正社員で働くよりも派遣社員の方がいい!正社員よりもいいこととは?派遣社員のメリットは何か? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

正社員で働くよりも派遣社員の方がいい!正社員よりもいいこととは?派遣社員のメリットは何か?

どうもtaiseiです。

今回は「正社員で働くよりも派遣社員の方がいい!派遣社員のメリットとは?」というテーマでお話したいと思います。

 

大学を卒業してから、正社員として働き始める人って多いですよね。

なにせ、正社員として働き続けていれば、安定した将来が待っていると思えますよね。

 

ただですね・・・

実は正社員として働き続けることが、本当に正しいのか?と言うと・・・

必ずしもそうではないんですよね。

 

 

実は僕、正社員として働いていた時期があったのですが・・・

 

わずか半年で辞めてしまったんですよね。

 

 

それから僕は、なんとかして生計を立てる必要があったので、派遣社員として働き始めました。

 

この話を聞いて、恐らくほとんどの人が、「正社員を辞めたことが勿体ない」と思っているかと思います。

 

しかし僕自身、実際に正社員と派遣社員の働き方を経験した結果・・・

派遣社員として働いた方がいいのでは?」と感じたんですよね。

 

そこで、ここからは、「なぜ派遣社員として働くことがいいのか?」について、お話したいと思います。

 

正社員と派遣社員の大きな違いとは?

まず初めに、「正社員と派遣社員の働き方がどう違ってくるのか?」について、説明したいと思います。

 

まず1つ目の違いは、雇用形態ですね。

 

正社員で働いている人というのは、勤め先の企業と直接雇用契約を結んで働くことができるわけですが・・・

派遣社員の場合は、勤め先の企業と直接、雇用契約を結んで働いていくわけではないんですよね。

 

派遣社員として働くためにはまず、派遣会社というところと雇用契約を結びます。次に契約を結んだ派遣会社は、派遣先の会社を探し、社員を欲している会社と契約を結びます。そして派遣社員は、派遣会社と契約を結んだ会社に派遣されて働いていくといったシステムになっているわけですね。

 

このことから、派遣社員というのは、派遣会社と契約を結び、派遣会社から用意された派遣先の会社で働くことができるのだということがわかります。

 

 

それから2つ目の違いは、労働期間です。

 

正社員で働く場合、雇用契約を結んでいる会社から解雇を宣告されたり、倒産しない限りは、その会社で一生働き続けることができるわけですが・・・

派遣社員の場合、派遣会社と派遣先の会社での雇用契約が3ヶ月で切れてしまい、その後も継続して働く場合は、契約を更新しなければなりません。また、必ずしも契約が更新できるとは限りませんので、万が一契約更新ができなければ、派遣先の会社で働き続けることができなくなります。(逆を言えば、3ヶ月経って、更新する意思を示さなかった場合、雇用契約は自動的になくなります。)

 

確かに正社員であれば、長い期間働き続けることが可能になるわけですが、派遣社員の場合、長期間働き続けることは難しいわけですね

 

正社員も安泰ではない!終身雇用制度が約束されない時代とは?

終身雇用制度」といのは・・・

企業側が従業員に対して、定年を迎えるまでの雇用を約束するという制度であります

 

なので、終身雇用制度が適用されている企業に勤めることができれば、将来安定した人生を送ることができると言われていました。

 

ただですね・・・

 

日本の経済というのは、1990年代あたりから伸び悩んでおり、今後はさらに降下していくことが予想されているんですよね。

ちなみに、終身雇用制度というのは、日本の経済成長が約束されている元で、作られた制度であります

 

なので、今後の日本経済が降下すると予想できるのであれば、終身雇用制度がしっかりと適用されるとは限らないわけですね。

 

最近の学生たちは、日本経済が降下しているからといって、安定した道を選択している人が多く、公務員や、終身雇用制度が適用されている大企業などに勤めようと考える人が多いです。が・・・

 

そのような考えて就職したとしても、10年後、20年後になっても終身雇用制度が適用されてるとは限らないわけです。

 

もし、終身雇用制度に期待して、大企業に勤めてしまえば・・・

経営困難に陥ったり、会社が倒産したり、解雇を宣告された時に、一瞬にして、働き場所を失うわけですね…。

 

 

ひと昔前までは、「正社員=安泰」という言葉が成り立っていたわけです。が・・・

これからの時代は、その方程式が成り立たなくなると予想できます

 

なので、終身雇用制度に頼って、大企業などに就職したとしても、「安定な道ではない」ということは抑えておいた方がいいですね。

派遣社員で働く大きなメリットは副業ができること?

では、「どの道を選んだとしても、将来は不安定なまま過ごすことになってしまうのか?」ということですが・・・

そういうわけではないです。

 

なぜなら・・・

 

キャッシュポイントを増やすことができれば、将来を安定して過ごすことができると考えられるからですね!

