ワードプレスのバックアップする方法とは?【テータベースファイルの取得】 | taisei's lifestyle produce
理想とするライフスタイルを実現しよう!

ワードプレスのバックアップする方法とは?【テータベースファイルの取得】

どうもtaiseiです。

今回は「ワードプレスサイトのデータベースファイル取得方法」について説明していきます。以前の記事で、Xサーバーからワードプレスサイトのデータファイルの取得方法について説明しました。

データファイルを取得しますと、プラグイン関係や画像データ関係のバックアップはできます。しかし、記事関係のデータやワードプレスの設定関係のデータのバックアップを取得するには、データベースファイルというものを取得する必要があります。ですので今回、ワードプレスサイトのデータベースファイルの取得方法について、動画でまとめました。

まずはこちらの動画をご覧頂き、実際にデータベースファイルを取得していきましょう。

 

ワードプレスサイトのデータベースファイル取得方法 動画

 

 

動画の補足

 

データベースファイルを取得するには、phpmyAdminにログインする必要があるのですが、ログインするには「phpmyAdmin」のログインIDとパスワードを知る必要があります

そのため、以前にデータファイルを取得して頂いた方は、そのデータファイルを解凍してください。解凍しますと、以下の画像のようにファイルを展開することができます。

展開しましたら、「public_html」というファイルを開きます。そうしますと、以下のようなファイルの中身になっています。

そうしましたら、「wp-config.php」というPHPスクリプトを開きます。PHPスクリプトの開き方ですが、Macを使用している方は、CotEditorというアプリケーションをインストールしてから開いてみてください。

また、Windowsパソコンを使用している方は、「TeraPad」というソフトをダウンロードしてみてください。

TeraPadダウンロードページ(※「CotEditor」と「TeraPad」はどちらも無料で使用できます)

PHPスクリプトを開きますと、30行目あたりにphpmyAdmin(MySQL)のIDとパスワードが表記されていますので、確認しましょう。

 

データベースファイル取得方法 まとめ

 

サイトのバックアップの取得と聞くと、難しいイメージを持ってしまいがちですが、実際にやってみますと、そこまで難しくはありませんので、是非この機会にバックアップをしておきましょう。

「phpmyAdmin」につきましては、 Xサーバー以外のサーバーでも入ることができますが、Xサーバーよりも操作が複雑ですので、Xサーバーでバックアップを行うことをオススメします。