派遣先が忙し過ぎて辛い!残業無くしたい!派遣社員が定時で家に帰るために考えることとは? | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

派遣先が忙し過ぎて辛い!残業無くしたい!派遣社員が定時で家に帰るために考えることとは?

どうもtaiseiです。

今回は「残業を無くして、派遣社員が定時で家に帰るために考えることとは?」というテーマでお話していこうと思います。

 

確かに、派遣社員として働いていれば、正社員で働いている人よりも、定時で帰れることの方が多いかもしれません。が・・・

派遣先によっては、なかなか定時で帰ることができず、残業が続いてしまうという人もいますよね…。

 

実は僕自身、派遣社員として働いていた時期があったのですが・・・

忙しい時は、なかなか定時で帰ることができず、残業が続いてしまい、自分の時間を確保することができていませんでした。

 

 

派遣社員の場合、残業代はしっかりと支払われはしますが、それでもプライベートの時間を減らしてまで働くのは嫌ですよね。

 

ただ・・・

残業が続いてしまう派遣社員の方でも、残業を無くし、定時で家に帰るための対策をとることはできるんですよね!

 

そのため、ここからは、「残業をなくし、定時で家に帰るために必要なことや考え方」を紹介していこうと思います。

 

残業をなくすために取るべき行動とは?

忙しく働いていると、どうしても仕事ばかりに囚われてしまって、他のことを考える余裕がなくなっていきますよね…。

 

しかし・・・

残業をなくすにはどうしたらいいのか?」といったことを考え始めない限りは、やはり定時で家に帰ることは難しいです。

 

そのため、まずは仕事のことを考える前に、「どのようにすれば、残業をせずに仕事を終わらせることができるのか?」を考えていきましょう。

 

仕事の効率化を図る

派遣社員をしている人の中には、仕事が忙しくなってくると・・・

残業でもしない限りは仕事を終わらせることができない…。」と思い、

仕事の量が増えてしまえば、残業するのは仕方がないと諦めてしまう人がいます

 

確かに、仕事の量が増えてしまえば、定時で帰るのは難しいと捉えてしまいますよね。

 

ただ、仕事の量が増えたからといって、定時で帰れないわけではないです

 

なぜかというと、定時で帰ることができない人のほとんどが、何も考えず、ただ闇雲に、任された仕事に取り掛かってしまうからですね。

 

 

しかし、仕事ができる人というのは・・・

 

「さらに仕事を効率化できるのでは?」と考え、必ず残業せずに仕事を終わらせようとします。

 

 

例え、仕事の量が増えたとしても・・・

仕事の効率化を図るための術を利用して、定時には帰れるように、終わらせる必要のある仕事を洗い出して、細分化して、仕事の効率化を図ってくわけですね。

 

このように、仕事の量が増えたとしても、効率化を図ることができれば、結果的に定時に退社することができるわけですね

 

なので、定時に帰るために・・・

任された仕事をどのようにして、効率よく取り掛かれば、終わらせることができるのか?」を考えていきましょう!

 

仕事の効率化についてはこちらの記事で詳しく書いておりますので、まずは自分の仕事を見直して、改善してみてください。↓↓

派遣社員の仕事量が多い!仕事が進まない!事務作業を効率よくして早く終わらせるためには?

 

時間配分を考えて仕事をする

定時までに仕事を終わらせることができない人の中には・・・

時間配分を間違えている人が多いかと思うんですよね…。

 

ではなぜ、時間配分を間違えてしまうかというと・・・

時間配分を全く考えずに、1つの仕事が完全に終わってから、次の仕事に取り掛かろうしてしまうからですね。

 

もちろん、急に仕事を大量に任されてしまえば、残業せざるおえない状況に陥ってしまうかもしれません。

 

 

しかし・・・

 

仕事ができる人は必ず、1つ1つの仕事に対して、取り組む時間を割り振っていくんですよね。

 

 

例えば、AとBとCという仕事を任された場合、 Aの仕事は1時間、Bの仕事は30分、Cの仕事は45分と、それぞれ時間を割り振っていくわけですね。また、緊急で重要な仕事が入ってしまう場合もあるわけですが、その時には、再度時間の配分を見直していき、定時までに仕事が終わるような時間配分に決めていくわけです。

 

このように、1つ1つの仕事に対して、時間を配分していくことができれば・・・

どのくらいのスピードで仕事をすればいいのか?」を、感覚として掴むことができ、1日の全体の仕事を俯瞰してみることもできます。

 

なので、時間配分を気にせずに、淡々と仕事をしているのであれば、次からは1つ1つの仕事に対して、時間を配分していきながら、取り組むようにしていきましょう!