 

確かに、そもそもの話、1つの収入源からしか、収入を得ていないことが、問題だと言えますよね。

 

 

では、「どのようにすれば、キャッシュポイントを増やすことができるのか?」というと・・・

 

それは、副業を始めるということです。

 

確かに、副業を始めることができれば、本業とは別に収入を得ることが可能ですし、仮に本業からの収入が途絶えてしまったとしても、副業からの収入があれば、なんとか生きていくことができそうですよね。

 

 

ただですね、ここで1つ注意することがあります

それは、現時点では、ほとんどの企業が副業を禁止していることです。

 

実は正社員として働きながら、副業を始めた場合、もし会社に副業していることがバレてしまえば、「会社を辞めるか?」、それとも「副業を辞めるか?」の、どちらかの選択を迫られる可能性が高いです。

 

なので、正社員として働いていると、キャッシュポイントを増やす動きができないわけですね

 

しかし・・・

 

派遣社員として働いていれば、副業を禁止されているわけではないので、派遣社員としての収入の他に、副業を初めて収入を得ることも可能になります!

 

仮に、派遣社員を辞めることになったとしても、副業からの収入を得ることができれば・・・・

なんとか生活していくことができるわけですね

 

このように、派遣社員として働いていれば、副業を始めて、新たなキャッシュポイントを得ることが可能になります。なので、長い目で見れば、生活が安定していくようになるでしょう。

 

派遣社員で働くその他のメリットとは?

先ほど、派遣社員として働くメリットは、「副業に取り組むことができること」であるとお話したわけですが・・・

その他にも、派遣社員として働くメリットはたくさん存在するんですよね

 

僕自身、派遣社員として働いたことがあったわけですが、正社員として働いていた時よりも、快適に日々を過ごせた気がします。

 

では一体、「どんなメリットが存在するのか?」をお話したいと思います。

 

残業することがほとんどない

 

僕が正社員として働いていた時は、朝早くから夜遅くまで働いていた時もあれば、深夜まで仕事が伸びてしまったこともありました

 

そのため・・・

忙しい時では、月の残業時間は平均で80〜100時間ほどもあったんですよね。

 

しかも正社員時代の時は、残業時間が60時間をすぎた分に関しては、残業代が支払われず、サービズ残業として働いていた形でした…。

 

 

しかし一方ですね・・・

派遣社員として働いていた時は、定時通り、朝9時から夜18時まで働く日がほとんどでしたので、月の残業で言えば、10時間いくかいかないか程度でした。

 

また、残業をしたとしても、残業代はしっかりと派遣会社から支払われる契約になっていたので、残業した分に関しては、しっかりと残業代を受け取ることができました

 

このように、正社員で働くのと、派遣社員で働くのとでは、残業する時間が違っていきます。それに、残業した分の給料をしっかりと支払ってくれるのは、派遣社員の方なんですよね

 

ちなみにですが、なぜこれほどまでに、派遣社員の方がしっかりとされているのかというと・・・・

派遣先の会社で雇用されているわけではないからです

 

派遣先の会社で、直接雇用されている人(正社員)であれば、その会社が決めた給料が支払われていくわけですが・・・、派遣社員の場合は、派遣会社から働いた時間分の給料を支払う形になっています。仮に、派遣社員に対して、サービス残業を強要させるようなことをすれば、それは、派遣会社との契約を破ったことになります。なので、働いた時間分については、派遣社員に支払わなければならないわけですね。

 

休日出勤をすることがない

 

正社員として働いていた時は、休日に出勤しなければならない時がありましたね…。

もちろん、上司や会社からの指示であれば、休むことはできませんでした。

 

しかしですね・・・

派遣社員として働いていた時は、一度も休日出勤をしたことはありませんでしたね。

 

その理由ですが、派遣社員の場合、派遣会社と交わす雇用契約書を守る必要があるからですね

 

例えばですが、雇用契約書の就労内容が、

就労日数:週休2日(土日休み)

就労時間:9〜18時の実働8時間(昼休1時間)

とされていた場合、週休2日となっているわけなので、休日に出勤する必要はありません。

 

仮に派遣先の会社から、強制的に出勤させられるようなことがあれば、派遣会社との契約に違反したことになりますので、大きな問題につながっていきます

 

このように、派遣社員として働く場合には、雇用契約書の内容にそった勤務になるので、休日出勤することはまずないと言えます。

 

ルーチンワーク(単純作業)だから

 

正社員として働く場合、会社からすれば、長期にわたって仕事をしてもらいたいと考えているわけなので、会社内でのあらゆる業務ができるようにと、様々な業務を任されれることになりますよね

 

しかし・・・

派遣社員として働いていく場合、会社からすれば、10年、20年と長期的に働いてもらうとは考えていないので、会社内での基本的な業務を任せようと考えるわけです。

 

