仕事が覚えられない派遣社員の方へ!正社員にも褒められる仕事の覚え方とは!? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

仕事が覚えられない派遣社員の方へ!正社員にも褒められる仕事の覚え方とは!?

どうもtaiseiです。

今回は「仕事が覚えられない派遣社員の人が、仕事を覚えられるようになるためには?」というテーマでお話していこうと思います。

 

派遣社員で働いていると、たくさんのことを一気に覚えなければならないですよね??

特に、派遣社員として働き始めたばかりの時って、かなり苦労するかと思います

 

実は僕自身も、派遣社員として働いていた時期があったのですが・・・

物覚えが悪かったので、仕事が覚えられず、上司の人達から叱られることがたくさんありました。

 

このように、仕事が覚えられず、社員の人達から厳しい目線を向けられると、仕事自体が嫌になってしまって、そこからすぐに派遣社員を辞めてしまうケースもあるようですね。

 

しかしですね・・・

当時の僕は、生活にかなり苦しんでいたこともあってか、なんとかして派遣先の仕事をしたいと思い・・・

自分なりに仕事を覚えるための工夫をしていきました!

 

そこで!

ここからは、派遣社員として働いてた僕が、「どのようにして仕事を覚えようとしていたのか?」について、お話していきたいと思います。

 

仕事を覚えるための専用ノートを作成すること

僕が学生だった時のノートの使い方ですが・・・

授業中で板書される内容をそのまま書き写し、あとから復習もせずにそのままといった感じで使っていましたね…。(そのせいか、学校のテストの点数は結構悪い方でした。)

 

ただですね・・・

実際に仕事を覚えなければならない状況の中で、学生時代の時のようなノートの使い方では、絶対に覚えることができないと感じた僕は・・・

仕事を覚えるための専用のノートを自分で作成して、仕事の内容を覚えようと考えました!

 

 

ちなみに作成したノートというのは、以下のようにノートの1ページを区分けに作成したということですね。↓↓

見出し 見出し 見出し
事実(教養) 解釈(気づき) 行動(要約)

 

この1ページをどう使っていくのかと言うと・・・

まず初めに、教えてもらった内容を事実(教養)のところに書き写していきます。この時重要なことは、細かいところまで書き出す必要があるということですね。そして次に、「事実」のところで書き出したことを見ていき、自分の中で気づいたことや疑問に思ったことを解釈(気づき)のところに書き出していきます。

 

ここで大事なことは、

仕事をする上でミスが許されなさそうな仕事は何か

自分で効率よく改善できそうな仕事はどこになりそうか

多くの人が関わりそうな仕事はどこになりそうか

などを見つけ出そうとすることですね!

 

このように見つけ出すことができれば、仕事をする上で一番重要なところをあらかじめ、理解しておくことができます

 

そして最後に、「解釈」で書き出した気づきや改善できることを踏まえて、「実際にどのようにして仕事に取り組んでいくのか?」を、行動(要約)のところに書き出していきます。「行動」で書き出したことは、実際の仕事で実行していきます。そして、実行に移した後、「仕事がスムーズに進んだのか?」、それとも「仕事が思うように進まなかったのか?」どうかを判断していきます。また、仕事で実行したことで、「実際どうだったのか?」のフィードバックを、行動(要約)のところに書き込んでいきます。

 

このようにして僕は、自分の仕事をノートにまとめていったんですよね。

ただ単に、自分の仕事を覚えるのではなく、教えてもらったことに対して、自分なりの気づきや改善を見つけていき、「実際に仕事をしてみてどうだったのか?」を検証する。「検証した結果ダメであれば、再度仕事の取り組み方を考え直す、といったサイクルを回しながら、仕事を覚えるようにしていきました。

 

ですので、もし仕事を覚える際に、ノートをやメモを使っている人がいたら、是非ノートの使い方を工夫してみてください

 

自分と同じ仕事をしている人を観察する

自分の仕事を覚えるには・・・

自分と同じ仕事をしている人をよく観察するのが、一番いいんですよね!

 

なぜかと言うと、最終的に自分が目指している姿で働いているからですね

 

よく、教えてくれる人の話を聞くだけで、仕事を覚えてる気になっている人っていますが・・・

そういった人達は大抵、覚えた気になっているだけのことが多いんですよね…。

 

そして、実際に仕事をしてみると、できないことが多いわけです。

 

なので、仕事を覚える時は・・・

仕事をしている人達が、「実際にどういったところに注意して取り組んでいるのか?」を把握するように観察するといいかと思います。

 

教えてもらいながら実践する

仕事が覚えられないという人の中には・・・

自分の頭で理解すれば、すぐに仕事ができる」と、認識している人もいますよね?

 

ただ・・・

仕事というのは、実際に実践していかないと、すぐに覚えることはできないです。

 

確かに、仕事内容をノートに書き起こせば、覚えた気になって満足してしまいがちですが・・・

それで覚えたことにはならないですよね?