 

そうすれば、定時までに仕事を終わらせることができるかと思います。

 

無理に仕事を終わらせようとしない

これは僕自身も、よくやってしまっていたことではあるのですが・・・

定時に家に帰ることができない人の中には、明日に取り掛かる仕事の負担を極力減らそうと、無理をしてでも仕事を終わらせようとする人が多いんですよね…。

 

確かに、明日のことを考えてしまうと、負担を極力なくしたいと思い、無理をしてでも取り組んでしまいますよね。

 

ただですね、そういった無理をしてしまった場合、ほとんどの確率で・・・

定時までに仕事を終わらせることができなくなってしまいます。

 

僕が務めていた派遣先の会社は、定時の退社時間が18時だったのですが、比較的仕事の量が少ないときとかは、17時半に一通りの仕事を終えていました。そのため、残りの30分を有効活用しようと、明日行う予定の仕事に手を出して、30分以内に終わらせようとしていました。が・・・

 

その30分の間で、細かな雑務を任されてしまったりして、結局1時間以上残業をしてしまうなんてことがあったわけですね。

 

このように、無理に仕事を終わらせようすると、さらに次から次へと、様々な仕事を任されてしまい、結局定時に帰れないといったケースが多くなります。

 

なので、定時に帰りたいと考えているのであれば、余裕を持ってその日の仕事を終わらせるようにしましょう!また、残りの時間で任される可能性のある仕事に備えて、待機しているのがいいですね。

 

世間話を聞き流すようにする

派遣社員として働いていると、退社時間前に、派遣先の社員などから世間話をされることがあると思います。

 

ただ、世間話をされると、どうしても話を聞かなければならない状況になってしまい、定時を過ぎても帰れなくなりますよね…。

特に、立場が偉い人から世間話をされれば、なおさら帰るのが難しくなります。

 

確かに僕自身、派遣社員で働いていた時は、定時間際の時間帯に、電話越しで世間話をよくされていました。

 

 

ただ、僕自身、どうしても残業したくないという気持ちが芽生えたことから・・・

 

会話が途切れそうなタイミングを見つけようとしていました。

 

なぜなら、ただ単に返事を返しているだけでは、なかなか世間話が終わらないと思ったからですね。

 

そこで僕は、「会話が途切れそうなタイミングを見つけ出し、その瞬間に、挨拶をして別れる」といったことをしていきました。

 

もちろん、派遣先の会社によっては、世間話を聞き流すことが難しいところもあれば、聞き流すことができる会社もあるかと思います。が・・・

派遣社員として働いているのであれば、そういった無理な気遣いはする必要はないかと思います。

 

なので、本当に定時で帰りたいのであれば、世間話を無理に聞こうとしなくとも大丈夫でしょう。

 

定時で家に帰るために必要な態度とは?

先ほどまでは、仕事の取り組み方や、会社内での行動の取り方について改善して、残業を無く考え方を紹介していきました。

 

ただですね・・・

それだけでは、残業を無くして、定時で家に帰ることができない人もいるかと思うんですよね…。

 

なぜかと言うと・・・

 

会社内にいる社員の目を気にし過ぎてしまい、無駄に会社に残ってしまうことがあるからですね。

 

僕自身もそうだったのですが、仕事の効率化を図ったとしても、社員の目を気にし過ぎてしまうあまり、定時に帰ることができなかったことがありました。

 

ですので、ここからは、「残業せずに、定時に家に帰るために必要な心構えや態度」について、紹介していきたいと思います。

 

残っている周りの社員を気にしない

 

僕自身もそうだったのですが・・・

自分が定時までに仕事を終わらせることができたとしても、周りの社員の人達が忙しそうにしているのを見て、「まだ帰るわけにはいかないな〜」と思ってしまう人は多いかと思うんですよね…。

