきます。検索結果には、花のような画像で「Search Regex」と書かれたプラグインがインストールできますので、インストールをクリックしていきます。

 

「Search Regex」を有効化できましたら、左側のタブにある「ツール」→「Search Regex」をクリックしてください。

そうしましたら、

Search patternには「http://〜〜(旧サイトトップページ URL)」

Replace patternには「https://〜〜(新サイトトップページ URL)」

を入力し、真ん中にある「Replace」をクリックします。

 

すると、以下のように「Result」のところに置換した結果が表示されているかと思います。

結果をみますと、適用する前は「http://〜〜」でしたが、適用後は「https://〜〜」に変更したことになっていますね

全てのURLが変更されているか確認しましたら、「Replace&Save」をクリックしましょう。クリックしましたら、記事の内部リンクを全て、常時SSL化に置換されましたので、設定は完了になります。

 

常時SSL化の設定手順について(後半) 動画

 

 

FTP設定で「”http”に来たアクセスを”https”にリダイレクト」する設定について

 

最後に行う設定は、”http”に来たアクセスを”https”にリダイレクトして、転送をかけていくという設定です。この設定ですが、FTPソフトというソフトを利用して、FTPの設定を変更できるようにしていく必要があります。

 

無料で使用できるFTPソフトとして有名なのは、

・Windowsであれば・・・「FFFTP

・Macであれば・・・・・「FileZilla

というソフトを利用するのがいいかと思います。

 

「FFFTP」のダウンロードページはこちら

「FileZilla」のダウンロードページはこちら

 

※「FileZilla」をダウンロードしても上手く使うことが出来ない場合は、有料のFTPソフトを購入必要があります。

その場合は「Yummy FTP Pro」をApp storeから購入することをお勧めいたします。

「Yummy FTP Pro」をApp storeからインストールする場合はこちら

 

 

ここからは、Macのパソコンを利用した場合を例にして、説明していきます。

 

まずFTPソフトをダウンロードし、インストールすることができましたら、FTPソフトを開いていきましょう。「FileZilla」の方は、このような設定画面が表示されているかと思います。

まずは、①の「サイトマネージャー」というところをクリックし、②の「新しいサイト」をクリックします。

すると、様々な項目を入力する必要があるわけですが、入力する項目は主に、

ホスト・・・FTPホスト名(FTPサーバー名)

ユーザー・・・FTPユーザー名(FTPアカウント名)

パスワード・・・FTPパスワード

の3つになります。

 

ちなみに、これら3つの情報を知るにはどうしたらいいのかというと、エックスサーバーと契約する際に、以下のようなメールが届いているかと思いますので、そちらのメールを確認しましょう。

 

【メールの内容】

(件名)■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ

■FTP情報
——————————————————–
FTPホスト名(FTPサーバー名)  :◯◯
FTPユーザー名(FTPアカウント名): △△
FTPパスワード          : □□
——————————————————–

 

入力が完了しましたら、次に「詳細」をクリックしましょう。

ここでは、既定のローカルディレクトリをデスクトップに選択する必要がありますので、「参照」をクリックし、ファイルの一覧からデスクトップを選択しましょう。

 

完了しましたら、最後に「転送設定」をクリックしましょう。

ここでは、転送モードを変更する必要があるので、「パッシブ」にチェックを入れて、変更するようにしましょう。

完了しましたら、下にある「接続」をクリックして、FTPソフトを起動していきます。

 

起動できましたら、サーバー側のファイルから「常時SSL設定するドメイン名のファイル」→「Public_html」の順にクリックします。すると以下のような画面になるかと思います。

 

次に「.htaccess」ファイルをデスクトップ側のファイルにバックアップとして保存する必要がありますので、ドラック&ドロップで「.htaccess」ファイルを移していきます。

 

そして、デスクトップ側に移した「.htaccess」ファイルを開くと、コードが入力されているわけですが、以下の画像のように、一番上に”https”にリダイレクトするためのコードを貼り付けていきます。

 

【リダイレクトするためのコード↓↓】

 

 

 

一番上にコードを入力しましたら、ファイルを保存してください。

ファイルの保存ができましたら、もう1度サーバー側にドラック&ドロップして、サーバー側の「.htaccess」ファイルを更新していきましょう。

 

更新ができましたら、サイトのトップページを開いてみて、アドレスバーに入力されている「https://〜〜」の「s」を抜いて、トップページを更新してみましょう。もし「http://〜〜」で更新したにも関わらず、「https://〜〜」で開ければ、無事にリダイレクトされていることになります。

 

これで、常時SSL化を行うための設定が全て完了です。

 

常時SSL化の実装 まとめ

 

常時SSL化を行った後ですが、もしすでに、GoogleアナリティクスやGoogle Search Consoleなどの設定をされている場合は、再度設定し直す必要があります。

設定方法につきましては、全く同じ手順で設定することが可能ですので、よろしければ、こちらの記事を参照しながら、再度設定してみてください。

Googleアナリティクスの導入と設定方法

 

Google Search Consoleの登録と使い方

 

 

常時SSL化の設定で難しいところがあるかもしれませんが、動画をしっかりと見て頂ければ、できるかと思いますので、是非やってみてください。

 

また、当サイトでは、無料でアフィリエイト教材を配布していますので、アフィリエイトに興味がありましたら、こちらのサイトからダウンロードできます