自動でツイートできるメイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方を紹介! | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

自動でツイートできるメイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方を紹介!

どうもtaiseiです。

今回は「自動でツイートできるメイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方」について説明していきます。前回の記事では、「Twitterで使用できる便利なツールを紹介」という記事を書きました。

Twitterの便利なツールを紹介!「片思いったー」「フォローマティックXY」

 

その記事では、相互フォローを確認することができる「片思いったー」と、自動でフォローしてくれる「フォローマティックXY」というツールを紹介しました。

そして今回は、Twitterタイムラインに自動でツイート(つぶやき)することができる「メイクボット(MAKEBOT)」というツールを紹介し、その登録の仕方から使い方までを、動画講義にまとめましたので、こちらの動画をご覧頂き、メイクボットがどんなものなのかを理解していきましょう。

 

メイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方【動画講義】

 

 

メイクボット(MAKEBOT)の登録方法

メイクボット(MAKEBOT)のトップページはこちらから入ってください

メイクボット(MAKEBOT)トップページ

 

まずはじめに、基本情報を入力する必要がありますので、各々で情報を入力してください。その際に、登録したメールアドレス宛にすぐにメールが届いてくるかと思いますので、メールを確認しましょう。

送られたメールから認証を行うことができましたら、登録が完了しますので、次回からログインする際には、登録したユーザー名とパスワードでログインしてください。

ログインしますと以下のような画面に移るかと思います。

ちなみにメイクボットは、無料版と有料版のどちらかを使用することができます。

機能の違いとしましては、以下のような内容になるそうです。

無料版では1つのTwitterアカウントにつき、1つのボットアカウントでした管理できないが、有料版では複数のTwitterアカウントを登録しても、1つのボットアカウントで管理することができる

有料版の方が、ボットに登録できるテキスト数が多い

上記の2つが主に違っていき、その他にもアイコン画像を自動で変更できるなど、今後もさらに有料版に機能を追加していくそうです。ちなみに、有料版の利用料金は月額525円<2017年10月現在>です。有料版を利用してみたいという人は、一度利用してみて、判断してみるのもいいかと思います。

 

登録を進めていきますと、以下のような画面に移るかと思います。

ここで必要となる入力項目は①API key」と「②API secret」の2つになります。しかしこの2つですが、「Twitter APP」というアプリケーションに登録して、キーを取得する必要があります。

この2つのキーの取得に関しましては、前回の記事「NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入から使い方を解説!」という記事で、キーの取得方法を説明していますので、こちらの記事を参照しながら、「①API key」と「②API secret」を取得してください。

【プラグイン】NextScripts: Social Networks Auto-Posterの導入から使い方を解説!

 

入力が完了しましたら、「③変更を保存」をクリックしてください。

Twitterアカウントとアプリケーションを連携させ、登録を進めますと、以下のような画面が上部に表示させるかと思います。

まずは、「こちらから」とリンクで表示されている箇所をクリックしましょう。そうしましたら、設定画面に移っていきます。

まずは、機能設定のところで、「全ての機能」と「つぶやき機能」をONにチェックしましょう。

この箇所をONに設定しませんと、ボット機能が正式に機能しませんので、忘れずにチェックしましょう。チェックしましたら、変更を保存をクリックしてください。

そうしましたら、下記の画像のように「つぶやき登録」の「定期つぶやき」の順にクリックしていきましょう。

ここでは、定期的につぶやくワードを入力することができます。ここで入力したつぶやきは、Twitterライムライン上に自動でツイートされていく内容になります。Twitterに自動でつぶやきたいワードが決まりましたら、こちらから入力して登録設定していきましょう。

登録が完了しましたら、次に「設定」タブから「かんたん設定」を選択します。そうしますと以下のような設定画面が表示されます。

ここで主に変更する箇所は「定期つぶやき順」と「定期つぶやき間隔」、そして「夜間(0〜7時)設定」になります。「定期つぶやき順」はどちらかにチェックを入れれいば設定できます。「定期つぶやき間隔」はつぶやきをした後に、どのくらいの間隔をあけてつぶやくのかを設定することができます。「夜間(0〜7時)設定」はその名の通り、0〜7時の間に自動でつぶやきするのかしないのかの選択することができます。

設定が完了しましたら、一番下にある黄色の「変更を保存」をクリックしましょう。

 

これで全ての設定が完了しましたので、実際に自動でツイートされているか確認してみてください。

 

自動でツイートできるメイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方 まとめ

今回紹介したメイクボット(MAKEBOT)は、定期的に自動でつぶやいてくれるといった、非常に便利なツールになっています。うまく利用することができれば、サイトの情報も自動で発信することができ、アクセス数を増やすことに繋がります。

是非使ってみてくださいね。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。