 

 

では一体、どうすればいいのか?というと・・・

 

教えてもらったら、すぐに自分で実践するようにしていくことです

 

例えば、Aさんという人から、Bという仕事の仕方を教えてもらった場合、すぐに Bという仕事をやってみるということですね。

 

人というのは、頭で覚えようとするよりも、実際に取り組んだことの方が記憶に残りやすいのが特徴です。なので、教えてもらったことは、すぐに実践するように心がけていると、比較的早く仕事を覚えることができると思います。

 

わからないことは遠慮せずにすぐに質問する

仕事を教えてもらっていると、「1度聞いただけでは、わからないところってあると思いますが、わからないところが出てきた場合って、もう一度聞き直すなりして、内容を理解しようとしますよね

 

ただですね、中には、

質問することが恥ずかしいことだと思っている人

60%の理解度で理解したつもりでいてしまう人

全くわからないところを無視しても、平気でいられる人

などといったことから、わからないことに対して、質問しない人がいるわけです。

 

確かに僕自身も、学校の授業で全くわからなかったところがあったとしても、「なんとかなるだろう」と思ってしまい、質問していなかった時がありましたね…。

 

ただですね・・・

仕事をする上では、必ず自分の業務内容は覚える必要がありますし、何回もミスをしていいものではないです

 

なので、もし仕事を教えてもらっている最中で、わからないことが出てきたら、すぐに聞き直すようにしていきましょう。

 

やはり、すぐに聞き直すことができなければ、後から聞き直しづらくなってしまい、結局わからないままにしてしまう可能性が高いです。

 

確かに、わからないことを聞き直した場合、「こんなこともわからないのか!」と言われることもあるでしょう。が・・・

仕事で大きなミスをするよりは、全然マシだと思います

 

なので、わからないことがあれば、些細なことでもいいので、聞き直すようにしていきましょう!

 

積極的に仕事を覚えようとする

仕事を覚えられない人の特徴として・・・

仕事に対して、消極的になっているところが、挙げられると思いましたね…。

 

ただ・・・

仕事に対して消極的になってしまうと、質問する機会が減ってしまったり、改善を図ろうと試みることが減ってしまい、いずれ、大きな失敗を招いてしまう可能性が高いです。

 

 

なので、仕事を覚える時にはまず、積極的に仕事を覚えようにしましょう!

 

積極的に仕事を覚えようとすれば・・・

理解しようという気持ちが強く働くので、仕事内容についてしっかりと理解するまで、たくさん質問をしたり仕事の効率を上げようと、改善策を試みる行動を起こすことができるます。

 

なので、もしそういった改善を行うことができれば、仕事のミスが減り、周りから頼られるような存在になりがなら、仕事をすることができるかと思います。

 

是非、積極性を大事にしていきましょう!

 

職場の人達と仲良く接する

仕事を覚えることができないといった場合、職場の人達とのコミュニケーションが足りていないことが、原因として考えられます。

 

例えばですが、仕事内容を教えてくれている人に対して、一方的に距離を置きながらコミュニケーションをとったり、職場の人達を避けて、一匹狼になってしまっていては、仕事を覚えるのが遅くなってしまいます

 

僕自身もそうだったのですが、初めの頃は、職場の人達と距離を置いてコミュニケーションをとってしまい・・・

仕事内容に関して、深いレベルの質問をすることができなかったり職場の人から仕事に対するアドバイスをもらうことができなかったりと、かなり大変な思いをしましたね…。

 

そのため僕は、職場の人達との交流を深めていこうと考えました!

 

すると、その結果・・・

仕事のことに関して、もっと聞き出せるようになったり、効率よく働くための秘訣を教えてもらったりと、仕事をスムーズに覚えられるようになったんですよね。

 

確かに、仕事を教えてもらう立場からしてみれば、職場にいる人達は皆、職場での働き方を知っているわけですし、先輩社員なわけです

 

なので、職場の人達とは協力しながら、仕事を覚えるようにしていきましょう!

 

そうすれば、スムーズに仕事を覚えることができるかと思います。

 

教わったことを自宅で復習する

仕事を覚えるのが遅いという人の中には・・・

職場で仕事を教えてもらったとしても、ノートにメモを取るだけで、終わってしまう人いるんですよね…。

 

ただ・・・

職場で働いている時間だけで、仕事を覚えようとしても、覚えられないことがほとんどです

 

 

確かに、「職場でしっかりとメモさえ取っておけばいいだろう…。」と考えてしまいがちです。が・・・

 

仕事を覚えるのが早い人というのは、必ず職場で働いている時間以外にも、仕事を覚える時間を確保しています。

 

例えば、

通勤電車の中で、メモを見て確認する

昼休憩の時間に、覚えたことを再度確認する

自宅に帰ってから、メモを確認し、しっかりと覚えられているか確認する

など、隙間時間を利用したりして、しっかりと勉強したりしています。

 

なので、もしあなたが、職場で働いている時でしか、仕事を覚えている時間を確保していないのであれば、隙間時間を利用して、仕事を覚える習慣をつけるようにしましょう

 

特に、自宅に帰ってから、「本当にちゃんと仕事内容を覚えられているかどうか?」を確認することはとても大事なことですね。自宅ですと、仕事モードが抜けた状態で覚えることができるので、1つ1つ確認しながら、丁寧に内容を覚えることも可能でしょう。

 

仕事が覚えられない派遣社員が仕事を覚えるためには? まとめ

 

僕自身も、元から物覚えがよかったわけではないです。が・・・

仕事を覚える時の取り組み方を変えただけで、かなり効率よく覚えることができました。

 

つまり、仕事を覚えることにも、「コツ」があるというわけですね!

 

なので、仕事を覚える時には、「どうすればすぐに覚えられるだろうか」ということを常に意識して、自分なりに工夫していくようにしていきましょう

 

 

僕は派遣社員を辞めてから、「専業アフィリエイター」として生活していますが、派遣社員として仕事をしていた時のスキルが、とても活かされているなと感じています

 

仕事の覚え方」、「効率よく仕事を終わらせる取り組み方」、「パソコンのスキル」など、アフィリエイターとして活動してからも、かなり役立っていますね。

 

そのおかげで、今では生産性を上げることに成功して、自由気ままなライフスタイルを送ることができています。

 

もし、あなたもアフィリエイトに興味がありましたら当サイトで配布しています、アフィリエイト教材が無料でダウンロードできますので、是非手にとってみてください。