確かに、派遣会社との雇用契約書には、任される仕事の範囲が記載されているわけですが、その範囲内でしか、仕事を任されることはほとんどありません。

なので、派遣社員として就労した場合、派遣先での基本的な仕事を教えてもらうことになりますよね

 

このことからも言える通り、基本的な仕事だけしか任されることがありません。なので、正社員の人と比べると、ルーチンワーク(単純作業)になりやすいと言えます。

 

 

そして、もしあなたが副業をやっていくと考えるのであれば・・・

本業の仕事に労力を使うことなく、隙間時間を存分に利用することができるので、収入源を増やすことが可能になります。

 

なので、副業を始めることを考えるのであれば、派遣社員として働くことを考えてもいいのかもしれません

 

緊急で発生する仕事を任されることがない

 

正社員として働いていると、休日であろうが、緊急で対応しなければならない仕事が発生した場合は、会社に出勤しなければなりませんよね…。

 

しかし・・・

派遣社員として働いて時は、そんなことは全くありませんでしたね。

 

基本的に、そういった緊急の仕事というのは、派遣先で働いている正社員の人が対応していました。なので、派遣社員の人達は、比較的責任が重くない仕事をやっていくことになりがちですね。

 

派遣社員として働く場合、緊急で発生した仕事を無理に強いられることがないので、自分の時間を大切にすることができます。

 

副業で取り組むことを考えているのであれば、派遣社員として働くことがいいと言えるでしょう

 

すぐに職場を変更することが可能

 

正社員として働いた場合、自分の職場を簡単に変えることは難しいです

僕自身、正社員で働いていた時に、自分の職場を変更して欲しいと、上司に相談したことがあったのですが、結局、そのお願いが通ることはありませんでしたね…。

 

しかし・・・

派遣社員として働いている場合、派遣会社に相談すれば、しっかりと要望に応じてくれ、新しい職場を紹介してくれます。

 

確かに、働く環境に問題があった場合、正社員の人であれば、変えることは難しいかもしれません。が・・・

派遣社員の人の場合、我慢せずに職場を変えることができますし、3ヶ月ごとの更新なので、更新期間の時に、確実に職場を変更することができます。

 

ストレスを溜めることなく、仕事をしたいのであれば、派遣社員として働くのがいいと言えます。

 

人間関係に束縛されない

 

どんな仕事もそうですが、職場の人間関係が悪いと、イライラやストレスを溜めながら仕事をすることになりがちですよね…。

確かに、仕事というのは、人間関係の良し悪しによって、働きやすさが決まってくるかと思います。

 

ただ、正社員として働いていた場合、職場を簡単に変えることができないので、人間関係に束縛されているような感覚になります。なので、もし嫌な上司や先輩と同じ職場になってしまえば、仕事自体が嫌になってしまうでしょう。

 

 

ですが・・・

 

派遣社員として働いている場合、派遣先の職場を変えることができますので、人間関係に束縛されている感覚にはなりにくいです

 

また、3ヶ月ごとで更新期間が訪れるので、その時に人間関係で悩んでいるのであれば、すぐに職場を変えることができます

 

福利厚生もしっかりとしている

 

世間的には、正社員の方が福利厚生がしっかりとしていると言われています。が・・・

最近では、派遣社員として働いた場合でも、福利厚生は充実しているところはたくさんあるんですよね

 

例えば、有給休暇ですが、正社員として働いていれば、年に20〜40日ほど、会社からもらえるわけですが、派遣社員として働いていても10日ほど、派遣会社からもらうことができます。また、派遣社員として働いていても、健康診断を無料で受診することができたりと、昔に比べて充実してきているなと思います。

 

なので、もし福利厚生が気になって、派遣社員として働くことに抵抗を感じているのであれば、一度派遣会社の福利厚生を聞いてみた方がいいかと思います。

 

聞いた内容によって、派遣社員として働いても問題なさそうであれば、働くことを検討してみるのがいいでしょう

 

派遣社員のメリットは何か? まとめ

 

今回は、正社員と派遣社員の働き方を比較して、派遣社員のメリットについてお話しました。

派遣社員として働くメリットですが、一番のメリットは、自分のキャッシュポイントを増やすことが可能になることだと思っています。

 

派遣社員として働き始めれば、

残業をすることがなく

休日出勤をすることがなく

人間関係に縛られることなく

働くことができます。

 

そのため、副業などを始める余裕もでき、将来安定した生活を送れるようになるかと思います

 

また、副業を始めることを考えているのであれば、僕は「アフィリエイト」に挑戦することをお勧めします。

(アフィリエイトについてはこちらの記事を参照してください↓↓)

アフィリエイトとは?ネットビジネス初心者の方にわかりやすく解説!

 

僕自身、派遣社員をしながらアフィリエイトに挑戦しましたが、今では独立して、自由気ままなライフスタイルを送ることができています。

 

アフィリエイトに興味がありましたら当サイトで配布している、アフィリエイト教材が無料でダウンロードできますので、是非手にとってみてください。