 

そのため、自分からやるべき仕事を無理やり作り出しては取り組んでいき・・・

といったことを繰り返して、局結、定時に帰ることができなくなるわけです。

 

このように、自分の仕事が終わったにも関わらず、周りの社員を見渡しては、

このまま帰ってしまっていいのだろうか

自分だけ楽をしているように見えないだろうか

もう少し何か仕事をした方がいいのではないか

という気持ちが強くなってしまうわけですね。

 

こうした気持ちを抱いてしまうのは、日本人特有のものかと思います。

 

しかしですね・・・

 

周りが忙しそうに働いていることと、自分の仕事が終わったことを、一緒に考えてはいけないと僕は思います

 

確かに、周りの社員が忙しそうに仕事をしているのをみると、自分が楽をしているように思えてしまいがちです。が・・・

申し訳ない気持ちを抱いたからといって、無理に仕事を作り出していては、自分が苦しくなるだけです

 

それに、定時を過ぎて仕事をしていたとしても、実際のところ、周りの社員は何とも思っていないんですよね。(周りの社員は、自分の仕事に集中しているわけですから。)

 

だからこそ・・・

自分の仕事が終わったのであれば、堂々と定時に帰るべきです!

 

そもそも定時に帰れるということは、定時に仕事を終わらせることができるほど、優秀であるという証拠です

 

もし、周りの社員を気にして定時に帰ることができていないのであれば、これからは、定時に仕事を終わらせて、堂々と帰宅するようにしましょう。

 

定時を過ぎた後の仕事は引き受けないこと

 

定時までに仕事が終わったにも関わらず、会社に残って残業してしまう原因が、実はもう1つあるんですよね…。

それは、定時を過ぎた後に発生した仕事を、引き受けてしまうことです

 

派遣社員として働く人の中には、定時までに仕事を終わらせることができる人もいるわけですが・・・

その後に、他の社員から仕事を依頼されて、断れずに取り掛かってしまう人がいるようです…。

 

確かに、立場が上の社員からの依頼であれば、どうしても断ることができずに、「残業してまで仕事をしなきゃ」っと思ってしまいやすいです。

 

 

ただですね・・・

立場が上の社員の依頼だからといって、定時を過ぎたのに、仕事をしなければならないのはおかしいです。

 

もちろん、緊急でやらなければならない仕事であれば、取り掛かる必要があるかと思います。が・・・

定時を過ぎたのであれば、緊急ではない仕事には、取り掛かる必要はないはずです。本来、定時で仕事を終えたのであれば、それ以上、仕事をする必要はないですよね。

 

なので、もし定時を過ぎた後に、緊急ではない仕事を依頼されたのであれば、「明日に取り掛かります」と話し、定時に帰るようにしましょう。

 

仮に、何か嫌味なことを言われたとしても、気にする必要はありません。(そういったことを言われる権利もないわけですし)

 

とにかく、定時までに仕事が終わったのであれば、堂々と帰宅するのがいいと言えます。

 

派遣社員が定時で家に帰るために考えることとは? まとめ

 

正社員と違って、派遣社員として勤めている以上、無理な残業はしたくないと考える人は多いかと思います

僕自身も、派遣社員として働いていた時は、とにかく定時までに仕事を終わらせることだけを考えていましたね…。

 

だからこそ、無駄な残業はしないように働く意識を持っていきましょう!

派遣社員として働くメリットは、自分のプライベートな時間を確保することができることですからね

 

 

ちなみに僕の場合、派遣社員として働きながら、副業として「アフィリエイト」にも挑戦していたので、とにかくアフィリエイトの時間を確保するために、派遣社員の仕事を早く終わらせようとしていたわけですが・・・

 

その結果、副業として取り組みながらも、月収10万円以上を継続的に稼げるようになり、そこから独立して、今では専業アフィリエイターとして、自由気ままな生活を過ごすことができています。

 

派遣社員として働いているのであれば、副業に挑戦することも可能なので、挑戦してみてください。個人的には、アフィリエイトをお勧めします

 

また、アフィリエイトに関することや、詳しい稼ぎ方については、当サイトで無料配布している、アフィリエイト教材に載せてありますので、是非ダウンロードして、手にとってみてください。