Twitter Developer審査通過後のAPP作成方法と新APIキー取得方法を解説!Create an APPからの入力手順について! | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

Twitter Developer審査通過後のAPP作成方法と新APIキー取得方法を解説!Create an APPからの入力手順について!

 

どうもtaiseiです。

 

前回の記事で、「「Twitter Developer」アカウントへの登録の仕方と審査」についてお話しました。

(「Twitter Developer」アカウントへの登録の仕方と審査に関する記事は以下のリンクから確認できます↓↓)

Twitter APPが廃止に!代わりとなるTwitter Developerの登録と審査について解説!

 

 

前回の記事でもお話しましたが、2018年7月頃までは、Twitterアプリケーションやツールを利用する際に、「Twitter APP」からアカウントを作成すれば、自動ツールなどを利用することができていました。

 

しかし、2018年7月以降は、「Twitter Developer」のアカウント登録を行い、審査通過をしなければ、「Twitter APP」を作成することができず、APIを取得することもできなくなってしまったわけですね。

 

 

そのため、「Twitter Developer」のアカウント登録の仕方から審査についてお話したわけですが・・・・

 

taisei
先日、僕が新規で作成したTwitterアカウントで「Twitter Developer」の審査を通過させることができました!

 

因みに、審査通過した際に送られてきたメールは、以下の画像になりますね。

 

 

あとは、「Twitter Developer」にログインをしていき、「Twitter APP」を作成していけば、APIを取得することができ、各種のTwitterアプリケーションを利用することができるようになります。

 

そこで、ここからは「Twitter Developer審査通過後のAPP作成方法と新APIキー取得方法」について、詳しく説明していこうと思います。

 

 

「Twitter Developer」へログインする

 

まずは、審査通過した際に送られてくるメール、もしくは検索エンジンから直接、「Twitter Developer」のトップページに移動します。

 

→「Twitter Developer」のトップページはこちらから

 

 

「Twitter Developer」のページに移りますと、審査通過直後の場合、以下のような画像の画面が表示されるかと思います。

 

 

ここでは、「Create an APP」ボタンを押して、「Twitter APP」の作成画面へといきます。

 

「App details」に関する入力

 

「Create an APP」を押しますと、以下のような画像の画面が表示されるかと思います。

 

 

まず初めに「App name」を入力する必要があるわけですが、ここは「アプリ名」を入力していきます。

因みに、アプリ名に関しては、任意のもので構いません。(あくまで作成する「Twitter APP」に名前をつけるだけです)

 

 

その次に、「Application description」を入力する必要があるわけですが、ここは「作成するTwitter APPの使用目的」を入力していきます。

 

使用目的に関しては、あえて自動ツールやボットといった用語は使わずに、「Twitterの利便性を図るために利用する」といったことを伝えるようなイメージで入力しましょう。

 

また、入力する際には日本語ではなく、英語で入力した方がいいでしょう。

(因みに、入力する際には10文字〜200文字で入力する必要があります)

 

 

入力ができましたら次に、「TwitterアカウントのURL」を入力していきます。

「TwitterアカウントのURL」に関しては、「Twitter Developer」でログインした、Twitterアカウントのホーム画面で表示されるURLのことになりますね。

(例:https://twitter.com/ユーザー名)

 

全ての入力ができましたら、下にスクロールしていきます。すると、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

 

 

まず、「allow this application to be used to sign in twitter」に関しては、チェックを入れなくて大丈夫です。

 

 

次に「Callback URLs」に関してですが、基本的には入力しなくて大丈夫です。

ただし、僕のサイトでも紹介してあります、「MAKEBOT」のようなTwitterのツールを利用する場合には、入力する必要があります。

 

(「MAKEBOT」に関する記事は、以下のリンクから確認することができます。↓↓)

自動でツイートできるメイクボット(MAKEBOT)の登録から使い方を紹介!

 

 

例えば、「MAKEBOT」なんかですと、つぶやき元を設定するために、「Callback URLs」を指定しなければなりません。

 

 

 

そのため、「Callback URLs」の入力が必要な場合には入力をしていきましょう。

 

 

また、「Callback URLs」の下をみていくと、「Terms of service URL」、「Privacy policy URL」、「Organization name」、「Organization website URL」という入力項目がありますが、こちらに関しては未入力のままで大丈夫です。

 

 

そしてさらに下にスクロールしていくと、以下のような画面になるかと思います。

 

 

 

「Tell us how this app will be used」と表示されておりますが、ここでは「「Twitter APP」を作成した後は、どのように利用するのか?」ということに関して入力する必要があります。

 

ここに関しても、日本語ではなく英語で入力していく必要がありますが、ここの入力操作の手間を省きたい場合は、「Twitter Developer」で登録を行う際に、「Describe in your own words what you are building」で入力した文章とほぼ同じ内容で大丈夫です。

 

 

入力が完了しましたら、「Create」ボタンをクリックしていきます。

 

開発条件の確認、利用規約の確認について

 

すると、以下のような画面が表示されます。

 

 

 

「Review our Developer Terms」と表示されますが、つまり「開発条件の確認、利用規約の確認」になりますので、条件が確認でき次第、「Create」をクリックしていきましょう。

 

すると、以下のような画面に移動します。

 

 

 

これで、「Twitter APP」を作成することができました。

 

 

API keyとAPI secret keyの取得方法

 

そうしましたら、後は変更前の作成方法と同じような手順で、「API key」や「Access token」の取得を行なっていきます。

 

 

まずは、下記の画像のように、「Keys and tokens」をクリックしましょう。

 

 

ここでまず、「API key」と「API secret key」を確認することができます。

 

 

両方とも確認することができましたら、次に「Create」ボタンをクリックしましょう。

 

 

Access tokenとAccess token secretの取得方法

 

 

そうしますと、上記の画像のように、「Access token & access token secret」という項目が表示されます。

 

ここで、「Access token」と「Access token secret」を確認することができます。

 

Permissionsの設定方法

 

確認ができましたら、下の画像にあるように、「Permissions」をクリックします。

 

 

そうしますと、「Permissions」の画面が表示されるわけですが、次に右上にある「Edit」ボタンをクリックします。

 

 

すると、以下のような画面が表示されるかと思います。

 

 

 

まず、「Access permission」についてですが、これは「Read, write, and direct messages」にチェックを入れるようにしましょう。

 

また、「Additional permissions」に関しては、特にチェックを入れる必要がありません。

 

全ての入力が完了しましたら、「Save」をクリックして、設定を保存しましょう。

 

インターネットビジネスで効率よく集客を行いたいと思ったら?

 

全ての操作が完了しましたら、ようやく「Twitter APP」から、様々なTwitterアプリケーションやツールが使えるようになります。

 

Twitterを上手く使えるようになりますと、効率よく集客を行うことができますので、是非今回の記事を参考にして、設定を行ってみてくださいね。

 

 

因みに僕は、Twitterを効果的に利用して、集客を行っています。

やはりインターネットビジネスは、「どれだけたくさんの見込み客を集客することができるか?」によって、大きく成果が違ってきます。

 

もし今現在、インターネットビジネスで上手く集客することができていない人は、僕が作成した「無料教材(動画講義20時間分)+無料メールマガジン」の中で説明していますので、参考にしてみてください。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。